ステッカー 自作。 オリジナルステッカーを作ろう♪初めてでも失敗せずに自作する方法

自転車ステッカーでカスタム!自作方法やかっこいいステッカーを紹介!

ステッカーフィルムを作る【完成編】 やり直すわけだが、どうせなら防水保護フィルムを大きく型取ることにした。 と、 簡単にほざいてしまったが、ロゴのデザインは簡単なようで結構難しい。 また、人によってはオリジナルのステッカーを自作している人もいるのだとか。 用意するもの 基本的に、上記のオーソドックスなオリジナルステッカーを作る際に用意するもので大丈夫です。 気をつける点 オリジナルステッカーを作る上で、気をつけなければならない点があります。 ステッカーの印刷からカット、貼りつけまでを解説します。

>

ステッカー自作|手切りとプロッターを比較

そのため、ある程度まとまった数量が欲しいときに特におすすめです。 というわけで、 家族のイニシャルを一文字ずつ入れることにしました。 ステッカーラベル プリンタ印字用• カッティングシート• 裏面は粘着シートになっているため、施工性は非常に高くなっています。 <手順3:普通用紙に練習印刷してみてから本番の印刷をする> 自作したデザインをステッカー用紙に印刷していきます。 上記でご紹介したカッティングシートに比べると、あまりステッカーには向いていないデザインになります。 まあ、小っちゃくてはっきりと見えないかもしれませんが、オマケみたいなものなのでまあ良いでしょう。 用途に応じて紫外線での退色を防ぐ透明のカッティングシートがあれば立派なステッカーが作れます。

>

ステッカーを自作してスノーボードに貼る!唯一無二のものに!

デザインに沿って切った後にデザインシートを貼るのは難しいので、切り取ろうと思っているデザインの周囲より少し広めにデザインシートを貼ってから切ると綺麗に切れます。 デザインナイフ• オリジナルステッカーの作り方をご紹介していきます。 また、手切りよりもカット時間を短縮できるため、ステッカーを複数枚作成したい人にオススメです。 こんなイメージです。 車のボディに貼る場合には、紫外線への耐性があり延着力の強いA-ONE(エーワン)の「屋外用ラベル」が最適です。

>

ステッカーを自作!必要なアイテムと方法をご紹介!

自分に縁のある文字を考える。 しかし、今までは色も単色のみのカッティングシートでしかステッカーを自作した事は無く、今回のようにプリンターを使用して作成したのは初めてです。 ロゴマーク作成 僕がこの企画を思いついた時に、絶対に作りたいと思ったのが ロゴマークです。 あとはハサミやカッターがあれば十分。 こちらの製品の価格は32,800円です。 退色させないために、紫外線(UV)カット処理が施された透明のカッティングシートを用意しましょう。

>

透明・ホログラムも自由自在!推しのオリジナルステッカーを作っちゃおう!

このカッティングシートは、言い換えると「切り絵」のようなものです。 透明転写シール• (汗) ハサミで切ると多少デコボコするのちょっと気に食わない。 今、安価でおすすめなのはこの辺りです。 実際の商品として販売されているような完成度の高いステッカーを目指して作成してください。 気の合う仲間同士ですてきなデザインのステッカーを持つと、仲間としての実感もアップして楽しいですよ! お店のノベルティーグッズにしたい! お店を持っているのなら、オリジナルのノベルティーグッズにするのもすてきです。

>

ステッカーを自作!必要なアイテムと方法をご紹介!

シルバー• 手間暇をかけて自作したステッカーがすぐに劣化してしまわないように、できるだけ優れた耐候性が備わったカッティングシートを購入した方が良いでしょう。 スポンサーリンク 本番!ステッカーフィルム作成! ステッカーフィルムを作る【失敗編】 説明書によれば、ステッカーフィルムへの印刷設定は写真印刷と同じだった。 プロッターの精度は、言ってしまえばこれはお金次第な面もあって、どこまで高精度なカッティングプロッターを買えるかにもよりますけどね。 クリヤー• お好みのロゴをネットで拾って作ってみてください。 大量に自作する必要がある、すべての工程を自分でこだわりながら作ってみたい人におすすめです。 今回はステッカー自作方法を丁寧に解説していきます。 というわけで、僕なりのステッカーを作ります。

>

ステッカーを自作する方法!スマホがあれば印刷機がなくても大丈夫。│static.malaysia.com

また、保護シートの貼りつけや、気泡を抜くためのスキージ代わりにも使えます。 ロゴが動かないようにしっかりと固定したら、デザインナイフでロゴの縁をなぞるようにカットしてください。 あとは貼りたい所に貼ってください。 直線はなるべく定規を使ってまっすぐにカットします。 「オーソドックスなオリジナルステッカーの作り方の<手順2>」までは同じ作業です。 大まかな色や印刷位置、大きさを確認するために、ラベルシートに印刷する前に、普通の印刷紙で試し刷りすることをおすすめします。 しっかりしたスキージが用意できれば、そちらの方が望ましいです。

>