帰依 意味。 かっこいいサンスクリット語13選!意味のいい言葉・単語と名前も

「帰依」の意味と使い方!「帰依三宝」についても解説(例文つき)

もっとも、先ほど三帰依文は、「世界中の仏教徒が唱える共通した言葉」などと言いましたが、すでに上に様々な言葉による三帰依文を挙げて示したように、「未来の果てが尽きるまで」などと言うのは、大乗だけに限られます。 一つの真理に対して賢者たちが様々に言うという意味合いの文章です。 - を経た者• 仏教では、仏に救いを求めて帰依することを「他力(たりき)」、自分の修行(努力)で悟りを得ることを「自力(じりき)」と表現します。 まさに願わくは衆生とともに、大道を体解して、無上意を発さん。 現在の位置. 「帰依する」と英語で表現する時は、 「Taking Refuge in」を使うのが伝わりやすいです。 自ら僧に帰依したてまつる。 無上甚深微妙の法は、百千万劫にも遭遇うこと難し。

>

三帰・三竟-真言宗のお経(在家勤行式解説)-真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

いかなる国においても、伝統的に必ず三返唱えることになっています。 ナマステーは「尊敬の対象としてあなたを認識している」という意味を持つ言葉です。 またヘブライ語では「女王」という意味になり、自分の本質を持った女王のような女性になって欲しい、そんな意味合いが感じられます。 仏陀とは、その言葉通り、釈尊を始めとする最高の悟りを得た、諸々のブッダのことです。 阿弥陀様は、本師本仏とされています。 南無阿弥陀仏は声に出して、耳で戴くほとけ様でもある。

>

帰依とは

質問の仕方が悪かったのかも知れませんが、私の質問の趣旨は、帰依の対象としての「聖者」が何故「僧-サンガ」という「集団」として表現されているのか、ということなのです。 人があらゆる危険から逃れることのできる唯一の「避難所」と訳されることもありますが、本来いるべき場所という意味で「仏」と同一視されることもあります。 さらに、最近は英語圏での仏教徒が急激に増えてきており、従来のパーリ語仏教圏・チベット語仏教圏・漢語仏教圏に加えて、英語仏教圏というべきものも形成しだされています。 (帰依三宝は仏・法・僧です) まとめ 「帰依」とは、一貫して宗教の教えや指針に沿った生き方を選ぶという決意であり、深い信仰心を表す言葉でもあります。 この言葉をかみしめると、「うーん、人間って尊いんだなあ」と思ってしまいます。 カテゴリーから記事を探す• 鯛を釣りに行ってふぐが釣れてしまったとかの場合ですね。

>

南無阿弥陀仏とはなんですか?南無阿弥陀仏の意味

ただ、大雑把な感じではあっても、ある程度イメージを描いて頂けたなら嬉しいです。 ちなみに、「この人生限り」という場合には、尽形寿盡[じんぎょうじゅじん]という言葉に換えて唱えます。 「帰依」の意味とは? 「帰依」とは「信仰」のこと 「帰依」とは、神仏を尊いものとして崇め、その教えを拠り所として守るという意味の名詞です。 その結果、法蔵菩薩は真理を悟ることができ、阿弥陀如来になることが出来ました。 もとは仏教用語のひとつであり、語尾に「する」を付けて「仏道に帰依する」という使い方が一般的です。

>

三帰依のうち「僧に帰依する」の意味について

南無帰依仏• そうしたことから万教一致という考え方が生まれてくるわけで、多くの人は思想は究極のところ一つであると言われる方もおられます。 具体的に書くと長くなりますしたぶん理解できないと思いますから、簡単明瞭現代語訳で書きますね(笑)でも、すこし長く書きます(!) 帰依というのは、帰命とも言います。 仏教では、「世界は始まりも終わりも無く、ただ生じては滅することを無限に繰り返している」と考えますので、「未来のはてが尽きる」ことはありません。 我いま見聞し受持することを得たり。 一方、アミターバは、光に満ちた極楽浄土の世界観を現しています。 自から僧に帰依したてまつる。

>

南無阿弥陀仏

は、「南無」の二字と「阿弥陀仏」の四字、合わせて六字に関する釈義(六字釈)で明らかにしている。 「僧」は修行者たちのこと 「僧(そう)」は、いわゆるお坊さんのことではありません。 「帰依」とは「信仰」のこと 「帰依」とは、神仏を尊いものとして崇め、その教えを拠り所として守るという意味の名詞です。 もちろんそれは自己への挑戦ということで重要なことですが、そうした経験から自らを知り、自身でなければできない自分の生き方を発見していくという生き方でもあります。 仏陀の教えである「法」を実行し、次の世代に教える役目とされています。 サンガム・サラナム・ガッチャーミ 私は僧(聖者の僧団)に帰依いたします。 出家在家にかかわらず仏門に入るというのは単にお経を読めばそれでよいというのではなく、そうした行為を通じてより深く自分自身を知るということに通じて、自身を生かしていく生き方を知る、そこに仏道修行の要諦があると思われます。

>