大 三 元 責任 払い。 責任払い

大三元(ダイサンゲン)

ちなみに、三元牌の残りの一つを カンされた場合でも、ポンと同様に責任払いとなります。 リーチは、自分が勝てると思い勝負を挑むことなので、他家に振り込むことは仕方のないことです。 みたいな理屈ですね。 七七七12中中 發 發發 白白 白 このとき、対面が中を捨ててポンし、大三元を狙いました。 このときはパオ無しのルールでやっていたので特に問題にはならなかったですが、 通常パオありのルールでやっているところではどのような判断になるのでしょうか? よろしくお願いします。

>

大三元時のリーチの責任について

余談ですが「大明槓(ダイミンカン)」は本当にする意味があるのかどうか? よく考えてくださいね。 「責任払い パオ 」はリーチ時は注意 責任払いは、ほとんど注意していれば遭遇することはないと説明してきましたが、1点注意点があります。 すでに点数をとても多く稼いでいて、よほど自分の手牌が良い場合は別ですが、すでに三元牌の2種類は場に見えている状態なので、責任払いにならないように時には降りることも必要ではないでしょうか。 七七七12 中 中 中 發 發發 白白 白 この時点で対面の責任払いが確定しました。 4つ緑の牌を鳴いたとしてもまだ緑一色が 確定したわけではなく、ホンイツになったりヤクハイのあがりになることもありますから、責任払いにはなりませんね。 - 2015年1月09日閲覧。 七七七12 中 中 中 發 發發 白白 白 この時点で対面の責任払いが確定しました。

>

知らなければ痛い目に合う。責任払い(包

つまり、 他家Aがアガると最低でも半分の点数を確定で親は支払わないといけません。 得点は、5200点でした。 3つの三元牌のうち2つをポンしている人に、3つ目の三元牌をポンさせた人は、包則という責任払いのルールがあります(たとえば、<ハク>と<ハツ>をポンしている人に、<チュン>をポンされた場合)。 私も以前に似たような質問をしましたが、 責任払いは、ツモ和了なら役満を確定させた人が全額支払い ロン和了の場合は役満を確定させた人と振り込んだ人が半分ずつ、 複数の役満が複合した場合は責任払いになるのは確定させた役満の点数のみで、 それ以外は通常と同じように支払います。 )という意見と、 「責任払いは発生する」という意見で2:2で真っ二つに分かれてしまいました。

>

包(責任払い)について

(2)「大三元を確定させた下家」と「放銃した対家」の折半払い。 従って、役満テンパイを確定させたとしても他家の者が役満のあがり牌を振り込んだら、振り込み者の責任で鳴かせた者の責任ではありません。 - 2010年12月03日閲覧• 四暗刻、国士無双、大三元、四喜和、字一色、清老頭、三槓子、この中で一番難しいのは三槓子だと思う。 責任払いは「 パオ」と呼ばれ、 公式対局でも基本的に採用される重要なルールとなっています。 責任払いも何も、大三元を中と他の牌とのシャボ待ちテンパイしてるなら、中を河に捨て牌した時点で大三元の振り込みになります。

>

大三元(ダイサンゲン)

小三元は、混一色や対々和、三暗刻にも繋がりやすく、複合翻を狙えるチャンスになります。 Aさんが下記のように の2種類の 三元牌を ポンしたとします。 これは役満ではありませんが、このような責任払いもあるということを覚えておきましょう。 このときはパオ無しのルールでやっていたので特に問題にはならなかったですが、 通常パオありのルールでやっているところではどのような判断になるのでしょうか? よろしくお願いします。 最近DORA麻雀の調子が悪く、とうとう トータル収支がマイナスになってしまいました。 今回は、責任払いとダブロン(またはトリロン)が同時発生した場合についてです。 つまり、リーチしている状態は、アガり牌以外は自摸切りしかできません。

>

麻雀で大三元をパオ(責任払い)をする奴って何なの?

四暗槓単騎+大四喜+字一色+嶺上開花 東東東東南南南南西西西西北北北北白+白ツモ b. 上と同じく、ポンではなくされた場合も包となる。 例えば、下のような手で聴牌だったとします。 四暗刻vs大三元だとか、小四喜vs大三元、はたまた大三元を阻止するために、いずれツモられても損失は大きい、その上でまだ相手は張っていないと判断してのタンヤオvs大三元もあるかもですし、他の人も言っていますが『分かっているか分かっていないか』ですね。 の場合も同じように3つの子をしているに対して残る1種類を捨ててされた場合確定する(古いであるが、は頭をする必要がないであればされた時点でほぼ責任払いが確定し、の責任払いとなる。 麻雀の責任払いとは、役満を確定させた牌を鳴かせた者が「役満をツモられた場合に限り責任を取って」1人で役満分の点棒を払う事です。 ただし、の責任払いとべると採用されているはかなり稀であるため、要注意である。 として採用されているは、、の3つであるが、については、と較して、有効がではないことから責任払いを適用しない場合もある。

>