不埒 者。 「不埒(ふらち)」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

「不埒(ふらち)」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

不埒の「埒」は、「善悪額や常識、礼儀というようなもの境界」です。 「彼は噂とは違って、きちんと分別のある人に見えた。 図々しさ• 礼儀や道理に違反する状況で不埒は使う 人として礼儀になっていない言動や正しい筋道から外れた言動に対して、「不埒なふるまい」「不埒なこと」のように使います。 無作法さ• 毎晩遊び歩くなんて、どうせ 不埒なことをしているに違いない。 かこい。

>

不埒(ふらち)の類語・言い換え

不躾け• 千万を使った四字熟語としては、次のようなものがあります。 非常に不届きであること• 不埒は、ここから外れたものをいいます。 不始末、不届き 不埒の類義語としては、不始末や不届きがあります。 「人は誰でも、1つくらい不埒な願いを持っているだろう。 道理に外れていて、けしからぬこと。 おそらく「埒」という漢字があまり一般的でないという点などから、使用される機会が減少した結果ではないかと思われます。

>

「不埒(ふらち)」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

例文 ・彼は不届きなことを考えると、すぐ顔に出るから分かりやすい ・人を騙してお金をむしりとるなんて、なんと不届きな行いか ・私の不始末によりご迷惑をおかけしたこと、深く反省しております ・部下の不始末をしっかり処理することが上司の役割だ 「不埒」の反対語は「分別」 「不埒」と反対の意味をもつ言葉(反対語)には「分別(ふんべつ)」が当てはまります。 ず太さ• 至極千万 至極千万は、「程度が酷いこと」という意味です。 「不埒者」の意味は「ふとどきな人」 「不埒」の使い方には「不埒者(ふらちもの)」があります。 非常にけしからんと考えること• 「埒が明かない」が熟語になったような意味合いですが、この意味で使われることはほぼありません。 また、不埒者はこのような人を表現する言葉です。

>

「不埒(ふらち)」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

「お酒は分別を失うほど飲むものではない。 不躾け• 幕府の眼や手の届かぬ所で、大それたことを仕出かしたという趣意の「不届き」は重罪であり、「不届き」という言葉が冒頭に聞こえたら万事休す、観念しなければいけなかった。 像は昭和38年に建立。 」です。 さらに用例の多さでは、後者が圧倒的に多いと思われます。

>

不埒(ふらち)の類語・言い換え

不名誉な出来事 の意• 現在の言葉の意味のみでは、辞典によると不埒も不届きも法律に外れていること、道理に違反していることとなっているため、同であるといえます。 不躾け• 中でも、現代ではとりわけ「卑怯 ひきょう な手段で財産を得ること」、もしくは「性的な下心を抱くこと」のどちらかのケースで使われることが非常に多いです。 「不埒者」とは「ふとどきな人」「不埒な人」を意味する言葉です。 」 不埒の類義語とは? ここでは、不埒の類義語についてご紹介します。 この他にも「埒外」「放埓」などがあり、「埒」という漢字は囲いの外に出た「はみ出しもの」を表現する時によく使われます。

>

「不埒(ふらち)」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説

不埒(ふらち)• 「らちが明かない」の「らち」です。 千万は、程度が甚だしい様子を表現します。 「人を欺いてお金をむしりとるのは、非常に不届きなことである。 しかも、圧倒的に後者の意味で多く使われるでしょう。 不埒と不始末や不届きは、「法律や道徳に違反する行い」ということが共通しているため、類義語になります。 別の言葉で「ふとどき」ともいいます。

>

「不埒(ふらち)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

「不埒に付き」と言われれば、首はつながったと瞬間の判断は出来たようです。 ここから、転じて物事の秩序やくぎりのことをいいます。 「親からは、分別のある人になりなさいといわれてきた。 市では今年、芭蕉翁生誕370年記念事業を展開しており、市文化交流課の森健至課長(48)は「記念の年に市民が敬愛する芭蕉の像がこのようなことになり残念。 恥しらず• 迷惑千万 迷惑千万は、「非常に迷惑なこと」という意味です。 市は伊賀署に被害届を出し、署では器物損壊容疑で捜査を始めた。 道徳や法に反した行いをする者を指す状況で使いましょう。

>