田山 花袋 蒲団。 レポート ・小説『蒲団』と岡田美知代

作家紹介

時雄は監視するために芳子を自らの家の2階に住まわせることにする。 19世紀に幕を開けた、写実主義運動。 とはいえ「おい芳子おまえやべえな」と思っていた僕も、中盤くらいから彼女に同情し始めた。 時雄はハイカラで可愛らしい芳子に恋愛に似た欲望を抱く。 4番目のふるいということです。

>

田山花袋の蒲団のあらすじ至急お願いします

数日後、ずっとそのままにしていた芳子の部屋に行きます。 ですから、夜着だけでは不十分で、蒲団が象徴する性行為にまで入り込んで芳子との関係を妄想したことになります。 商店街には、現在でもそのころの威容を偲ばせる土蔵や町屋が並び、白壁やなまこ壁、格子窓といった歴史的景観が、訪れる人々のロマンをかきたてます。 さて時を移さず、 「芳さん、何処に行ったんです」 「今朝、ちょっと中野の方にお友達と散歩に行って来ると行って出たきりですがね、もう帰って来るでしょう。 時雄は、その可愛らしさの虜(とりこ)になってしまいました。

>

田山花袋 蒲団

盟友の藤村と独歩が自然主義文学作家として名声を得ていることを受け、焦りと、自分に対する失望のなかで書きあげたといわれています。 時雄は女の志に感ぜずにはいられなかった。 芳子が迎えに行った。 一行書いては筆を留めてその事を思う。 『蒲団』が日本初の「私小説」で、この作品は田山花袋本人の経験が書かれていると前述しましたが、芳子のモデルは岡田美知代、秀夫は永代静雄という実在した人物で、実際の出来事に基づいています。 神戸の女学院の生徒で、生れは 備中 ( びっちゅう )の 新見町 ( にいみまち )で、渠の著作の崇拝者で、名を横山芳子という女から崇拝の情を以て充された一通の手紙を受取ったのはその頃であった。 時雄は恋愛に似た欲望を抱きつつ、彼女に対して文学や恋、男女についての教訓を語り聞かせるという日々でした。

>

【書評】『蒲団』ガチ恋した弟子に裏切られて号泣しちゃう作家の話※ネタバレあり|らぷちゃー

読んでいると芳子もかなり、自由奔放に生きていることが分かります。 それを 糊 ( のり )のついた白地の 単衣 ( ひとえ )に着替えて、茶の間の 火鉢 ( ひばち )の前に坐ると、細君はふと思い附いたように、 箪笥 ( たんす )の上の一封の手紙を取出し、 「芳子さんから」 と言って渡した。 芳子は時雄の家の二階に住んでいたわけなんだけど、芳子がいなくなったら時雄はそこ行く。 先生 御もと この一通の手紙を読んでいる中、さまざまの感情が時雄の胸を火のように燃えて通った。 花袋は「破戒」を強く意識しつつ、の「寂しき人々」も参照し、自身に師事していた女弟子とのかかわりをもとに「蒲団」を執筆した。

>

蒲団 (小説)

けれどなるべくは見られる位の女であって欲しいと思った。 ぼくも変態おっさんの話だと思っていた。 急に立上って、 「おい、帯を出せ!」 「 何処 ( どこ )へいらっしゃる」 「三番町まで行って来る」 「姉の処?」 「うむ」 「およしなさいよ、 危 ( あぶ )ないから」 「何アに大丈夫だ、人の娘を預って監督せずに 投遣 ( なげやり )にしてはおかれん。 時雄は既婚者で、子どもが3人います。 それから今回の事件まで一年半の年月が経過した。

>

蒲団とは

時雄は熱心に読下した。 その後、デートして手をつなぎ (触覚)、合格するとキスをする (味覚)というのが五感的な手順です。 もう秋で 冷々 ( ひえびえ )と背中の冷たい 籐椅子 ( とういす )に身を 横 ( よこた )えつつ、雨の長い脚を見ながら、今回の事件からその身の半生のことを考えた。 手をつないだ感触がよいと、性行為までの最終審査である「キス」という行為になります。 先ほどの小太りな文学部の教授(考えてみれば物語の主人公に雰囲気が似ていたかもしれません)が『蒲団』について語った際、 「おっさんが、叶わぬ恋の相手である若い女が去ってしまって、女の蒲団の匂いを嗅ぐだけの話」と極めて雑に説明し、教室内からも笑いが起こりました。 時雄のもとには、そうした手紙は他にもたくさん届くので、最初はそれを無視していました。

>