大竹 まこと の ただいま pc ランド。 僕が一番好きなゲーム番組「東京エンカウント」について語る【おすすめゲーム番組】

ただいま!PCランド

僕的にはリアルリアクション芸人はこの人だと思っている。 彼女も大竹に弄られることが多かったが、一応元アイドルで番組出演開始時はまだ10代だったということもあってか、どつき系の突っ込みに関しては他のメンバーよりは抑え気味だったようである。 番組の終盤には、もう僕をテレビで見ることは永久に無いかもしれないと言っていたが、番組終了後も様々な番組にテレビ出演をしている。 ちょっと前まで、やはり「恒例FNS長時間」でよく笑わせてもらいました。 尚、番組初期のでは、番組出演者の紹介映像に合わせてこのようなナレーションで番組内容が紹介されていた。 の蓋を集めている小学生が登場し、彼が数千枚所持するコレクションの中から自慢の「印刷がズレているエラーの蓋」を見せたところ、大竹はそれをあっさりと数千枚の中へと投げ込んだ。 毎回普段ゲームをしていないような層をターゲットに、福田がプレイの感想を聞いたり、初心者らしい拙いプレイに突っ込みを入れるなど、プレイ中に見せる様々なリアクションを映していた。

>

絵の具って、甘いんですか?その昔、たしか「大竹まことのただいまPCラン...

渡辺自身はゲーム関連の解説がメインでの出演であり、タレント業は素人同然だったのだが、徐々に弄られ役としてバラエティーパートへの出演頻度が多くなった。 マルチな活動ができる大竹まことさんですが、意外にもテレビゲームの声優を務めたこともありました。 もう少し突っ込んで説明すると・・・ 声優の杉田智和と中村悠一が、90%くらいの確率でゲストを招き、新旧ジャンル問わずゲームをする30分番組。 放送初期のみの出演者 [ ]• 父が言うには、白い絵の具が一番甘かったそうですが、他の子達もなめていたそうです。 だから、マイナーでコアなゲームが出てこようとも、それに対応したネタや思い出話を披露してくれる。 今のテレビってジャニーズや吉本の芸人とか、出せば数字が取れると思って余計な奴を組み込みすぎて冷めますからね。 All rights reserved 「東京エンカウント」 簡単に言えば、 声優で中年のおっさん二人がひたすらゲームするだけの番組である。

>

テレ東の大竹まことのただいま!PCランドが大好きでした!

微かだがボケとツッコミの構造が生まれており、 二人の仲の良さが一貫して伺える。 馬に引きずられたり、中国拳法の人に肋骨折られたり(うめき声が生々しい)・・・。 それでは・・・。 尚、番組初期のでは、番組出演者の紹介映像に合わせてこのようなナレーションで番組内容が紹介されていた。 杉田さんが誰にも分からないマニアックなネタを放り込んでは、中村さんがそれを見事回収したり。 番組収録中には何度か骨折したことがある。 今でもyoutubeで多数の動画が観れますので、 興味がある方はyoutubeで【PCランド】とでも検索してみてください。

>

テレ東の大竹まことのただいま!PCランドが大好きでした!

また、ゲームメーカーの広報がバラエティーパートの企画に参加し、自社のPCエンジンのソフトを紹介するという単発企画もあった。 30分番組でしたが、内容が濃かった。 スタッフ [ ]• 一方でバラエティパートでは、しばしば他の出演メンバーへの突っ込みは容赦がなく、企画によっては暴走キャラにもなっていたこともある。 私は食べたことがありませんが、うちの父は戦争中に絵具をなめていたそうですよ。 TD:三上知足• また、後に『』等の人気番組を手がける、本番組のディレクターだったは酷いサディストで、体を張ったリアクション芸の多かったPCランドはそんな流れの中での収録だったとも振り返っていた。

