軽 自動車 販売 台数。 軽自動車販売、N

【販売台数が多い軽自動車ランキング2020年最新版】乗用車から軽トラックまで

「後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」を同時に搭載し安全の向上を図っています。 2020年10月度の新車販売台数ランキングを見ていこう 【2020年10月の登録新車販売台数ベスト15】• 5Lガソリン車が追加されたことにより低価格で購入できる様になったためでしょう。 2020年10月の登録台数を見ると、トヨタ「ルーミー」が1万1487台を登録して小型/普通車の3位に入った。 2020年10月軽自動車販売台数ランキング 1位[1位]:ホンダ・N-BOX 1万6052台(1. ホンダ・N-WGN: 5,943台 前月8,977台• 2WDと4WDを合わせた全グレードの価格帯は113万3,000円~178万2,000円(税込)です。 2WDと4WDを合わせた全グレードの価格帯は124万4,300円~197万4,500円(税込)です。 0%)で増加。 また、安全運転支援システムも刷新。

>

最新の軽自動車世帯当たり普及台数が発表されました!多い県、少ない県は?

普通車1位になったのは、新型「ヤリス」です。 スペーシアは、2017年12月のフルモデルチェンジ以降、大きな刷新はない。 9%増・2か月連続増) 10位[11位]:スズキ・アルト 5325台(17. 8%) 1位は、ホンダ・N-BOXで販売台数は23万3500台(前年比104. 5%減・3か月連続減) 4位[5位]:ダイハツ・ムーヴ 1万0472台(37. 上記のとおり何とも寂しいCセグメント市場ですが、2020年10月に「レヴォーグ」のフルモデルチェンジが予定されていますので、新型「レヴォーグ」に期待しましょう。 ホンダもNシリーズがN-BOXを中心に良く売れているのはある意味良いことなのだろうが、日産と同じで、上級車種の販売の苦戦傾向が目立っている。 2020年5月はコロナショックにより軽自動車市場全体的に前年比50%を下回る非常に厳しい状況にありましたが、2020年8月は明らかに回復傾向にあることがうかがえます。 9%)と微減。 2020年の1カ月平均台数は減少したが、コロナ禍の影響を考えれば納得できる。

>

2020年9月の軽自動車販売 日産ルークス、ホンダN

100世帯に54. その他、これまでCセグメント王者だった「プリウス」も人気の減少も著しく、2020年7月1日に一部改良が行われ、「プラスサポート」を新たに採用するなど安全性能が大幅に強化されましたが、販売台数回復とは今のところなっていないようです。 0 ボンネットバン スズキ アルトバン 346 356 97. 0 2020年8月の軽自動車人気 販売台数 ランキング 1位はホンダ「N-BOX」です。 1位:ホンダ・N-BOX 9万612台(前年累計比66. 2020. 2位のダイハツ・タントに約3000台の差をつけ、王者の貫禄を見せつけた。 0 2020年8月の新車人気 販売台数 ランキング 1位はホンダ「N-BOX」です。 高速道路において、車両側がドライバーのアクセルやブレーキ、ステアリング操作をアシストし、ストレスや疲労の軽減を促してくれるのです。 3位はこれまでSUV2位が定位置だったトヨタ「RAV4」で、3,000台程度の差をつけ新型「ハリアー」に追い抜かれています。 これらの相乗効果で、10月の登録台数が1万台を超えたわけだ。

>

2020年11月 軽四輪車 通称名別 新車販売速報

世の中のクルマへの興味が薄れるなか、構造的といっていいほど、景気にも左右されることもなく、新車販売の苦戦傾向の続く日本の新車販売市場のなかで、数少ない元気のあるクラスが軽自動車とされている。 1998年• そのほかのブランドも前年同月実績を上回った。 2 2020年8月のCセグメント車人気 販売台数 ランキング 1位はトヨタ「カローラ」です。 この理由を探りたい。 4%) 3位は、スズキ・スペーシアで16万6389台(前年比109. 6%増の3391台、キャブオーバーバンは同1台増の2万0136台、トラックは同26. 2007年• 日産 デイズの価格 日産 デイズのグレード「ハイウェイスター X プロパイロットエディション」は、2WDでメーカー希望小売価格が159万6,100円(税込)です。

>

販売台数ランキングで3位に躍進 ルーミーは何がそんなに受けているのか!?

