大学 鬼ごっこ 炎上。 パパラピーズ、学生立入禁止中の構内で鬼ごっこが炎上…大学側と所属事務所が責任転嫁

【炎上】YouTuberが入構制限中の大学で鬼ごっこ、批判殺到して謝罪

」 「こっちは学費払って入れない状態が続いてるのに…」 「まだ1回も大学に行けてなくて友だちもいない中分かりにくいオンライン授業受けて…ってやってる1年生とかいるのに、これはひどい」 といった批判が殺到する事態となった。 そんな中で公開された、『大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww』といった動画に、視聴者から疑問の声が多く寄せられているようです。 大学生の中には「行きたくても学校に行けない」といった感情がある中で このような企画が少し嫌悪感を持ったという方がいても仕方がないのかもしれません。 若者が大注目しているチャンネルだからこそ、今後の動画制作は慎重にならざるを得ないだろう。 東海オンエアはアーカイブを非公開にし、謝罪しました。 大学構内での動画撮影を許可した経緯を説明しつつ、代理店からの連絡不足で投稿前に動画内容を確認できず、「内容も想定に反して、本学の大切にしている『建学の理念』やイメージに沿ったものと言えないものでした」として、代理店に対する不満を示した。

>

【炎上】YouTuberが入構制限中の大学で鬼ごっこ、批判殺到して謝罪

youtuberの彼らよりも、このようなことをしている大学側にとても憤りを覚えます。 ふざけるな!不謹慎では…ということですかね?確かに、学生たちは通学ができていない。 一方、GROVEは「本動画の撮影においては、クライアント様・広告代理店様には常時お立ち会い頂き、大学関係者様も常時ではないものの撮影工程の半分程度にはお立会い頂いておりました」とコメントし、事務所やパパラピーズの対応に問題はなかったと説明し、両者の立場の違いが浮き彫りになった。 「パパラピーズはチャンネル登録者数118万人を誇る人気YouTuberで、『じんじん』と『タナカガ』の男女コンビ。 問題となっているのは、パパラピーズが24日にアップした「大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみた」という動画。

>

100万人登録者のユーチューバーが“大学を貸し切って”隠れ鬼ごっこで大炎上 コロナ禍で大学は本当に貸し出したのか? | ガジェット通信 GetNews

タナカガが、鬼役のじんじんから逃げながら複数のミッションをこなすという企画で、映画『ぐらんぶる』(2020年8月7日公開)のPR動画になる予定だった。 ただ普通に営業していただけの旅館が、炎上マーケティングを依頼したと濡れ衣を着せられ、否定を発表しないといけない状況に追い込まれたわけです。 (現在、動画は削除されています。 GoToでわざわざ高い旅館に泊まって「料理が多い」という一般的に見るとメリットを大失敗呼ばわりしたこと• 企画そのものは、ユーチューバーによくあるものだったが、本来通っている学生を差し置いてのこの企画に、多くの苦言が集まってしまっていた。 この炎上を受け、動画は削除に。 公開前には、大学側の映像チェックが予定されていたが、代理店からの連絡不足によりそれが叶わず 「内容も想定に反して、本学の大切にしている『建学の理念』やイメージに沿ったものと言えないものでした」とし 「大学に来たくても来られず自宅学習を余儀なくされ、辛く寂しい思いを募らせているであろう学生の皆さんの気持ちを考えると もっと慎重に対処すべきであった、大事な学生たちへの配慮が十全でなかったと言わざるを得ません。 廃棄前提だ」とのツイートが大炎上。

>

ユーチューバーが清泉女子大学で鬼ごっこ 入構制限中の企画に批判殺到し動画削除|ニフティニュース

今後の動画作成にあたり、見てくださる方や、応援して下さる方のお気持ちに配慮した動画作りを心がけたいと思います」(タナカガ) 「この状況下で学校へ通えない学生さんやご家族の方々に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。 私パパラピーズ好きでいつも見てるから余計に悲しい動画更新されて「大学貸切って」って文字が目に飛び込んできた瞬間えって思ってYouTube閉じたんだけど、やっぱり燃えてるね 2人の企画だったにしろ、事務所の企画だったにしろ、大学生を含む若い世代が見てるのに考え甘すぎる やはりコロナの状況がある中で、あまり好意的に見れなかったという意見が多かったですね。 名指し批判をしたい訳ではないけど、 友人が大学に通えず苦労している時に、あろうことかその大学がパパラピーズというyoutuberに貸し切られて、更にそれが『ぐらんぶる』という映画の宣伝用だと聞いて、学生達が余りに可哀想になった。 公式ホームページ上で「事実関係の確認作業を行っております」としていた清泉女子大学は26日に改めて、「本学キャンパスで撮影された動画に関する経緯説明とお詫び」という文書をアップ。 本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していた。 また、現在調査中ながら、『企画書の内容が曖昧なままだったにも拘らず設備使用を許可した判断の甘さやチェックの不十分さ』があったとし、学生たちに『配慮が十全でなかった』ことを謝罪。 この記事のまとめ 今回は「【炎上】パパラピーズが鬼ごっこした大学はどこ?「授業できない学生の気持ちは?」世間の反応まとめ」と題しまして パパラピーズが貸し切った大学、世間の反応について調べてみました。

