南越谷 ラーメン。 自家製麺中華そば 番や@南越谷・新越谷 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

担々麺 侘寂美 WASABI(越谷/ラーメン)

つけ麺は食べ終わったあとにそば湯のように飲むことができます。 [夜] ~¥999 [昼] ~¥999 支払い方法 カード不可 電子マネー不可 席・設備 席数 17席 (カウンター9席、テーブル12席(テーブルは3つ)) 個室 無 貸切 不可 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 有 県道49号線(旧4)沿いの東京方面近くに提携駐車場あり。 麵座でんに行ったのは2回目です。 。 おいしく完食!ラーメンの旨さもさることながら、ラーメン大好き店主さんでラーメン談義もものすごく楽しめます。 厨房には店主さん、ワンオペ体制。

>

麺座 でん

<サイドメニュー> 「熱・冷」「辛・甘」「和・洋」を組み合わせた料理など、 麺屋の枠を飛び越えた構成による創作料理レストランとして革命を提供し続けていきます。 南越谷・新越谷近辺でラーメン屋さんを探しているならぜひ行ってみてください。 入店前にまず店頭券売機で食券購入です。 自家製の麺やチャーシュー、餃子、ワンタンなど、こだわりのメニューをご用意してます 当店の自家製麺は『平打ち熟成多加水麺』と呼ばれる喜多方ラーメンや佐野ラーメンや白河ラーメンなどで使用されている麺。 割り箸は、伐採木材を使用しているそうです。

>

自家製麺中華そば 番や@南越谷・新越谷 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

ご了承ください。 17:40頃到着で終始貸切状態。 麺座でん 近所にあるラーメン屋の「麺座でん」に行ってきました。 オーダーは、「ラーメン」(600円)、無量トッピングは無し(ディフォ)でお願いしました。 その日に使うスープを、その日か前日に仕込み、その日に使い切るというものです。 昭和22年のある日、久留米のラーメン屋台店主は母親にスープの火加減を頼んで買い出しに行きました。

>

へーちゃんラーメン@南越谷 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

結構味が濃そうな感じですが、実際に食べてみるとそんなでもありません。 場所はこちら。 「大ラーメン」はなんと、『食べられるだけ無限大』に麺が増量できるとのことです!(驚) 二郎系らしく、当然無量トッピもあります。 普通と大盛が値段一緒で680円。 主なメニューは、中華そば780円、肉そば980円、大盛+100円、他。 現在、スープのほとんどが「取り切り」という調理法で作られています。 お昼時などは行列していることもあります。

>

自家製麺中華そば 番や@南越谷・新越谷 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

これらはクーポン提示でタダです。 近くにはいくつかラーメン屋さんがあるのですが、個人的には一番好きなお店です。 武蔵野線のガード潜って南越谷ゴールデン街抜けて、右手の路地入った先左手。 停めるには回って来ないと、駐車場には入れません。 今回はホットペッパーのクーポンを提示しておまけをもらえました。 お店に貼ってあるラーメンの宣伝には魚介+豚骨となっていますが、個人的には魚介系が強いような気がします。

>

へーちゃんラーメン@南越谷 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

スナックの居抜きというとを思い出しますが、こちらはajitoさんよりもだいぶ広めです。 ディフォの野菜は見た目少なめ、でも結構量ありますね。 野菜は、茹でモヤシと茹でキャベツです。 ただカウンター短辺側の端1席は花置き場になっていて使用不可。 南越谷のお酒も飲める麺屋【担々麺 侘寂美】 秘伝の胡麻ダレをベースにした担々麺! カキ氷や肉料理、お酒も豊富にご用意しております! 担々麺は、中国四川省にて天秤棒を担いで売り歩いていた料理であり、 日本で言うところの「汁なし担々麺」が原型となっております。 ラーメン発祥の地、久留米では「呼び戻し」という技法が主流です。

>

麺匠大悟(越谷/ラーメン)

背脂入りの「じとじと」について聞いたところ、今のところメニュー化の予定は無いとのこと。 麺が太く平たく縮れているのが特徴で、水分を多く含ませじっくり寝かせて作る為、コシが強くモチモチとした独特の食感となっています。 イメージした味は、坂内・喜一ですが、そのどちらよりも、更にどこよりも上品にあっさりとアレンジ。 子供用のイスもあります。 店舗前の道の突き当りに無料駐車場あり。

>