名鉄 電車 ダイヤ。 HyperDia

ダイヤグラム

1969年7月6日改正 名古屋市を軸とする都市間輸送、および観光特急の整備を目的としたダイヤ改正。 10時 - 15時台は全便通過。 西尾線のダイヤを35 - 45分間隔から30分間隔に。 瀬戸線ダイヤ改正。 河和駅・内海駅 - 新鵜沼駅間の急行を三柿野駅まで延長。 新名古屋駅 - 新岐阜駅間を特急運転していた河和線直通急行が全区間急行運転となる。 1974年3月17日改正• 1927年6月1日改正(愛知電気鉄道・豊川鉄道)• 瀬戸線を600Vから1500Vに昇圧しなどの営業運転を開始。

>

HyperDia

と美濃電気軌道との直通運転を開始( - - 間)。 環状運転を行う路線の場合、・・では「外回り」「内回り」と表現し、では「」(英語では「時計回り-Clockwise」)「」(同「反時計回り-Counterclockwise」)と称する。 1970年11月24日改正• 1968年5月12日改正 堀田駅、津島駅高架化完成に伴うダイヤ改正。 入出庫線が2本の営業線と立体交差する予定であることが分かります。 1971年12月27日改正• また、(国鉄)及び後継会社法人としての各社が改造・新規製造したいわゆるでは類似する車両として以下の車両が存在した。

>

名鉄三河線の時刻表

139-169• 展望席なし、連続窓。 乗降客の少ない、への停車列車を削減。 特急系統の新設・整理。 7000系電車増備に伴うダイヤ改正。 1949年9月25日改正• また、1800系はラッシュ時に特急の増結車として使用、閑散時には主として単独で普通列車等に運用される。 124-131• 豊橋駅 - 新名古屋駅間を急行、新名古屋駅 - 新岐阜駅間を特急とする列車を設定。 1966年12月25日改正• 岸義則 「トピック・フォト(中部)」 1984年1月号(通巻426号) p. - 間が複線化されて津島駅 - 森上駅間の複線化が完了。

>

1986年までの名古屋鉄道ダイヤ改正

この数字は名鉄各務原線の乗降分も含みます。 毎年7月に開催される。 交換設備を整備しスピードアップ。 知多鉄道との直通運転を開始(神宮前駅 - 間)。 豊橋駅 - 新鵜沼駅間の急行を新設。

>

パノラマカー

東大手駅の営業再開。 蒲郡駅 - 森上駅間に運転されていた急行を廃止。 西部線区間に戦時ダイヤを適用。 名古屋本線など主要線区で終電を繰り下げ。 本数増発とスピードアップを実施。

>

名鉄の岐阜市内高架化!駅統合に線形改良もあり!実際に行ってみた!

名鉄岐阜駅 読み方 めいてつぎふ(MEITETSU GIHU) 所在地 岐阜県岐阜市 駅番号 NH60 運営事業者 名古屋鉄道 所属路線 名古屋本線 キロ程 99. また、三河高浜駅折り返し列車を折り返しに変更。 。 従って、対岸同士を結ぶ路線は、では、岸や岸に向かう方向が「上り」、岸に向かう方向が「下り」となる路線が多い。 西尾線、三河線直通特急を急行に変更。 スピードアップ。

>

名鉄犬山線の時刻表

太田川駅配線変更、河和駅配線増強、新設に伴う直通特急列車の増発。 詳細は ・・の記事を参照。 需要が旺盛と認められる駅や時間帯に、列車が通らない場合。 豊橋駅 - 新岐阜駅間に(2時間5分で走破)と急行(同2時間26分)、東岡崎駅 - 新岐阜駅間に準急(同1時間48分)をそれぞれ毎時1本ずつ設定。 を含む。

>

1986年までの名古屋鉄道ダイヤ改正

犬山線、瀬戸線の輸送力増強。 また、7100系には登場時からMHの装備はないが、7000系の中間車2両を先頭車(型運転台付き)へ改造した経緯から、これも含むのが一般的である。 これにより安全性の向上、所要時間の短縮が期待されます。 1984年12月15日改正• 本線系の路線で 急行を廃止し、優等列車はすべて特急か準急に統合。 - 諮問日:2015年12月21日(平成27年(行情)諮問第753号)、答申日:2016年9月14日(平成28年度(行情)答申第314号)• 犬山線に国鉄高山本線連絡急行を新設。 1935年4月29日改正(名岐鉄道)• 本線 - 間が開業し、 - 蒲郡駅間が全通。 新清洲駅待避線完成(4月1日)および三河線知立駅 - 間複線化に伴うダイヤ改正。

>