ニュー イヤー 駅伝。 全日本実業団対抗駅伝競走大会

ニューイヤー駅伝2021結果速報・出場チーム・日程コース

キー局のTBSテレビではEPGでも通しの番組として扱っている。 4:54:13 小森コーポレーション• (SBS)• (RBC)• ラジオ放送 [ ] でも2001年から、中継番組を制作、放送している。 なお、この区間は外国人選手の登録が禁止されていた。 (アナウンサー/太田中継所) 2017年• さらに30位以内のチームの各地区ごとの順位の平均が最も上位の地区にはさらに1枠が与えられる。 トップでゴールしたのは旭化成の鎧坂哲哉選手。 0km ニューイヤー駅伝2021出場チーム一覧 予選の順位で並んでいます。

>

ニューイヤー駅伝2020の結果速報!区間賞・個人成績一覧も!|まるっとスポーツ

概要 [ ] 日本における 実業団駅伝日本一を決定する競技大会である。 埼玉県朝霞市を拠点に活動する駅伝部は2020年の第64回… (2020年06月29日 16:53)• 2位は旭化成の茂木圭次郎選手。 大阪ガス 1区/辻横浩輝 関西学院大学 2区/今﨑俊樹 立命館大学 3区/野中優志 関西学院大学 4区/坂東剛 関西学院大学 5区/辻村公佑 立命館大学 6区/岩﨑祐也 立命館大学 7区/籔下響大 明治大学 補員/細川勇介 明治大学 廣瀨大貴 明治大学 中村涼 法政大学 奥村杏平 京都産業大学 監督/小坂田淳 37. (トスプランニング所属/第1移動車)• 4:55:13 九電工 九州• 35:25 東優汰 中電工• (高崎中継所)• 7kmであった。 上村彩子(群馬県庁)• 古谷有美(群馬県庁)• 3km 総合順位 総合記録 選手名 チーム 区間順位 区間記録 1位 0:57:07 K. (当時CBCアナウンサー/太田中継所)• 群馬県で1日に行われた「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝」で、旭化成が歴代最多25回目の優… (2020年1月3日 16:02)• 5km 総合順位 総合記録 選手名 チーム 区間順位 区間記録 1位 4:46:07 鎧坂哲哉 旭化成 1位 44:47 2位 4:48:36 早川翼 トヨタ自動車 10位 46:30 3位 4:49:30 原法利 Honda 4位 46:04 4位 4:50:40 寺田夏生 JR東日本 11位 46:32 5位 4:50:46 下田裕太 GMO 14位 46:39 6位 4:51:32 中西玄気 愛三工業 3位 46:03 7位 4:51:33 高宮祐樹 ヤクルト 13位 46:36 8位 4:51:36 宇賀地強 コニカミノルタ 5位 46:06 9位 4:51:37 文元慧 カネボウ 8位 46:28 10位 4:51:39 圓井彰彦 マツダ 15位 46:45 11位 4:51:40 北島寿典 安川電機 7位 46:18 12位 4:52:47 中平大二朗 トヨタ自動車九州 28位 47:36 13位 4:52:50 河村知樹 トヨタ紡織 19位 46:55 14位 4:53:21 二岡康平 中電工 24位 47:14 15位 4:53:22 籔下響大 大阪ガス 21位 47:02 16位 4:53:31 藤村行央 住友電工 9位 46:29 17位 4:53:41 木滑良 MHPS 23位 47:11 18位 4:53:41 藤原滋記 SUBARU 25位 47:22 19位 4:53:43 清谷匠 中国電力 2位 45:45 20位 4:54:13 橋本隆光 小森コーポレーション 6位 46:12 21位 4:54:30 上田健太 日立物流 27位 47:34 22位 4:54:33 鈴木勝彦 SGH 12位 46:33 23位 4:54:35 坪内淳一 黒崎播磨 25位 47:22 24位 4:55:12 山本翔馬 NTT西日本 16位 46:48 25位 4:55:13 濵口隆幸 九電工 32位 48:16 26位 4:55:25 小山裕太 トーエネック 22位 47:04 27位 4:56:01 古賀裕樹 西鉄 30位 47:40 28位 4:56:36 堤悠生 JFEスチール 17位 46:49 29位 4:56:53 角出龍哉 愛知製鋼 28位 47:36 30位 4:58:31 松田憲彦 警視庁 31位 47:56 31位 4:58:46 小川和也 中央発條 34位 48:31 32位 4:58:49 及川佑太 YKK 19位 46:55 33位 4:58:54 多喜端夕貴 NTN 18位 46:54 34位 4:59:25 稲毛悠太 プレス工業 33位 48:21 35位 5:00:47 村上優輝 コモディイイダ 36位 48:44 36位 5:02:27 高橋功気 セキノ興産 37位 49:37 37位 5:07:50 立石悠 ひらまつ病院 35位 48:42 区間順位 区間記録 7区のアンカー区間。 0 km 37 トヨタ自動車 4時間51分41秒 コニカミノルタ 4時間53分20秒 日清食品グループ 4時間55分00秒 第60回 1月1日 群馬 100. 8:30以前は自社制作番組を放送。 東日本(12):、、、、、、、、、、、• 0 km 23 旭化成 4時間15分44秒 倉敷レーヨン 4時間16分40秒 リッカー 4時間17分04秒 距離縮小 第12回 12月17日 伊勢 83. 0 km 37 日清食品グループ 4時間50分07秒 コニカミノルタ 4時間50分36秒 富士通 4時間51分37秒 第55回 1月1日 群馬 100. 2008年は、この年の1月にスタートする『』の番組宣伝、またこのドラマの主演であるとのビデオ出演、各中継所などで今大会の冠スポンサーである山崎製パンとのコラボレートした「佐々木夫妻のパン」の無料配布を行った。

