現金 書留 手数料。 現金書留の料金早見表を公開!ポイントやオプションサービスも紹介

現金書留とは

定額小為替は、普通郵便で送ることができます。 現金ではない簡易書留や一般書留の送り方や書き方などについては、コチラの記事に書いてあります。 もし家に切手が余っていれば、それを使って送料を節約することができますね。 確か100円。 6回目からも1回100円と格安。 現金書留を送る時に料金はいくらかかるの? まず、現金書留を送る場合には [手数料、郵便料金、封筒代]がかかります。

>

現金書留にかかる費用を切手で支払うことは可能でしょうか?

html 「普通為替を郵便で送る方法」もありますが、こちらは趣旨違いなので割愛します。 現金書留の基本的な送料の計算方法. 使用する封筒や書き方やお金の入れ方や閉じ方なども普通の郵便物とは色々と違うので細かく書いていきますね。 なので最初は、そのお客様に、金額に相当する大きい金封をお勧めしたのですが、現金書留で送るつもりだとお聞きして、結局、現金書留用封筒に入る、通常サイズの金封をお買いあげ頂いたもので(でもそのお客様も、ずっと納得いかないご様子でした)、ちょっと気になり、質問してみました。 銀行名・支店名・預金種別・口座番号・口座名義を正しく入力してください。 大手都市銀行でも、土日祝日や夜間早朝時間帯の振込手数料は高くなりがちです。 一般常識の質問で恐縮ですが、馴染みの無いことなのですし金銭に絡むことなので一度伺っておきと思いました。

>

国内の料金表(オプションサービス)

現金書留の郵便物の料金は、切手で支払うことができます。 お祝いやお香典など、外袋がある場合は(大)定形外の封筒に入るサイズで収めるようにした方が良さそうです。 現金書留用封筒は、中に入っているお金が見えないように白い封筒が中に張り付いているので、しっかりと白い封筒と現金書留用封筒の両方を糊付けして止めてください。 まずは所有しているクレジットカードが使えるか確認しておきましょう。 現金書留の料金 続いて、現金書留を送付するために必要となる料金について確認していきましょう。

>

郵便局での現金書留の手数料の相場・計算方法|送料/切手

ご依頼主欄に差出人(自分や会社など)の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入• 現金書留は最低でも540円はかかることがわかりました。 現金封筒は郵便局の窓口で20円で購入できます。 遅くても翌々日には届くので、よっぽど急ぐのでなければ、わざわざ速達にしなくても大丈夫でしょう。 注意事項として、5,000円以上の金額にならないと送料がかかることと、クレジット会社によっては使えない場合もあります。 そこで、少しでも安く送るために、経済面で見た現金書留の利用の仕方をご紹介したいと思います。

>

現金書留にかかる費用を切手で支払うことは可能でしょうか?

現金書留の使用経験はありませんが、現金を直接入れて取引する時の為のものと思っていました。 近くに金券ショップがあるようなら、確認しておきましょう。 現金書留は土日も配達されます。 再配達の他、郵便局の窓口での受け取りも可能です。 たとえば、3万円なら475円、上限50万円なら1,415円の手数料がかかることになります。 ですから、1万円以上の現金を現金封筒へ入れて送る場合は、必ず封筒へ入れた金額をそのまま伝えると、何かあった場合はその額を補償してくれます。

>

現金書留とは

A ベストアンサー 郵便の法律では、手紙などの封筒での普通郵便で、現金を送ることは出来ません。 送り先にもこのお問い合わせ番号を伝えておけば、相手も現在の配達状況がわかります。 現金書留でお金送ったから と母からのメール。 配達証明・・・・・・・・320円• 手数料1枚10円 郵貯小切手 近畿や東京都下、関東、東北、四国、九州など、貯金事務センターの地域が同じ場合だと、郵貯や銀行の入金とする場合に使えます。 ・専用封筒に現金を封入し、所定記載に記入する。

>