目途 読み。 「目途(めど)」と「目処(めど)」の意味の違いと使い分け

「目途」は何と読みますか?

ビジネスシーンで使う場合は、新しい商品の開発や新しい店舗の完成までの状況。 目途の例文 10.戦争が終わってからどうやって生計を立てるかなどの目途なんてあるはずもなくただ生きるのに必死だった。 「目途(もくと)」の類語 目途(もくと)は私たちが日常的に使用する言葉ではありませんが、ほぼ同じ意味合いを持つ「目処(めど)」と共通の類語をいくつか挙げていきたいと思います。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 木曜は駄目なんですよぉ 怒。

>

「目途」の意味とは?使い方の例文と「目処」との違いを解説

「目処」の「目」は「めあて」を指し、「処」は「範囲」や「程度」を指しています。 そういう場合の使い分けではっきりしているのは「首長」を「くびちょう」と発音する場合です。 例えば、例文1で考えると、朝に今日やるべき仕事をリストアップして考えた時、なんとなくどのくらいの時間がかかるのかを予測するような時に「目処」という言葉を使います。 目途の使い方 目途を使った分かりやすい例としては、「試合再開の目途が立たない」「海外から部品を調達する目途が立った」「借金の返済目途がたたない」「デモ終息の目途が立たない」「ようやく復旧作業の目途が付いた」「回収の目途がつかない売掛金がまだある」などがあります。 その後、「目途」は「目標」の意味で 「もくと」と読んでいましたが、「目処」と似た意味であるため、 次第に「めど」とも読むようになったのです。 前者の例文は「目当て。 補足すると、「目処」の方は、 「目処が 立つ」という言い方をする場合もあります。

>

「目途」は「めど」か「もくと」か

通例は「目処」、または「目途」が一般的に用いられるようです。 ただ、こう書いたとしても読者の多くは「めど」と読んでいるのではなかろうか、漢字とかなの使い分けは意味をなしているのか……ということで伺ってみることにしました。 来月末を 目途として売り上げを倍にすることが会議で決定した。 「見通しが立つ」を使った例文• 仮に「目途」を「めど」と読むと、 「 湯桶(ゆとう)読み」になってしまいます。 簡単に説明すれば、「目処」というのは本来糸を通す為の針の穴という意味から 「見通し・目星」という意味に使われるんです。

>

【目途】と【目処】の意味の違いと使い方の例文

「目処・目途・目度」の違いと使い分け方は? 最後に 「目処・目途・目度」の違いと使い分け方について見ていきましょう。 「 湯桶読み」とは、 「 前の字が訓読み・後ろの字が音読みの熟語」のことを指し、 本来の読み方ではない不規則な読み方のことを表します。 漢字を読み間違えてしまったことがある人は決して少なくないはずです。 言葉の意味をきちんと理解して正しい使い方をしましょう。 ただ、そこまで話すと長くなるので本記事では割愛します。 ただし、「目途」の方は 厳密には「もくと」と読みます。 目途と目処の語源の違い 目途とは、物事の目当てや目的、行動の目標などがしっかりとわかっている状態の時に使われる言葉です。

>

目途と目処の違いとは?意味や読み方・使い分けも解説

A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 「見込みがつく」を使った例文• A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 ippou , 「 mokuto ga tsuku 」 「 mokuto ga tatsu 」 toiu iikata ha , watasi ha kii ta koto ga ari mase n. 後日言葉の指摘を受けて、意味として明らかに違い過ぎない単語は 上の立場の意向に沿う様に訂正します。 目途と目処の使い分け方 どちらの漢字を使ったら良いのか迷った際には、目標がはっきりとわかっていて、なおかつそこへ向かう道筋まで見えている場合は「目途」という字を使い、目標とする事柄だけがわかっている場合には「目処」という字を使うようにします。 「目処」、「目途」、「目度」はこのように、それぞれの言葉に意味の違いはなく、ほぼ等しく使用されるといえます。

>

目途|読み方・意味・使い方・目処との違い・英語表現などを解説

簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 岩波国語辞典7新版には「『もくと』の『目途』を書くのは当て字」とあります。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 発言者は、あとで問題視されないように単なる「目途」であることを強調したいので、それでは困る。 後から作られた漢語。 「目途」と「目処」は、読みも同じで意味合いもよく似ていますが、それぞれの発祥には違いがあります。

>

「目途(めど)」と「目処(めど)」の意味の違いと使い分け

「めど」と仮名書きで使われる例も多いといえます。 目処とは 「目処」とは、「目指すところ」や「目当て」「見当」と言った意味の言葉です。 1週間後を 目途に資料を完成させる。 その理由は、「目途」の方は「漢語」だからです。 一方で、「目途」の方は 「目標」の「目」に「途中」の「途」をつけた当て字です。 いつまでこの状況が続くのか 目処がつかない。 なので、両者を分かりやすくするために、 あえて読み方が区別されていると考えて下さい。

>

「目途」→めど・もくと、どのように読み、使い分け?

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 「1日20ページを目安に読書する」「70点が合格の目安だ」のように使われます。 目標の「目」に、道筋を表す「途」を合わせ、めあてやみこみを表したのです。 「占い」は、 将来を予測して人にアドバイスを与えるものです。 これの読み方は分かりますか?「目途」は 「もくと」と読みます。 ご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。

>