白菜 おつまみ。 白菜を使ったおつまみ特集!お酒に合う話題の簡単レシピをマスターしよう♪

和えるだけの簡単レシピ♡白菜の大量消費におすすめ絶品おかず&おつまみ5選

冬野菜の代表でもある白菜は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている淡色野菜です。 味付けにはほんの少しコンソメを加えているため、しっかりした味わいが感じられますよ。 白菜は葉と芯に分け、葉は5cm幅、芯は5cm長さの細切りにします。 裏返したら火を弱め、蓋をして3~4分蒸し焼きに。 塩:適量• 白菜は、ミルクとよく合うので、よくミルク煮にします。 お鍋に入れるのが一番おいしい!私は、白菜がくたくたになるまで火を通す食べ方が甘くて好きです。 A水:100cc• はじめにニラ・竹の子・椎茸を切り、ボールの中に切った野菜とその他の材料を入れて捏ねたら、ラップをかぶせ冷蔵庫内に入れます。

>

大人気シリーズ。やみつき無限白菜

そんな時はおつまみにしてしまいましょう。 油:適量• 最後まで読んでくださりありがとうございます。 炒めもの、クリーム煮や煮びたしなどの煮もの、蒸しもの、スープ、漬けもの、サラダと、幅広く使えます。 グラタンに入れると美味しいですね。 白菜に3のツナを入れ全体を混ぜ合わせてできあがり。 ポリ袋に入れて塩を振り、しんなりするまでしっかり揉みます。 しかし、白菜を1本購入すると、大きすぎて使い切れず、余ってしまうことも。

>

特集「白菜料理」│キリンレシピノート

冷やして美味しい夏のおすすめ常備菜です。 (ゴマ油、オリーブ油などを使い分けでて違った風味を楽しみましょう) 内側の軸と葉 あり合わせの魚介などと煮込んでスープに。 大きくてかたい外側の軸と葉 肉やきのこと合わせて炒めものに。 3〜4kgのものが一般的で、1kg前後の小さなミニ白菜もあります。 にんにくは薄切りにします。

>

特集「白菜料理」│キリンレシピノート

あとはボールの中にツナ缶・マヨネーズ・白菜を入れ、塩とコショウで味を調えたら完成です。 次に袋の中にみじん切りの野菜を加えて揉み、餃子の皮でたねを包む。 人参は4~5mm厚さの斜め切りにします。 白菜は1センチ幅に切り、耐熱容器に入れ、塩ひとつまみをふりかける。 油を引いたフライパンに餃子を並べて焼き、途中で水を加え蒸し焼きにしたら、仕上げに水分を飛ばします。 そして、中火で10~15分煮て、分量外の塩、コショウを振り、味を調えれば完成です。

>

トースターで作る白菜を使ったおつまみレシピおすすめ5選♪簡単&絶品

白菜はもともと淡白なお野菜なので、スープの素を加えた薄めの中華スープで蒸し煮にしておきます。 鰹節:2つまみ• まず白菜とニラをみじん切りにして、袋の中に豚ひき肉・下味の材料・にんにく・しょうがを入れてしっかりと揉みます。 食材にキノコ類やニンジンなどを加えてもいいでしょう。 フライパンにサラダ油、6を入れ、弱火にかけて3分炒めます。 白菜が温かいうちに中華スープの素小さじ1を入れ箸でよく混ぜる。 ごま油を熱して白菜を並べ、焦げ目がつくまでじっくり焼きつける。

>

【5分で完成】白菜を使った「おつまみレシピ」おすすめ5選

塩 ひとつまみ(白菜の水切り用、親指、人差し指、中指でかるくつまんだ量です。 A生姜:適量• 簡単だし、間違いない料理ですが、そこにクミンシードを加えてみましょう。 A塩:大さじ1• フライパンにオリーブオイルを熱し、ねぎ、白菜を入れて中火で炒めます。 白味噌:大さじ2 【作り方】• 焼いて水分を飛ばすと、うまみが凝縮し、甘みも増して、本来の味を楽しめます。 Aの材料はそれぞれみじん切りにします。 人気レシピTOP35はこちらです。 野菜の水分だけでおいしい鍋ができます。

>

白菜のレシピ

白菜は芯の部分を切り取り、水にさらして水気をしっかりと切ります。 また、黒い斑点があるものは品質が低下しているので、避けた方がよいでしょう。 また加熱すると量が減るため、野菜を多く摂取したいときには加熱する調理方法を選んでください。 サラダ油:大さじ2• ツナ缶 1個• 残った場合は、湿らせた新聞紙で包んで冷蔵庫へ入れると、水分が抜けにくく、鮮度が保てます。 下ごしらえ・切り方・用途 外側をはがし、根元からはずして 丸のままの白菜を最初に縦半分に切ってしまうとすぐにしなびてしまいます。

>

【5分で完成】白菜を使った「おつまみレシピ」おすすめ5選

白菜と豚肉の旨味が凝縮していて、一度食べ始めると止まりません。 ピーマン嫌いのお子さんにおすすめです。 ベーコンの旨味がアクセントとなった、トロトロ白菜のミルク煮です。 白菜は食べやすい大きさに、リンゴはイチョウ切りにし、好きなドレッシングで食べます。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

>