地名 災害。 洪水危険、土砂崩れ注意…「地名」は警告する : 深読み : 読売新聞オンライン

地名に隠された由来、旧地名の調べ方 [土地購入] All About

また、「渋谷区」や「世田谷区」の全域が「谷」だとか、「荻窪」や「鷺沼」が「窪」や「沼」ばかりなどというはずもありません。 その代表例が東京都墨田区緑町。 また、 カミ、 カメ、 カマ、 カモなどの読みを持つ上、 紙、 神、 亀、 釜、 鎌、 鴨、 加茂などは、古語の「噛む」「削れて土地がなくなる」の意味を持ち、 浸食・崩壊地域、 洪水や津波などの自然災害が起きた場所を示している場合があります。 久手、長久手。 こうしたところで被害が大きかったということです。 住まいや職場については、 のチェックがお勧めです。

>

水害防備林 住んではいけない地名・住んでは行けない場所

ところがそうした場所は、古い地名が災害と関係していることがしばしばある。 山頂付近には平安中期の陰陽家安倍晴明が天体観測をしたと伝えられる晴明屋敷跡があり、山名もこれによるといわれる。 そういった場所の多くは、 もともとは川が蛇行していた場所で、水害が頻繁に発生していたために、人工的に川の流れを直線に変えて、洪水が流れやすいようにした場所なんです。 また、突出した所、例えば岬の意味がある。 楠原祐介氏の「地名用語語源辞典」探しています。

>

地名に隠された由来、旧地名の調べ方 [土地購入] All About

梅という字が当てられることがしばしばですが、これは埋め立て地のウメ。 甚大な災害辛苦が人々に記憶されます。 ・ 荒川の下流域。 兵庫県淡路市深草。 ところで「字(あざ)」を調べるためにはどうすればよいのでしょうか? 危険な地名を解説した書籍やホームページは多いのに、その調査方法を記したものはなかなか見当たりません。 また、先人は災害などがあれば次に住むところは災害の少ないところを選びました。

>

先人の教え②「自然災害と地名」 : 危機管理 Blog

この地域のハザードマップを見ればそのことが手に取るように分かる。 「アワ」は「あばかれる」のことであり、「地中にあったものが地表に暴かれる」、つまり「土地が隆起する地」のこと。 地名が教える過去の災害の歴史が住居選びに生かせる 1982年7月、長崎市内を襲った集中豪雨により、市内全域が冠水被害を受けました。 。 意識をしていれば、危険な地域に住むことを避けるのは難しくなさそうだ。 このことからも、 昔から水害の多くあった場所であるとわかります。 この「いがらし(いからし)」は「」の名字の由来となった地名だが、「イカラシ」=「イカリ」で、溢れるという意味を持つ。

>

あなたの周りの地名でわかる災害が起きやすい場所

狭い範囲を示す小字などを除けば、ある程度の面積をもった現実の大字・町名のレベルでは「窪のつく地名」の大半の領域が窪地ではない。 ・ ボウ: 「ほう(崩)」に由来する。 これは「上げ舟」と呼ばれる、昔から水害の多い地域に農家等が家の軒先に舟を上げて保管する風習があったようですので、それであった可能性もあります。 大阪北部地震から1か月もたたないうちに、西日本を記録的な豪雨が襲った。 広島県で2014年、2018年と相次いで発生した 土砂災害を見ても、被害を受けた地域は、広島市の北部に位置し、急斜面を切り開いて山麓部まで宅地開発が急速に進んでいる地域なんです。 このときはまず、コンピュータ化に伴って閉鎖された「」を閲覧することになります。

>

あなたの周りの地名でわかる災害が起きやすい場所

そして、国土交通省関東地方整備局を始めとした排水ポンプの活躍等もあり約10日後には浸水は概ね解消されました。 「」と同じようなものか?「」など。 古い地名が大事。 なお、嶋俣以降、ここの地名は柴俣、芝又、芝亦、柴亦と変遷し、江戸中期以降、柴又となりました。 などがあげられ、すべて、イメージ地名としている。 東海道、中山道などの「五街道」が定められた江戸時代、各街道には多くの宿場が置かれていたそうです。

>

こんな地名は水害に注意!ありきたりの地名に潜む驚きの意味 「落合」「三島」「~ヶ丘」etc…… WEDGE Infinity(ウェッジ)

公開から少し時間が経ってしまっているようですが、消防庁が収集・整理した なる資料が のホームページに公開されています。 鳴滝という地名は「水音をたてる滝」が語源なのだそうで、水に関係する土地であったことが分かります。 以後、江戸市街の洪水被害が減少、現・埼玉県東部の広大な低湿地が水田化された。 # 波板・浪板(なみいた): 水流が当たって痛む崖を意味する。 つまり浸水リスクが高い東京に、浸水リスクの少ない国で発案された地下鉄を持ち込むのはどうなのか?ということなんでしょうが、逆に言えば東京に地下鉄を作らなかったことによるマイナスや災害の確率などを勘案するとなかなか微妙な問題ですね。

>

【戦慄】地名に入っていたらヤバすぎる漢字9選!過去に自然災害の歴史があるかも、、

・ ただ、「地名の楽しみ」の中で、「地名の音や漢字をあげて地形を説明している」ところが多く見られる。 」と書いてあります。 ・ 利根川の流域。 何故草が枯れるか、それは湿地だからです。 是非ともご家族で行動してみてはいかがでしょうか。 過去の地形は、災害リスクを知るための重要なヒント つまり、 過去の地形を知ることで、水害の発生しやすい場所を知ることができるということです。 # 180806: 前線の南下により、山形県北部で大雨。

>