車種別では、乗用車が11万7,868台で前年同月比7. それ以降は失速したが結果としてトップ5入りを果たした。 同じトールタイプでも車内空間が一回り大きく、スライドドアの利便性を持った車両が人気だったことがハッキリと分かる結果であった。 2016年• 3位はスズキ「スペーシア」、4位は2020年7月から1ランクアップのトヨタ「ライズ」となっています。 前年同月比7. 逆に最初は精彩を欠いても、少しずつ売れ行きを伸ばした場合は、長期間にわたって好調な販売を維持できる。 デイズは2019年3月28日にフルモデルチェンジして発売以来、6か月連続で前月比110%以上と販売台数を上積み。

>

軽自動車新車販売、7.8%増の15万8532台で2か月連続プラス 11月実績

スズキ・ジムニー: 4,344台 前月4,406台• 外観を上級化した「カスタムG」は191万4000円になる。 2020年7月はランク外となっていた新型日産「キックス」は14位にランクインしており、輸入車である関係で販売台数はあまり伸びてきません。 ハイゼットの特徴は「スマートアシストの採用」です。 スズキ・アルト: 5,654台 前月5,325台• 今後のSUV市場は、まずは新型トヨタ「ヤリスクロス」が台風の目となるでしょう。 Cセグメント市場は「カローラ」だけが盛況で、他のクルマは軒並み前年比50%前後となっており、中でも日産「リーフ」が前年比約35. 日産・デイズ: 5,427台 前月4,543台• 軽四輪車の保有台数は増加しているものの、世帯数がより多く増加したため、世帯当たり普及台数が44年ぶりにわずかに減少する結果となったと分析しています。 全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した統計によると、2020年10月の軽四輪車の販売台数は15万3547台で、前年同月比ではプラス25. ホンダ・N-BOX: 15,685台 前月16,052台• 【2020年11月の登録新車販売台数ベスト15】• 2018年5月に一部改良されて販売しています。

>

全軽自協、2020年10月の軽自動車新車販売(速報)

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した統計によると、2020年9月の軽四輪車の販売台数は17万6185台で、前年同月比ではマイナス12. まるで「カローラ」と「プリウス」と同じ様な状況となっています。 王者「N-BOX」が前年比約79. 残り4車種のトールワゴンは、全高1680mm以下とトップ3よりもわずかに高さが低いトールワゴン(ハイトワゴン)で、後席は普通のヒンジドアである。 2kmの低燃費を実現しています。 (2020. 2020年11月中旬に契約して、納車は2021年3月頃になります。 軽トールワゴンに注目してみると、ダイハツ「ムーヴ」が最も売れている様にみえますが、「ムーヴ」は「ムーヴ キャンバス」との合算値となっているため、おそらく軽トールワゴン1位はホンダ「N-WGN」となるでしょう。 商用車でありながら、「ミント」「ピンク」「ミストブルー」などの配色を7つ設定しており、見栄えにアクセントを加えます。

>

軽四輪車 新車販売台数の年度別・車種別推移

しかし一方でトヨタディーラーでは、ダイハツ軽自動車も購入することができる。 2020年9月のマイナーチェンジで「ルーミー」に統合された「タンク」。 2020. 2020年8月末に新型「ヤリスクロス」、2020年9月4日に「GRヤリス」が発売されるなど、「ヤリス」の販売台数は増える要因しかありませんので、普通車1位は当面「ヤリス」で確定でしょう。 7車種のうちトップ3は、すべて全高が1700mmを超えるトールワゴン(スーパーハイトワゴン)で後席にスライドドアを配している。 ダイハツ・タント 出典:ダイハツ 2位:ダイハツ・タント 17万5292台(前年比128. 最新「ハイゼットカーゴ」中古車情報 販売ランキング3位:ホンダ「N-VAN」 ホンダ「N-VAN」は、2018年7月に発売されたホンダの最新モデルです。 何と言っても、ここ数ヶ月の「アルファード」の人気はスゴいです。

>