グラフィック ファシリ テーション。 グラフィックファシリテーションとは?

『ファシリテーターって何者?』

Q:プロッキーが無い場合は? — ホワイトボードマーカーや、ボールペンでも書 くテクニックは共通です。 Q&A 私もやってみたいのですが、 どうしたらグラフィックファシリテーションができるようになりますか? グラフィックファシリテーションは、どなたにでもマスターできるスキルです。 導入手順 自然なファシグラを心がける• ピクトグラムやフローチャートを活用して整理することで、複雑な内容が構造化され、わかりやすくなります。 それから会議の後も、何となく結論が決まってしまい、結果、誰もそのプランに主体的に参画してくれなかったといったことはありませんか? 直線直線、〇〇、四角と何度も繰り返すと 10分くらいで肩、ひじ、手首を自然に使って絵が描けるようになります。 導入手順 議論を始める前のテンプレートに• ファシリテーショングラフィック、もしくはグラフィックレコーディング。 ちょっと書き取りにくいキーワード• プロッキーを使ってみよう• ITやらICTやらAIやら(書いてるだけでウッとする・・・)が蔓延するこの時代に、手書きの良さ・アナログの強みがギュッと詰まった人間味のあるコンテンツだなーと思いました。 グルーピング,重なりを表現• A3用紙に自己紹介を書いてみてください。

>

5

(例2) — 進捗会議の議事録フォーマット• ・色で迷ったり、上手いイラストを描こうとすると時間をロスします。 字を書くのに慣れましたか?• 使いたいフレームワークや構図をマネして描いてみましょう。 見出しのレベルと記号を決めておく• 配布物確認• 合わせて参考にしてみてください。 たくさん出た意見をまとめるときに有効• プレゼン・商談 退屈なパワーポイントの資料に飽き飽きしていませんか? 手書きのメッセージが、プレゼンテーションを魅力的に演出し、聞き手を引き込みます。 先ほどの「自己紹介シート」を使ってグループ 内で自己紹介してください。 寝かせて持つ• ファシグラ実践ワーク• グラフィック・ファシリテーションでコミュニケーションの質を高める 「グラフィック・コミュニケーション」とは、会議や研修会、報告会などでの配布資料、情報伝達のためのポスターなどを、絵を用いて作成することです。 Step2:確認に使う — 「ここはこういうことでよろしいでしょうか?」• 対話を促進し、まとめる技法を磨くと効果的• 議論が迷走しているシーンで — 「まとめるとこういうことになります」• メンバーとのFace to Faceのコミュニケーション• ワークの進め方• グラフィックファシリテーションには、大きく 2つの働き があります。

>

ファシリテーションとは?会議を活性化させるノウハウを解説|ferret

メンバー1人ひとりがファシリテーションを発揮するのはもちろん、会議や企画を整理してメンバー間でもわかりやすく物事を理解できるようにするためにはファシリテーターの存在が不可欠です。 簡単なキーワード• あれこれ Tips ・初めからいろんな色を使おうとせず、最初は黒で書きます。 グループで共有してみましょう。 2012年にNTTデータ経営研究所が行った調査によると、会議に感じている問題点で最も多かった意見は「無駄な会議等が多い」と言うことでした。 ・人、建物、顧客、アイディア、ゴール、矢印といった基本的なアイコンを練習し、時間をかけずに描けるようになっておきます。 せっかくワクワクするようなプランが出来上がっても、会議の参加者以外に内容を伝えるとき、そこでなされた議論の「温度感」まで伝えることに苦労した経験はありませんか? グラフィック・ファシリテーションはこのような時にも効果を発揮するファシリテーション手法です。

>

『ファシリテーターって何者?』

レベル2• Step1【絵を描く練習】 いきなり人前で描くことに抵抗のある方は、 100円ショップで画用紙と色サインペンを買い自主練します。 私たち株式会社ビジネスコンサルタントは、組織開発の一助としてグラフィック・ファシリテーションを活用しています。 要約する — ポイント,頻出ワードをとらえる — みんなが知ってる略語を活用• 導入手順 確認に使う• 対話(はなし)を見える化することで、 場の活性化や相互理解をうながす技術です。 ですが、人と人が集まって話し合う会議の場は、必ずしも参加する全員が納得する内容になることは難しいようです。 ・書いた言葉の間を色で囲む、関係性を矢印や点線でつなぐだけでも立派なグラフィックです。 絵がうまくなくても大丈夫。 自分はまだ何となくすっきりしないけれど、それをうまく言葉にすることができず、もやもやしたまま会議が終わってしまったことはありませんか? 【ファシリテーションとは】 ファシリテーション(英: Facilitation)は、会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。

>

ファシリテーションとは?会議を活性化させるノウハウを解説|ferret

ファシグラ実践ワーク• ファシリテーターとは、ファシリテーションのために動く中心的な人物を指します。 Step3【キャンバスを用意する】 ホワイトボードや模造紙を壁に貼り、腕を大きく使う練習をします。 いくつかの基本パターンを習得しておきましょう。 課題分析• — ケータイの絵文字が参考になる。 3回繰り返して言います• 人と人との相互作用• レベル3• 「無駄な会議が多いんだよな・・・」って方!グラレコ学んで意味のある会議をファシリテーションしちゃいましょう!!. この場合、グラフィックを使うシーンは大きく2つ考えられます。 今日のふりかえり• 打倒Google! Yahoo! お手持ちのスマートフォンで画像を検索し、参考にすると良いでしょう。 1人1分で!• ライティングの基礎を忘れずに。

>

グラフィックファシリテーションとは?

で終わってしまうと、それこそ絵に描いた餅になってしまいます。 ファシグラ その後、講義の内容について3人チームで分かれて話し合う。 ファシリテーショングラフィック(ファシグラ)ってなに? グラレコと同じく、会議の記録を模造紙やホワートボードに手書きの文字やイラストを使ってまとめることは同じですが、ファシリーテーションをしながら板書をしていくので、グラレコとはまた違った難しさがあります。 ポイントになった提案や意見• よく「絵が苦手なんですが、大丈夫ですか?」というご質問をいただくのですが、絵が苦手でも問題ありません。 要約、略語を工夫してみましょう。

>