文 は 人 なり。 荀子『人之性悪』(性悪説)原文・書き下し文・現代語訳

孟子『仁は人の心なり』原文・書き下し文・現代語訳

さすがに「文章=書き手の全人格」 とは言い切れないでしょうが、ビュフォンの言う「文(ぶん)は人なり」は 言い得て妙だと思います。 1:感じ方の違い(感性・思い) 2:視点の違い(切り口・論点) 3:言葉の選び方の違い(アプローチ・表現) 4:言葉の並べ方の違い(構成・展開) もちろん、この4つは大別にすぎません。 対面の場では気にも留めなかったような事柄、ちょっと符に落ちなかったり、ムッとすることや、後から思い出してその思いやりに満ちたの真意にすることなど感情はいくつも生まれる。 人間は、言葉を使って協力することで、地球で生き延び、繁栄を享受してきました。 「文は人なり」ということわざをご存知かと思います。 スタイルとは「何を書いたか」ではなく「どのように書いたか」なのです。

>

文は人なり

つくづく、本を沢山読んでいれば良かったと思っています。 38件のビュー• 文章を見れば書き手の人間性がわかる といった意味のようです。 23件のビュー• ウェブで文章を書くのが好きな人たちに混じって、隅っこの隅っこで細々と文章を書いていた。 1753年、アカデミーフランセーズの入会演説『文体論』の中でビュフォンは以下のように語っています。 高校までは読書感想文以外で本を手に取ることなんてまずなかった。 「人となり」ではない「何か」でしょう。 194件のビュー• 違う意見も、違う生き方も、違う利害も、 <理解したい>という気持ちがあれば、争わずに対話を持続させることができます。

>

荀子『人之性悪』(性悪説)原文・書き下し文・現代語訳

英語だと、 The style is the man. 一文字もズレることなく、誰かと同じ文章を書き上げる人は、おそらくひとりもいないでしょう。 人 ひと は 鶏犬 けいけん の 放 はな たるること 有 あ らば、 則 すなわ ち 之 これ を 求 もと むることを 知 し る。 ホームページニンジャとかいう何とも微妙なソフトを使って、自分のテキストサイトを運営していた。 文章には、それを書いた人がどうしようなく反映されてしまうので、文章を直すとしたら、その人自身に変わってもらわないことにはどうにもならない場合がある。 そして、それが「読み手」に届く(正確には「その人にとって良い文章」として解釈される)のであれば、嬉しいに越したことはない。

>

「文は人なり」の意味とは?

故事ことわざ辞典で「文は人なり」を調べますと、この言葉を最初に言ったのはフランスの博物学者である ビュフォンとありました。 文章を綴ること、それは紛れもない自分をさらけ出すこと。 それが良い方面の意外性だと、好意を持つが、その逆もまた多い。 44件のビュー• 42件のビュー• 132件のビュー• 66件のビュー• そこでもうひとつ。 「文は人なり」は「書いた文章には、その人自身が隠しようもなくあらわれる」ことを示しているのですね。 生まれながらにして耳目(じもく)の欲有り、声色(せいしょく)を好むこと有り。 凛とした文体を具現化しようと思ったら、生き方が凛としないことにはどうにもならないわけです。

>

孟子『仁は人の心なり』原文・書き下し文・現代語訳

知人、友人のをある程度の量をまとめて読むと、何もそのひとのことを知らなかったことに愕然とすることもある。 だが、それらは対面の場では基本、記録するということはなされない。 の場を提示しているがのアヘンとなったことは必至だったのだな。 舍 二 テテ其 ノ路 一 ヲ而 弗 ず レ 由 ラ、放 二 チテ其 ノ心 一 ヲ而 不 ず レ 知 レ ラ求 ムルコトヲ。 また会ったこともない多くの人たちののがであったり、その人の書く文章に好感を抱いたりすることもある。

>

文は人なり…伝わらない想いは、ない。

順 レ フ是 ニ、故 ニ争奪生 ジテ而辞譲亡 ブ焉。 こんにちわ^^ 正直、難しいですね^^; 人格が現れていると言われれば・・・確かにと納得するのですが、 口下手って関係あるのでしょうか? 私は自分の気持ちを言葉でも、文章でも表現するのが苦手です・・・ 素直な気持ちを表現したいといつも思うのですが・・・ 手紙やメールなど時間をかければどうにか書けても・・・上手く表現できません・・・ 何よりも私の場合、言葉を知りません。 それを「信じている」人が結構いるようである。 書く=つくる 昔は読書が好きではなかった。 個人的なやでのなどを読めば読むほど、対面では感じ取ることが出来なかった、あるいは見落としていた、その人の輪郭が見えてくることがある。 だから私はこのことばに世の偽善者と同じような嫌悪を覚えるのだ。

>