エコノミスト 2020。 【予言】エコノミスト 2020の表紙が強烈にヤバい! #2|Team YUAN|note

英国The Economist(エコノミスト)の最新号

こんにちは、kinkoです。 つまり横浜みなとみらい地区において核ミサイルが落とされるようなイメージを 連想させるようなイラストになっている。 昭和20年=No. 失業率は2009年10月には10%に達し、2010年4月まで9.。 署名がないのは、ロンドンの編集者が記事の方向性について書き手とぞんぶんに議論して、記事が書かれているためだ。 1月から11週連続で「最も多く読まれた記事」記録保持! 【情報】感染拡大がリアルタイムで見られるサイト。 さらに、タロットの数秘にも暗号があると思われます。

>

週刊エコノミスト目次:11月3日号

上の二つの動画の最新考察記事は、「 」(有料マガジン 133円 連載中)をお読みください。 エコノ ミストは毎年年初にその年の様々な分野の予測をのせる「World In 」という年 刊誌を出しているが、その編集長を2003年から2019年まで務めた。 もし、追放が決定すれば、ロシアは2020年の東京オリンピックに出場できなくなる。 北朝鮮建国からの関係を鑑みれば、十分に考えられることです。 バイデン政権としては、 「いかに上院の共和党員を説得するか」を考えなければならない。 そのときの結果いかんでは、2024年選挙での「トランプ再登板」が現実味を帯びてくる。

>

英国紙エコノミストの「The World in 2020」の予言|kinkoの幸せ配当金庫

エコノミスト誌は、金融資本家ロスチャイルド家が株主であり、日本に迫りくる危機があることを、何年も前から警告していました。 この記事の続きは、。 あまりに多くの人が仕事を失う事態に直面し、政府は減収世帯を対象に30万円を給付する方針を一転。 エコノミストの暗号にも、一番初めにトランプ、下の方にウォーレンの名があります。 冒頭三行の「The World in 2020」は同誌のタイトルだから良いとして、分析対象となるのは、その下の文字列だ。 1996年には50万部だった部数は、2001年には76万部、最新の2020年の数字では、103万2000部を数えるまでになっている。

>

【予言】 エコノミスト 2020の表紙が怖すぎる! #1|Team YUAN|note

【追記】スリラー小説「アイズ・オブ・ダークネス」の中に、武漢で開発された重度肺炎を起こす生物兵器を、リー・チェンという科学者が持ち出す描写があり、 1981年に予知されていたとツィートで話題になっています。 経済活動の回復はコロナ前の水準には程遠く、第2波、第3波の懸念も広がる。 つまり民主党側が攻勢に出るチャンスということになる。 日々のニュースからではわからない、目に見えない大きな変化(メガチェンジ)をさぐりだし、それを読者に提示する。 ミニマリズムの極致と化しているのだ。 The World in 2019 今年の表紙は、レオナルド・ダヴィンチ没後500年を記念して「 ウィトルウィウス的人体図」を中心に描かれていました。 画像は「 」より 基本的に2020年に開催されるイベントや予想されている出来事が書かれているが、気になるのは、エリザベス・ウォーレン上院議員の名だ。

>

『エコノミスト2020』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!

2020年も残すところ4ヶ月となりました。 最新記事、「 」も併せてお読みください。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 さらにDeepな都市伝説を扱っています。 週刊エコノミスト7月21日号の巻頭特集「」よりダイジェストでお届けする。 次期財務長官候補に指名されたジャネット・イエレン氏は、際立った政治的経歴を持つエコノミストだ。 中央のカードのキノコ雲は富士山のような形をしており、アルファベットのCを反転させたような文字があります。

>

次なる戦いへ~2022年中間選挙への道 吉崎達彦(双日総研チーフエコノミスト) 米大統領選2020

視力検査をモチーフにしたと思われますが、一見なんて書いてあるのか良く分かりませんね。 【週刊エコノミスト編集部】 「選別給付」から「全員給付」へ ベーシックインカム(BI)はこれまで経済学者や社会学者らの間で提唱されてきたが、大きな議論に発展するきっかけとなったのが、今年に入って猛威を振るった新型コロナウイルスの感染拡大と、新型コロナ対策として政府が実施した一律10万円の特別定額給付金だ。 Deepな都市伝説を扱っています。 【事件や災害】 残念ながら、気候変動が2020年も続きそうです。 () アメリカ大統領選挙の行方 今年の11月3日にアメリカ大統領選挙があります。

>

【予言】エコノミスト2021表紙の怖い暗示! グレートリセット、イルミナティ、数字の「21」、日本に脅迫、大島てるが…!

同誌は記者の署名がない。 その解の一つとして今、元経済財政政策担当相の竹中平蔵氏ら識者の間で盛んにBIが主張されるようになっている。 イルミナティカードの予告 イルミナティ・カードの「複合災害」、「第三次世界大戦」、「日本」のカードを見てみましょう。 特に違和感があるのは、映画の 007が組み込まれているところでしょう。 TRUMP=トランプ大統領 BREXIT=イギリスのEU離脱 AI=人工知能 TOKYO=東京(オリンピック) MARS=火星探査機「マーズ2020」 CLIMATE=気候変動 XI=習近平 RECESSION=アメリカの景気後退の予想 MODI=インドのモディ首相 EXPO=2020年ドバイ国際博覧会 SDGS=持続可能な開発目標 BOND=007の映画「ノー・タイム・トゥ・ダイ」が2020年に公開 BETHOVEN=ベートーヴェン生誕250周年 VISIONS=失明予防キャンペーン「VISION 2020」 BIODIVERSITY=2020年「国連生物多様性会議」 RAT=ねずみ年 NPT=2020年 核兵器不拡散条約 WARREN=2020年大統領候補・ウォーレン氏 RAPHAEL=ラファエロ没後500周年 NIGHTINGALE=ナイチンゲール生誕200周年 RUSSIA=ロシア 気になるのは、 VISIONだけが赤くなっている点でしょうか。 その後オーナーが転々とし、2018年には、当時所有していたIBTメディアがマンハッタンの検事局から不正経理で捜査をうけたという体たらくだ。 この雑誌の発行が、 最後の審判の開始を告げるラッパということでしょうか。

>

週刊エコノミスト目次:11月3日号

新政権にとって、最初の中間選挙はしばしば「鬼門」となるものだが、2年後に改選される上院は共和党21議席対民主党13議席となっている。 国名がロシアだけ書かれてるのも、水面下で何か起きていそうで怖いところですが・・・。 ミサイルの技術を与えたのはロシアであるとMr. 赤で囲った " MARS XI"の文字列に、日本を指す言葉「 枢軸国 AXIS」があります。 これはなにを意味するのでしょうか。 有名な作品に「アダムの創造」、「最後の審判」があります。 選挙予測の定番、The Cook Political Reportが投票日直前の10月29日に発表した最終予想では、共和党議員23人中7人がToss up(当落線上)であると評価していた。 政府がすべての人に必要最低限の生活ができる収入を給付する「ベーシックインカム」の議論が、新型コロナウイルス問題とともに浮上している。

>