鶴町 四 丁目。 大正橋(大阪府)から鶴町四丁目 バス時刻表(71他[大阪シティバス])

大正橋(大阪府)から鶴町四丁目 バス時刻表(71他[大阪シティバス])

2002年1月27日のダイヤ改正以前は 幹線88号系統と称していた。 71A:鶴町四丁目 - 大運橋通 - 大正区役所前 - 三軒家 - 大正橋 - 地下鉄桜川 - 戎橋 - 上本町六丁目• 07:48 発 08:05 着• 71号系統 [ ]• 大阪市電23号系統(都島車庫 - 大阪駅 - 大阪港)の代替機能も併せ持つ。 2008年10月20日より、前日に開業したへの乗り換えの利便性向上のために、肥後橋 - 堂島間の停留所にも停車するようになる。 幹線60D号系統(天保山 - 地下鉄朝潮橋)• 87:鶴町四丁目 - 鶴町南公園 - - 新千歳 - 大正橋 大正駅前 - 地下鉄桜川 - なんば 概要• - 大阪市交通局、2017年9月5日閲覧• 2014年4月1日より酉島営業所単独の担当路線となる。 07:20 発 07:42 着• 2013年4月1日のダイヤ改正で、前日をもって閉所になった港営業所が担当から外れ、鶴町・住之江の営業所の担当となる。

>

大阪市バスですが、行先表示を、大阪駅前→大阪駅、鶴町四丁目→鶴...

この変遷は70・70急号系統の節を参照のこと(70・70急号系統と違うのは、大阪ドーム前千代崎まで延長になった際にこちらは幹線91A号系統のままであった)。 2012年4月1日のダイヤ改正で大正橋経由から大浪橋経由になる。 2014年4月1日のダイヤ改正で住之江営業所が担当から外れ、鶴町営業所の単独担当路線となる。 17分• 17分• なお、は以前の特91号系統の運行区間(鶴町四丁目 - 小林公園前 - ドーム前千代崎)に戻っている。 2014年4月1日のダイヤ改正で住之江営業所が担当から外れ、鶴町営業所の単独担当路線となる。 08:13 発 08:35 着• 2009年3月29日:ダイヤ改正で住之江営業所が当該路線の担当に加わる。

>

大正橋(大阪府)から鶴町四丁目 バス時刻表(71他[大阪シティバス])

21分• 70急号系統では利用客が多いため、一般型車両がメインで運行されノンステップバスでの運行は少なかった。 なお、立葉停留所は停留所の設置場所の関係上、大阪駅前行きのみ停車し鶴町四丁目行きは停車しない。 2008年10月20日のダイヤ改正より、一部の便は中型ノンステップバス車両で運行している。 - 大阪市交通局の民営化に伴い、大阪シティバスの直営営業所となる。 また復路の桜橋までのルートのうち、までのルートも一方通行規制の関係で現在の北向きの道路が南向きの一方通行だったので、当時はこちら側の道路を通行していた。

>

大阪市バスですが、行先表示を、大阪駅前→大阪駅、鶴町四丁目→鶴...

2014年4月1日より起点:大阪駅前、終点:天保山となり、中津営業所の単独担当となる(鶴町営業所・酉島営業所が担当から外れる)。 大阪シティバス [91急行] 鶴町四丁目行• 88号系統 [ ] 運行区間• この当時は往路の西船町・鶴町四丁目発の大正橋・九条車庫前ゆきの時刻表も各停留所には掲示されていなかった)が、正規では九条車庫前発着の系統がない地下鉄住之江公園前行きについても表記されていたことからも、大正橋発着の系統が実質的には九条車庫前発着となっていた。 08:15 発 08:37 着• 22分• 21分• 70急号系統は平日のラッシュ時のみの運転で、大運橋通 - 大正橋間は中央中学校前と大正区役所前だけに停車する。 22分• 07:18 発 07:35 着• 現在は鶴町営業所専属であるが、過去には阿倍野支所・東成営業所・住吉営業所・港営業所・住之江営業所(住之江は2014年3月31日まで)担当の便も存在した。 深夜バス• 大正区内の中心的系統であり、2012年6月に大阪府市統合本部が発表した「基本的方向性(案)」の資料では、「事業性のある路線(62系統)」のうちの「黒字路線(15系統)」の中に、大正通を運行する系統の中で71号系統が唯一含まれていて、昼夜問わず利用客が多い系統である。

