台湾 エクスプレス。 「路~台湾エクスプレス」現場の台湾での視聴率や反応はどうなの?

『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

お前が生まれた台湾で。 アーロンさんはアイドルグループ「飛輪海(フェイルンハイ)」のメンバーとして一世を風靡(ふうび)し、現在は俳優として活躍している。 台湾新幹線事業部所属。 受け取るとエリックは春香を抱きしめた。 キャスト一覧• 中野は医師なので自分が看取るといいました。 『路~台湾エクスプレス~』の基本情報• 翌日、春香は劉人豪/英語名:エリック(炎亞綸(アーロン))と湾生の勝一郎(高橋長英)宅を訪ね、勝一郎を台湾に誘います。 制作統括:土屋勝裕(NHK)、松川博敬(NHK)、於蓓華(PTS) 各話の視聴率 『路~台湾エクスプレス~』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。

>

波瑠が「路~台湾エクスプレス~」台湾ロケをきっかけに変わったこととは?

威志は美青にプロポーズをし、それが受け入れられました。 燕巣郷に住む祖母の家にスクーターで頻繁に通っている。 張美青:威志のプロポーズを受け入れる 春香は結局エリックとつきあうことにします。 ほらー見てみ~エリックは13年ハルちゃん待っててんで! 少しは台湾男子を見習えプレパラート男! …あれ…回想シーンって事は終わり? あれ?安西さん? …安西さ〜ん…ユキとどうなったん? そこ気になるんやけど💦 まとめ と、あっという間に終わっちゃいましたが… 安西さん結局どうなったの?ユキとは?ん?? というモヤモヤはありつつも完結してとりあえずはよかったかなと思ってます。 挙句の果てに「だから来たの?そんなことをいいに?」と、繁之が来たこと自体歓迎していないような雰囲気です。 ただ、オフィスはガラガラになっていたので引き払うのだろうとは思います。

>

【台湾原住民族の暮らし、伝統】「路(ルウ) ~ 台湾エクスプレス ~」

スッと婚約指輪の箱を差し出す春香。 主演は。 春香の脳裏にエリックと出会ってからの台湾での出来ごとが走馬灯のように蘇ります。 春香と話していることを同僚に羨ましがられる威志• エリック(アーロン)という台湾人青年と偶然出会い、たった一日だけ台北を案内してもらったが、その後連絡が取れなくなっていた。 歌手でもあるのね。 な・な・なんと!! 日本に彼氏もいるというのに・・・ 台湾へ行くのか!!! と葛藤もありますが・・・ 結局、彼女は台湾へやってきたのでした。 レスター・王:台湾高鐵に戻る• 中野赳夫(呂燿宗):楊烈(ヤン・リエ) 旧制台北高校出身の台湾人医師、葉山勝一郎の学生時代の親友• その他にも注目する3組の恋や友情を歴史も交えながら加え、7年間の新幹線プロジェクトを通して繋がっていき、各々が前を向いて人生を進んでいきます。

>

路(ルウ)~台湾エクスプレス~

多田春香 -• でもって、どのシーンが瞬間最高視聴率だったのかと言うと・・・ 井浦新さんのシーンなんです。 愛のキューピットの元へ通うハルちゃん健気。 恐らくジャックと揉めて辞めたのではないか?そんな雰囲気でした。 春香はエリックに切符を渡すと、エリックは春香を抱き締めます。 日本の会社に戻るのかも謎です。 逆に彼女に共感できる人にとっては、楽しめるドラマだと思います。

>

路(ルウ)台湾エクスプレスの放送地域や見逃し配信は?再放送や動画視聴の方法は?

その他にも注目する3組の恋や友情を歴史も交えながら加え、7年間の新幹線プロジェクトを通して繋がっていき、各々が前を向いて人生を進んでいきます。 脚本 -• 215• きっと台湾の方々もそのあたりに注目したのかも知れません。 ぜひ今後幸せになって欲しいと思うばかりです。 タイトル:路~台湾エクスプレス~• 勝一郎はもらった切符を春香に渡し、自分は一人でどこかに行ってしまいます。 日本の会社に戻る?• 良かった点• 日本が受注した台湾新幹線(台湾エクスプレス)のプロジェクトを基軸に交わる、老若男女問わない日本人と台湾人各々の人間模様を、台湾の風土や情景、ゆっくりした時間と共に描写された爽やかで温かく胸がキュンとする深みのある、日本と台湾の交流・絆を描いた作品です。 あんなにハンサムで一途に思ってくれる男性いませんよ!井浦新さんが疲れた中年の寂しさ感を出ていて、とてもいい。

>

路(ルウ)~台湾エクスプレス~

しかし、乗客たちも「結婚!結婚!」と煽り、美青は照れながら了承します。 まずは「良かった」というネット上の声から。 また、設定を変えている(花蓮(原作では太魯閣)訪問の相手、繁之の勤務地、レスター王の存在)ところもあります。 主題歌 曲名:つながる心 歌手:Chendy• 台湾を訪れたことで更に台湾が好きになったという吉田は「老人が船に乗って何日もかけて渡った遠い台湾と現代の若い人が感じる近くの台湾との格差を見るのも楽しい。 ここで死ね。

>