>

パパラピーズ、学生立入禁止中の構内で鬼ごっこが炎上…大学側と所属事務所が責任転嫁

2020年07月27日 都内の大学で「隠れ鬼ごっこ」を行う動画をアップした2人組ユーチューバー「パパラピーズ」が、騒動について謝罪している。 動画内に写っているのは、「 清泉女子大学」。 入構制限中の大学でユーチューバーが鬼ごっこ、炎上で謝罪 大学側が経緯説明も 芸能ニュース 2020年07月27日 都内の大学で「隠れ鬼ごっこ」を行う動画をアップした2人組ユーチューバー「パパラピーズ」が、騒動について謝罪している。 その中で、多数の批判が来たことに触れて謝罪しつつ、今回の動画について、今月2日に代理店側からキャンパスの利用申し込みがあり、「本学のイメージを損なわない」「撮影関係者は総勢10人と比較的少人数で、撮影に掛かる時間が3時間程度の予定で、安全上も問題ない」という判断で許可出し、13日に撮影が行われたと報告。 また、「タナカガ」も、「関係各所の許可の元撮影させて頂きましたが この状況の中、学校に通いたくても通えない学生の皆様などに不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした」とつづっていた。 すると、同じ大学の学生をはじめ、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、いまだに大学に通えないというほかの大学の学生たちからも、大学側の対応を批判する声が高まり始めた。 パパラピーズは25日にSNSを通じて謝罪し、26日には動画を削除する対応をとった。

>

【炎上】パパラピーズが鬼ごっこした大学はどこ?「授業できない学生の気持ちは?」世間の反応まとめ

さらに、公式ホームページ上で 「事実関係の確認作業を行っております」としていた清泉女子大学は26日に改めて 「本学キャンパスで撮影された動画に関する経緯説明とお詫び」という文書をアップ。 田端大学の関係者はそのことを頭に入れておいて欲しいものです。 しかし現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で多くの大学生がリモート授業を余儀なくされているため、ネット上では『授業料払ってる学生が大学に入れないのに、なんで無関係のYouTuberは入れるの?』『我慢してリモート授業受けてる学生の気持ちを何も考えてない』『動画を企画した側も、許可出した大学もひどい』といった批判が続出し、炎上状態となりました」(芸能ライター) 動画の視聴者により、ロケで使用された大学は東京・品川にある清泉女子大学だと判明。 問題となっているのは、パパラピーズが24日にアップした「大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみた」という動画。 炎上に驚いて、削除したのですかね。

>

YouTuberパパラピーズがコロナ禍の大学で「隠れ鬼ごっこ」し炎上 大学側と事務所の説明に食い違いも

とは言え、ボードゲームファンの間では、このゲームがSNSで感想を投稿することすら注意が必要とされているゲームとして有名で、ネタバレはもってのほかということもあり、『営業妨害になりかねない』『動画見て満足しちゃう人が出る可能性を考えなかったのか』という批判が長く出続けていました」 同 炎上しがちなユーチューバー。 廃棄前提で作られているのではないか」と指摘する内容でした。 一方、パパラピーズの所属するGROVEは、「大学関係者様には予め企画内容を確認」してもらったと説明、また撮影についても「大学関係者様も常時ではないものの撮影工程の半分程度にはお立会い頂いておりました」としており、食い違いが生じている。 この炎上を受け、動画は削除に。 逃げる側が「カップラーメンを間食する」「問題を解く」などのミッションをこなしつつ、鬼から隠れるというもので、8月7日公開の映画『ぐらんぶる』にちなんだ企画だということが、動画の中で説明されていた。

>

【炎上】YouTuberが入構制限中の大学で鬼ごっこ、批判殺到して謝罪

本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していた。 」「こっちは学費払って入れない状態が続いてるのに…」「まだ1回も大学に行けてなくて友だちもいない中、分かりにくいオンライン授業受けて…ってやってる1年生とかいるのに、これはひどい」といった批判が殺到する事態となった。 今回は、 その動画に寄せられた批判の声や、パパラピーズのおふたりの謝罪コメントなどをご紹介していきます。 そのため、動画を見た学生を中心に「なんで学生が入れないのに、無関係のユーチューバーは入れるの? また、「タナカガ」も、「関係各所の許可の元撮影させて頂きましたが この状況の中、学校に通いたくても通えない学生の皆様などに不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした」とつづっていた。 大学の場所は?…と言うと、 清泉女子大学だったようです。 公開前には、大学側の映像チェックが予定されていたが、代理店からの連絡不足によりそれが叶わず、「内容も想定に反して、本学の大切にしている『建学の理念』やイメージに沿ったものと言えないものでした」とし、「大学に来たくても来られず自宅学習を余儀なくされ、辛く寂しい思いを募らせているであろう学生の皆さんの気持ちを考えると、もっと慎重に対処すべきであった、大事な学生たちへの配慮が十全でなかったと言わざるを得ません。

>