Twitter 黒 歴史 クリーナー。 黒歴史クリーナーの正しい使い方!ツイート3200以上の場合もOK!

黒歴史クリーナーの正しい使い方!ツイート3200以上の場合もOK!

黒歴史クリーナーの使い方(ツイート数が3200より多い) 次は「ツイート数3200以上」の場合の黒歴史クリーナーの使い方について見て行きます。 特に、就活とか内定が決まったとかそういう「重箱の角をつついて人を貶める気満々の人たち」から逃げるつもりならなおさら。 まれにツイート数の表示が0にならない場合もあるみたいです。 「連携アプリを認証」を選択しましょう。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。

>

TwitterのツイートをWEB上で一括削除するツール「黒歴史クリーナー」の使い方

「当時付き合っていた恋人と別れたから楽しかった思い出ももういらない!」 「就職活動を始めたから、過去のツイートを関係者に見られたらまずいから全部消したい!」 どんな理由であっても、自分の過去ツイートを全消ししたいと思っている人は少なくないですよね。 いままで使ってたアカウントというものは、すでに育ってるアカウントです。 それより多そうなら全ツイート履歴を選択しましょう。 確認してログインし、「連携アプリを認証」をクリック。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 黒歴史クリーナーの使い方 使用時は一時的に鍵垢にするとフォロワーにもバレない…(たぶん) 黒歴史クリーナー使用中は、鍵垢にしておくと安心。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。

>

ツイ消しツールでツイートを全消し(一括削除)したり選択削除する方法|アプリ村

内容の確認ができないので、期間を指定すれば自動でその期間のツイートが削除されます。 日付やRT数、いいね数などでのソートや、指定したRT数やいいね数以上 または以下 、指定日以降 以前 、写真の有無など絞り込みオプションの豊富さは突出。 黒歴史クリーナー ツイート数が3,200未満の場合 まずはにアクセスして下さい。 といった特徴があります。 「 連携アプリを認証」ボタンをクリックします。 ライトユーザー向け(つぶやき数が3,200件まで)とヘビーユーザー向け(つぶやき数が3,200件以上)に2種類の削除方法が選べる。

>

Twitterをリセット!過去のツイートを全部削除して白紙に戻す「黒歴史クリーナー」

ですのでツイートしている中に消したいものがあるが中には大事なツイートがあるという方は注意が必要です。 キャッシュを削除する• まずトップページ上にある「 ツイッターでログイン」をタップします。 ながーいながーいおつきあいなのですが、昔のブログの更新通知や、自分で読んでもどっとネガティブになれる発言がモリモリあって、自分で自分のツイッターが嫌になってたんですよね…。 わざわざ投稿する必要がないと感じた人は、空欄にすることで投稿されなくなります。 すると、[ ツイートの取得方法 ] 、 [ 削除オプション ] 、[ 通知設定 ] の設定ができる画面にかわります。 次は削除オプションです。

>

ツイ消しツールでツイートを全消し(一括削除)したり選択削除する方法|アプリ村

ちなみに全ツイート履歴にして、ツイート履歴をアップロードすればこれまでのツイートを文字通り本当に全て削除してくれます。 消したくなるような内容のツイートだったとしても、その時の気持ちはその時にしかわからないものです。 また、日付を指定しての削除も可能です。 といっても、リプライやファボられたツイートは削除の対象外にすることができるので、そこまでガサツではない感じ。 というわけで「黒歴史クリーナー」使用の手順を紹介。

>

「全ツイート履歴」のインポート機能を実装、ツイートの完全消去が可能になりました!

よく考えた上で使うようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 空白にするとツイートされません。 確認したら「DONE」を押しましょう。 結論からいいますと「複数回の使用はOK」「2回目以降の使用は1回目の使用からしばらくの空白期間が必要」という回答になります。 ツイートを取得し、削除します。

>

「全ツイート履歴」のインポート機能を実装、ツイートの完全消去が可能になりました!

設定も簡単で楽チンです。 一括削除ツールを活用することで特定のつぶやきのみを削除することも簡単にできますので、是非、状況に応じて利用してみてください。 特定ツイートの保護はできない 黒歴史クリーナーは、 特定のツイートだけを削除対象から外すことはできません。 Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。

>

Twitterをやり直したい! 過去のツイートを一括削除できるツール5選

「削除を開始する」をクリックすると、黒歴史クリーナーが作動し対象のツイートが削除されます。 以上で準備が整いました。 しかし、Twitterのアカウント凍結は、基本的には スパム行為など他アカウントに迷惑がかかる行為をした時だけです。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ご自身のTwitterアカウント右上から「 設定とプライバシー」をクリックします。

>