>

子供時代の神番組『大竹まことのただいま!PCランド』って知っていますか

>数字について 作家が飛ばされたと言ったアクシデント(爆)もあったようで、 その辺の裏部分を言う所が大竹さんらしさ?光ってます。 PCエンジン人気ベスト5 渡辺と金子の2人が、PCエンジンのゲームを週間ランキングのベスト5形式で紹介するコーナー。 」 出演者 [編集 ] レギュラー出演者 [編集 ] メインの進行役を務めていた。 毎回渡辺が負けるのがお約束だったが、この結果にいつの間にか「渡辺が素人に挑戦」とコーナー名が変わった。 編集:芝公園スタジオ• 20040315. オタク系やサブカル系の趣味を視聴者がスタジオで披露するという中期の頃にやっていたコーナー。 かつおだしの素の箱を大に切り取ったものや、干したなどが紹介された。

>

子供時代の神番組『大竹まことのただいま!PCランド』って知っていますか

テレビ東京ではの表示は無かったが、系列外・テープネットのではのみの提供クレジットの表示があった。 製作:テレビ東京、G・カンパニー ネット局 [編集 ]. 大竹自身も最終回にこの番組は「決して視聴率が悪くて終わるわけではない」とコメントしていた。 そんな二人だからこそできるやり取りが、なんと言っても面白いのだ。 また、出演者はみな声優なので、二人や二人と親交のある声優、及びゲストが声の出演をするゲームを遊ぶときが度々ある。 レギュラー出演は市川と同じく番組開始からではなく1989年5月2日からで出演当初は18歳。 そして出演していた芸能人たちは、以外は当時からこの番組でしか見ないような人たちだったので、今どこで何をしているのかすごく気になります。 「甘い味がする」との言葉を受け、他の出演者たちも食べてみると次々と「甘い」と言葉を漏らした。

>

僕が一番好きなゲーム番組「東京エンカウント」について語る【おすすめゲーム番組】

協力:トマホーク• 僕は二人を 「歩くゲーム知識の宝海」だと呼称したいくらいだ。 大竹まことのアイドル花の診断室 新人アイドル、またはデビュー前のアイドルを、医師に扮した大竹(ドクター大竹)と、ナースに扮した市川や金子が芸能界の適正を診断するという、不定期で開催されていたコーナー。 放送初期のみの出演者 [編集 ]• 主に視聴者所有の珍品コレクション系のお宝紹介が多かった。 その際に市川には過去のヒモ時代の遍歴を突っ込まれ、大竹も「ヒモの生活は大変なんだからそれで」と返し、料理中には「オレは昔テレビの料理番組で食ってたこともあるんだ」と過去を振り返っていた。 全体的には自身の冠番組ということもあってか、放映当時は本人も楽しんで番組制作に取り組んでいたようである。 メイク:西島容子• 番組放送開始前にはアイドルデュオの「」として活動していたことから、名目上は番組の華というポジションだった。 マイナースポーツ紹介 放映当時、日本国内では誰も知らないようなマイナースポーツを、福田がマイナースポーツ評論家と称して取り上げていたコーナー。

>

ただいま!PCランド

ゲーム業界側の事情通として、ゲーム関連情報の解説を一手に担うナビゲーターとして出演。 その後は他のメンバーに関する報告なども加わったり、番組の感想・質問・要望、視聴者の近況、ネタの投稿など幅が広がっていった。 。 メイン司会の大竹さんも、肩に乗せた動物にフンされたり トランポリンやブランコで危ない目にあったりと散々であります。 の解説者として出演していたが番組内でいじられるようになり、やに挑戦させられた結果で折をするなど解説者とは到底思えない扱いになる。 」 出演者 [ ] レギュラー出演者 [ ] メインの進行役を務めていた。 と、それぞれに得意不得意はあるものの、新旧ジャンル知名度問わず数多のゲームに触れてきた二人なので、大体どんなゲームでもそつなくこなせてしまう。

>