しかも 脳波 コントロール できる。 しかも脳波コントロールできる (しかものうはこんとろーるできる)とは【ピクシブ百科事典】

カロッゾ・ロナ (かろっぞろな)とは【ピクシブ百科事典】

大虐殺をする指揮官は、三流。 私も感情を持つ人間だ、素顔であれば今、お前を殴り殺していたかもしれん……それを抑えるためのマスクなのだ CV: 概要 (以下、CV)の軍事部門統括。 旧姓はゾン。 ボンボン版だと(宇宙貴族主義自体ほとんど尺の都合でカットしてるから)ただの誇大妄想野郎になってたな -- 名無しさん 2015-12-07 19:06:40• ガロッゾかと思ってた。 しかしカロッゾが節々に垣間見せる「劣等感」を思うと、カロッゾは本当に寂しい人なんだなとつくづく思います。 カロッゾ「 しかも脳波コントロールできる!」 カロッゾ、セシリーの腕を掴んで宇宙空間に引きずり出す。

>

カロッゾ・ロナ (かろっぞろな)とは【ピクシブ百科事典】

カロッゾロナとガンダム F91が似ている理由 機動戦士ガンダム F91のエンディングでは、ガンダム F91とカロッゾ・ロナの顔半分がくっつくシーンがあり、その顔が似ていることに気づいた人も多いはずです。 セシリー「ああっ……ああっ!」 カロッゾ「 しかも手足を使わずにコントロールできるこのマシーンを使う私を ナディアと同じように見下すとは! つくづく女というものは、御し難いな!」 セシリー「そうさせたのは、仮面をはずせないあなたでしょう!」 カロッゾ「まだ言うか!!!」 このように文字に起こせば「怖かろう、しかも…できる!」という文だと理解できる。 しかし実際に音声で聞くと、この「怖かろう」から「しかも…」まで結構な間 十数秒 があり、その間にはセシリーがコクピットをこじ開けられ叫びを上げる長いシーンが挿入されているため、分離した言葉にも感じる。 お母様のおっしゃる自由は、逃げ回る為の口実にしか聞こえません」 カロッゾ「ナディア、人が旧来の感情の動物では、地球圏そのものも食い尽くすところまで来ているのだ。 36歳。

>

しかも脳波コントロールできる

関連項目• 逆に若い製作者は何でも作中で詳細に語り過ぎるから余韻が無いんだな -- 名無しさん 2014-05-28 13:12:32• ラフレシア・プロジェクトの被検体となって得た強靭な精神力(エゴ)をもってして、総帥マイッツァーの「コスモ貴族主義」を実現させんと、軍を統括する傍ら、マイッツァーには 無断で完全無作為による過剰数の人類の粛清を実行するために、腹心であると共にの開発など、各種も行っている。 2020-12-01 17:00:00• カロッゾ一家はフェアチャイルド家の対極的な描かれ方だから極端にしてあるのかもな -- 名無しさん 2019-09-11 13:38:48• -- 名無しさん 2014-12-11 01:00:53• NTRされると人間ってこうなるんだね。 (なお、暗殺後にハウゼリーの妻テス・ロナは発狂死。 ゲーム• ワイルドな内容から色々と伝説的な版(シーブックが「うぬらめが八つ裂きじゃァ! 元々は大学院で、バイオコンピュータの研究を進めていた研究者であったが、結婚を機にマイッツァーが唱える「コスモ貴族主義」に傾倒していったことがきっかけだったようです。 ブッホ・コンツェルン勤務時代(宇宙世紀0105~0110年頃) ナディアと結婚した事、およびマイッツァーの目にも適った事により、ブッホ・コンツェルンから相応の規模の研究室と予算、および様々な特権といった援助を受ける。 それを抑えるためのマスクなのだ。

>

しかも脳波コントロールできる

誰の良心も痛めることがない、いい作戦だって台詞、「いい作戦なんだ」じゃね?この言い回し -- 名無しさん 2019-09-02 19:05:50• これは単純に主人公機とラスボスの対比ともとれるが、人間の脳に近い構造を持つバイオ・コンピュータや多細胞生物の体組織に近い発想のMCA構造、ガンダム史上初の鼻と口の意匠といった要素を持つF91をカロッゾと対比させることで「人間に近づいていく機械と、機械に近づこうとした人間」「人間に合わせてスペックを拡張する機械(F91)と、スペックに合わせて人間の機能の拡張を要求する機械(ラフレシア)」を表しているとも。 」 -- 名無しさん 2018-09-12 13:18:15• でもこの一言は、自分への劣等感をなくすために機械になったと言っているような気がします。 2020-12-02 19:11:23• ララァ・スン以上に純粋のニュータイプでパイロット訓練受けただけだっただろうが。 任務遂行のために、エゴを強化した者だ。 人類は可程に情念を抑えなければならない時代なのだよ。