>

鶴町 (大阪市)

この当時はバス路線図には掲載されていない路線だった(他には特56号系統{西九条 - 常吉二丁目企業団地前、後の56号系統、現在は廃止}や幹線臨71号系統{鶴町四丁目 - 上本町六丁目、後の71A号系統、現在は廃止}もバス路線図には掲載されていなかった)。 これにより住之江営業所は大阪駅前発着の路線から撤退した(2017年7月1日に62号経路で住之江営業所の大阪駅乗り入れが復活)。 2013年10月1日より、鶴町3丁目~鶴町4丁目北間の運行経路が鶴町南公園経由に変更される。 大阪シティバス [91急行] 鶴町四丁目行• その他• 日中は概ね1時間に1本の運行ではあるが、鶴町営業所と天保山操車場との間の回送車の営業運転を目的とするために1時間に4-5本運行される時間帯も存在する。 大阪マラソン開催時には中開交差点(中開三丁目停留所)で交差するがコースに該当するため、浜津橋南交差点 - 南開西交差点間を国道43号の本線(アンダーパス)を経由しての運行となる。 天保山行きの淀屋橋停留所は、2回停車(市役所前と交差点西)する「ダブルストップ」であった。 臨時路線 [ ] 大阪城さくらバス [ ] 詳細は「」を参照• なお、なんば停留所は四つ橋筋沿いの臨時停留所(大阪市立難波元町小学校付近)での発着となる。

>

大正橋(大阪府)から鶴町四丁目 バス時刻表(71他[大阪シティバス])

08:00 発 08:22 着• 22分• 大阪シティバス [71] 鶴町四丁目行• 2002年の市バス再編前は、 幹線60号系統であった。 大阪シティバス [91急行] 鶴町四丁目行• 大阪シティバス [71] 鶴町四丁目行• 沿革 以前80号系統はあべの橋-中開三丁目-稲荷町三丁目(現・難波中学校前)-三軒家-大正区役所前-大運橋通-西船町の運行(当時は・・長居営業所などが担当)であったが、大正区エリア制度導入時(1979年)に80号系統は一度廃止となった。 91・91急号系統 [ ]• 平日は沿線住民の生活路線、土休日は天保山への観光路線の色合いが強い。 07:38 発 08:00 着• 22分• この改正で91号系統が71号・70号系統から振り替えられる形で日中にも運行されるようになる。 なお港営業所担当時代には天保山 - 第一突堤前 - ドーム前千代崎(第一突堤前 - ドーム前千代崎間は港区内の走行でノンストップ)と、鶴町二丁目 - ドーム前千代崎(この区間に限り鶴町営業所が臨時で担当する)との2区間に分け、ドーム前千代崎を接点とした運行を行った。 07:51 発 08:13 着• 108号系統が前出のとおり一度廃止になる前の新千歳停留所は現在の108号系統のなんば方面行きの新千歳停留所よりもやや南側に、終点のおりばも現在の鶴町四丁目行きの新千歳停留所よりもやや南側設置されていて、そこに方向転換の場所(現在のマリンテニスパーク北村の駐車場付近)があった。 ダイヤおよび停留所• 07:23 発 07:45 着• 17分• それ以前の渡辺橋停留所(大阪駅前方面行き)は中之島通沿いに設置され、のみ停車していた。

>

鶴町 (大阪市)

17分• ダイヤおよび停留所 30~50分間隔での運行である。 94:鶴町四丁目 - 大運橋通 東 - 平尾一丁目 - 千島団地前 - 南泉尾 - 大正橋 大正駅前 - ドーム前千代崎 概要• 22分• 60: - - 港区役所 - 境川 - 大正駅前 - - なんば 概要• 2012年3月31日まで大正橋• 24号系統(今里 - 大阪港)の代替機能も併せ持つ。 2000年5月:都市新バス路線が一般路線に統合されたことにより、行先表示幕の都市新バス路線(グリーンエースII)の表記はされなくなった。 21分• 2008年3月30日から港営業所が一部担当に加わる。 以前は大正橋発着の幹線91A号系統や九条車庫前(現・大正橋 - 境川間)発着の幹線臨91号系統(どちらも急行運転を含む)が運行していた。 方向幕は大正橋発着の路線であっても、往路では終点である大正橋で降車せずに、そのまま九条車庫前まで乗車する利用客も存在していた。

>