本丸 亭 メニュー。 ★本丸亭★ 愛知県安城市 ラーメン

本丸亭(鶴屋町店)の塩ラーメン!メニューや横浜駅からの行き方など

本丸亭のラーメンのお供 テーブルの上には、調味料などのラーメンのお供が置いてあります。 定休日:年中無休• ただ、塩ラーメンを味わいたいならやっぱり定番がいいかも。 平打ち麺の舌歯触りと喉越しの良さ。 不満な点といえば、支店は食券制であることと、若い店員にあまり元気がないこと。 最高の塩ラーメンを食わせることで、ラーメン通の間で有名な店。 シンプルな塩ラーメンには味玉よりもこちらの方が合うのでしょうね。

>

博多ラーメン本丸亭のランチがお得!豚骨スープの独特な甘みがヤミツキに!名古屋市港区

塩の味玉、家でも作ってみよ — 非公式tweet iacorporation 厚木本丸亭 まとめ 地元厚木で人気の塩ラーメンとつけ麺のお店です。 お客さんはほどほどで混雑率は低かったです。 本丸 塩らー麺735円(730円) 赤丸塩らー麺840円 鶏らー麺840円 梅とり塩らー麺945円 梅しらす塩らー麺945円 ワンタン増し210円 ご飯210円 大盛り 本店は2玉入って315円増し 支店は1.5倍ほどで210円増し その他 川崎店の暖簾。 ビールも飲むので、友人と半分ずつで「ネギたっぷり焼き餃子(600円)」も注文します。 横浜駅周辺で塩ラーメンが美味しいと評判の『本丸亭 横浜店』にいってきました。 梅鶏塩ラーメン 1,050円• 中はトロトロ。 ぶあつくて大きめのチャーシューが2枚。

>

【ラーメン開店4月】三井アウトレット横浜ベイサイドに「塩ら~麺 本丸亭」がオープン!おすすめメニューや場所なども紹介

混んでいる時には店舗の前にお客さんの行列ができています。 透明に澄んだきれいなスープはさらっとしています。 ワンタンはほど大きくはないですね。 「博多ラーメン本丸亭」熱田店が出店されることで、生活に少しでもワクワクが増えたらいいなと思い記事にしてみました。 卵は中までしっかり味がついていました。 赤丸塩ラーメン こちらは赤い丼で提供されます。 本店はわずか10席。

>

料理メニュー : 本丸亭 横浜店

次回は隣の席の方が食べていた「鶏三昧塩らー麺」春菊トッピングにチャレンジしたいです。 本当は刈谷市の 本丸亭に出向こうかと思っていたのですが、込み合っていたので安城まで車を走らせ安城市まで行ってきました。 食べごたえがあります。 まずはタレを混ぜないで、スープを飲みました。 反対側に両替機もおいてあるので、お金がくずせてありがたい。

>

【開店10月:博多ラーメン本丸亭】名古屋市熱田区一番にオープン!

これがまた美味しい。 店内もあいかわらず、清潔で綺麗でした。 梅しらす塩らー麺(945円)。 塩ラーメンにしては濃厚、かつ、麺のボリュームがある感じでした。 お店の営業は昼と夜がありますが、材料がなくなり次第営業終了することも多々ありますので、行かれる際は注意してください。 具は、焼豚2枚に春菊とワンタン。

>

厚木市の【厚木本丸亭】|塩ラーメンとつけ麺が美味しいラーメン店

西口の中央から外に出た場合、横浜モアーズの脇道から鶴屋町に向かいます。 大変美味しくいただきました。 衣はサクッとして、中はジューシー。 トッピングした塩玉子は白身にほんのり塩味がついている半熟卵。 替え玉も注文して、とことん堪能しました。 カリカリ梅と南高梅の甘酸っぱい風味が絶妙の味わいを。 少し強めの塩気がエンドルフィンを誘発し、ヤミツキモードに突入させてくれるんです。

>

◆本丸亭@横浜◆あっさり、でもコクうまな塩ラーメンを横浜で

【 本丸亭 安城店】• メシ時は行列必至だが、私の理想にもっとも近いラーメンだと思うので紹介する。 春菊で隠れてしまっていますが、その下にワンタンが1個載っています。 注文したラーメン 元町店で食べたのはだいぶ昔!はじめての気分で、横浜鶴屋町店で食べてみたよ。 充分な量を仕込んでいるようで、 売り切れもあまり無さそうだ。 営業時間 昼の部11:00~15:00、夜の部17:00~24:00 通し営業ではないので注意が必要。 赤丸塩らー麺 950円• さっぱりなのがまた食べに行きたくなる決め手。

>

厚木市の【厚木本丸亭】|塩ラーメンとつけ麺が美味しいラーメン店

さらにネギも入れ放題でした。 横浜の繁華街で夜の1杯を楽しんだ後、〆のラーメンとして訪れてもよさそうです。 塩気が尖りすぎてないのが良い。 本丸塩ラー麺 まずは定番、お店おすすめ塩ラーメン。 混雑しがちなランチタイムでも、ゆったりとくつろぎながらラーメンを味わえました。

>