プラム 剥き 方。 すもも(プラム)の食べ方は?冷凍・塩漬けが美味しい?皮・種の下処理法も紹介!

プラム(すもも)の切り方!種の上手な取り方は?皮ごと食べられるの?

トマトや桃の皮にも応用できる剥き方なので、試してみてくださいね。 まずはプラムを半分に切り、そこから4等分、8等分と食べやすい大きさになるまでカットしましょう。 冷凍保存期間は、一か月が目安なので早めに食べきりましょう。 出回る時期をチェックして是非お楽しみ下さい! 紅まどんなの特徴など詳しい詳細については、杉本が書いたこちらのブログをご覧ください。 ) くし切りの場合には、お召し上がりになる際に、端から皮が剥きづらいので切れ目を入れた方が食べやすいです。

>

すもも・李(プラム)の美味しい食べ方|味の農園

。 こちらも「貴陽」同様 大玉で、9月も終わりに出てくる晩生種です。 「プラム」は英語 、 「 プルーン」はフランス語です。 プルーンの主な産地は、 1位 長野県、2位 北海道、3位 青森県 となっています。 それほど分かりやすいものではないのですが、写真で赤く囲っている部分にシワがよっています。 スモモは皮の部分に酸味がありますが酸味抜きすることで食べやすくなります。

>

ネクタリンの食べ方を紹介!桃・すもも・プラムとの違いは?

栄養価も高く色合いも良くなって美味しくいただけます。 とっても単純! 全て同じで、言い方が違うという事です! 「日本すもも」は、主に 生食用に使われ、 「西洋すもも」は、 生食用以外にも乾燥したり、ジャムにしたりと加工品に使われることが多いようです。 とろける果肉と芳醇な香りがたまらない 皮が軟らかく甘みも強く、芳醇な味わいは他のプラムとは一線を画す存在感で、プラム好きなら一度は食べたい品種といえるでしょう。 しかし、プラムの皮には 食物繊維や ポリフェノール、 アントシアニンが豊富に含まれています。 神々しさすら感じる名前を持つプラム「月光」。 目安としては写真のように軽く指で押したときに、確かな弾力を感じるくらいからが食べ頃だといえるでしょう。 実は私も食べた事がありません!贅沢なプラム。

>

プラム(すもも)の切り方!種の上手な取り方は?皮ごと食べられるの?

くし切りは、横ではなく縦に放射状に等分にカットする方法です。 ではなぜ手で剥けるのに、わざわざ切る方がよいのでしょうか? その訳は・・・ 外皮がとっても薄いから! 丸ごと1個を手で皮を剥くと、じょうのう(中の薄皮)まで剥いてしまい、実も崩れ、さらにジューシーな果汁までもがこぼれてしまって勿体ないからです。 ただしプラムは追熟によって色が濃くなるため、この辺りの微妙な違いは経験を積んで覚えていくしかないですね。 プラムを冷凍保存する場合は、ジップロックに入れるのがおすすめです。 一方の熟したラフランスはわずかな弾力を感じることができるんです。 この切り方にすると、ちょうど食べやすい大きさになりますよ! 半分に切る際は、下手の部分から半分にする切り方が基本です。 収穫したばかりのプラムは酸味が非常に強くでるため、味のバランスが悪いことも少なくありません。

>

正しいプラムの食べ方って?皮の剥き方や種の取り方のステップをご紹介!

4、皮には酸味があります。 「すもも」と「プルーン」の旬は、 6月~9月頃です。 ケーキの飾りつけなどに使う場合は、皮を剥きカットしてから冷凍すると、見た目も綺麗な状態が保てます。 そのまま粗熱がとれるまで冷ましてから冷蔵庫で保存しましょう。 とても簡単で保存がきき、美味しく食べられる方法なので、プラムが余ってしまった時はジャムに加工しましょう。 大石早生、ソルダムといった種類があり、品種、またはハウス栽培や路地栽培によっても多少変わりますが、梅雨時から初秋までが食べ頃となります。 冷凍プラムは解凍せず、そのままジャムにできますよ! プラムジャムは生食よりも長期保存できて、ジャムトーストやジャムヨーグルトなどにも使えます。

>

正しいプラムの食べ方って?皮の剥き方や種の取り方のステップをご紹介!

柔らかくなると同時に果汁が滴るようなジューシーさが生まれ、酸味が抜けて甘みがとても強く感じられるようになります。 数ある品種の中でも甘みが強めの品種。 半分に切る方法や種のとり方は先の動画などを参考にどうぞ。 3 、すももピューレやすももソースにして シャーベットやムース、スムージーなどに色んなケーキにも使えます。 「 食べるなら皮ごと!」 ということで、次にプラムの食べ方についてみていきましょう。

>

プラムの食べ方!皮ごとそのまま食べるべき?種はどうする?

長く放置することで、ジューシーな果汁が無くなってしまいパサパサになってしまうことも。 便秘予防効果や視力回復効果もある栄養素なので、実は捨ててしまうのはもったいないのです。 むしろ そこからはいっきに劣化が始まります。 やり方は果肉を左右二つに切った状態で、種に包丁の刃元を刺し、そのまま抜き取る方法です。 この働きによって体が老化するのを防いだり、美肌効果なども期待できるため、美容や健康維持には必要不可欠な栄養素です。

>