>

カロッゾ・ロナ (かろっぞろな)とは【ピクシブ百科事典】

ちなみに自爆の前にF91のビームランチャーも接射でぶち込まれてたりする。 ビギナ・ギナを捕まえた後、自ら宇宙空間に飛び出し、ビギナ・ギナのコックピットハッチを素手でこじ開けた(ラフレシアのロッドで少し脆くしてある)後での一言というわけなんです。 脳みそ以外、全部機械化したんじゃねえの?もう強化人間ですらないような気もするけど。 そうして、カロッゾは理想国家コスモ・バビロニアの実現に向けて暴走していくわけです。 精神と肉体を極限以上に強化し機械とまで呼ばれながらも、自分は人間である誇りを捨てず戦い抜いた人物です。 このセリフについて、ラフレシアを自慢したと思われがちのセリフです。

>

しかも脳波コントロールできる

テキスト• アイキャッチ• この時期、『男親』であるマイッツァーは、カロッゾに「ナディアをCVの計画の一端に参画させることを、君から説得することはできないのだろうか?」と頼み込み、『入婿』であるカロッゾは、「ナディアは、自分の妻ではありますが義父様直系のお子様です。 世直しを掲げようとする男達が、このような体たらくであったのだから、コスモ・バビロニア建国戦争の結末はこの時点で決まっていたのだが、当人達にその自覚を求めるのは酷……であるかの判断については、本ページでは焦点を当てない。 インスト• 『刃向かう連中は皆殺し』位なら分かるんだけど -- 名無しさん 2013-08-19 05:47:33• サイボーグのように完全に機械になったではなく、意識的に精神的、肉体的能力を極限以上に高めたというのが正解なのです。 ポップ• 最悪の指揮官だな。 姑に頭あがらないのが、可愛いな~ -- 松永さん 2013-07-23 15:09:30• 一塊の研究者として生きていらられればそれなり幸せちいられたんだろう。 2020-12-02 20:33:04• では、なぜあえてガンダム F91と鉄仮面を被ったカロッゾ・ロナの顔が似ていたのでしょうか。

>

しかも脳波コントロールできる

シオ・フェアチャイルドは、奥さんを奪われたいわば恋敵という存在です。 旧姓「ビゲンソン」 2mを越えるかという長身の偉丈夫であり、更に中世ヨーロッパを思わせるプラチナ製の仮面で常に頭部を覆った威容から、組織内では「」とも呼ばれる(無論、正式な軍議の場では、この呼称を使う者は居ない)。 とふたりきりで遊ぶときぐらいは、としてところを見せたかったのかもしれない。 また、ラフレシアに乗り込む際にはトサカを思考操縦用の物に付け替えるギミックも考えられていたという。 任務遂行のために、エゴを強化した者だ。 何故かアンジェロ・ザウパーと同一人物説があるんだよねこの人…ドレルとアンジェロが似てるからなんだろうけど… -- 名無しさん 2020-08-13 16:14:57• カロッゾロナの搭乗機体を紹介! カロッゾ・ロナの搭乗機体は、「 XMA-01ラフレシア」です。 無理 鉄仮面が異常なのとクェスがたまたま異常無いだけ -- 名無しさん 2013-08-10 20:38:48• ラフレシアのテンタクラーロッドで、娘のセシリー操るビギナ・ギナを捉えた時のカロッゾ・ロナの一言なんです。

>

しかも脳波コントロールできるとは (シカモノウハコントロールデキルとは) [単語記事]

カロッゾ・ロナは、コスモ貴族主義に傾倒したがために愛する妻と子供を失ったという点では、非常にかわいそうだと感じます。 そこは『殺人ソーサー無料配布』だろ。 空を飛ぶ丸ノコのような対人兵器「バグ」を使って、飛び回った挙句、人や物を切り裂いて行きました。 「映画ラストで倒されたカロッゾはだった」という説について、『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション』に掲載されたへのインタビューによると「本作が大きな形のプロローグでしかないという構造にあるから、正確にいうとわかりませんね」とのこと。 人間はかようにも情念を押さえねばならん時代なのだよ。

>