>

出場チーム

2016年までTBSラジオでは、このニューイヤー駅伝中継からの決勝戦中継にリレーしていた(ニューイヤー駅伝中継を始めた2001年 、および全体的に日程が前倒しされた2015年 を除く)。 バスケットボール [12月5日 8:20]• いきなり4区を走るのか、3区か5区を走るのかです。 35:16 大塚倭 NTT西日本• エバンス・ケイタニー選手も強いので入賞しそうです。 中央発條 1区/坂田昌駿 法政大学 2区/サイモン・ムシオ ニャフルル高 3区/竹内颯 興譲館高 4区/吉岡幸輝 順天堂大学 5区/矢嶋謙悟 法政大学 6区/雨海智大 瓊浦高 7区/小川和也 市立松戸高 補員/吉見新 豊川高 監督/亀鷹律良 31. 歴代最多優勝は、旭化成の25回。 一年のうちで一番最初の駅伝大会となります。

>

ニューイヤー駅伝 2021【実業団駅伝】結果・速報(リザルト)

群馬県庁~高崎市役所 距離:12. - T-SITE NEWS、2015年11月24日。 スターターはが行っている。 4:58:46 中央発條 中部• 0 km 37 コニカミノルタ 4時間46分28秒 中国電力 4時間49分45秒 Honda 4時間49分56秒 第53回 1月1日 群馬 100. 3位は7人抜きでヤクルトのスタンネリー・ワイザカ選手が入りました。 4:51:36 コニカミノルタ• 第2移動車…新タ悦男• 4:54:35 黒崎播磨 九州• 驚異的な走りを見せ、17人を抜いて8位につけました。 現在のチーム総合最高記録はが第47回()に出した4時間44分48秒。 第64回大会は、旭化成が4:46:07で制しました。

>

出場チーム

清水大輔• 新2区・3区を合併させて誕生したニューイヤー駅伝最長区間であった。 2018年第62回大会では公式サイト連動しての中継動画が公開され、TBS系列局がない県でも見ることができた。 この時高崎観音が眺められます。 (当時スポーツ推進局長/放送センター)• ヤクルト 1区/武田凜太郎 早稲田大学 2区/スタンネリー・ワイザカ ライチリ高 3区/小椋裕介 青山学院大学 4区/髙久龍 東洋大学 5区/金子元気 城西大学 6区/春日千速 東海大学 7区/高宮祐樹 城西大学 補員/川口将宏 青山学院大学 池田宗司 駒澤大学 山﨑翔太 順天堂大学 浅石祐史 駒澤大学 堀合大輔 駒澤大学 監督/本田竹春 21. 35:01 内藤圭太 愛知製鋼• 4:51:36 コニカミノルタ 東日本• 熊崎風斗• (伊勢崎中継所・西久保中継所)• 第53回(2009年)から変更となった区間であり、7区間中最短距離を走行する。 ラストに対応できるように力を温存して走るよう心がけた。 東日本 チーム 出場回数 前回成績 地区大会 35年連続45回目 5位 1位 菊地賢人、山本浩之、宇賀地強、野口拓也、谷川智浩、西池和人、蜂須賀源、大山憲明、濱川駿、我那覇和真、伊勢翔吾、ドミニク・ランガット(監督:磯松大輔) 36年連続37回目 24位 2位 服部翔大、上野渉、設楽悠太、田口雅也、松村優樹、木村慎、山中秀仁、足羽純実、原法利、小山直城、中山顕、アモス・キルイ(監督:小川智) 2年連続14回目 32位 3位 寺田夏生、黒川翔矢、大隅裕介、其田健也、武藤健太、作田直也、富安央、作田将希、宮崎勇将、片西景、米井翔也、ポール・クイラ(監督:大島唯司) 7年連続40回目 23位 4位 川口将宏、池田宗司、高宮祐樹、山崎翔太、高久龍、小椋裕介、武田凜太郎、浅石祐史、春日千速、スタンネリー・ワイザカ、金子元気、堀合大輔(監督:本田竹春) 初出場 不出場 5位 山岸宏貴、倉田翔平、橋本崚、渡邉利典、一色恭志、下田裕太、近藤秀一、林奎介、森田歩希、ビクター・コリル・キプキルイ(監督:花田勝彦) 8年連続8回目 18位 6位 市川孝徳、日下佳祐、設楽啓太、竹内竜真、浅岡満憲、柳利幸、栃木渡、上田健太、前田将太、小町昌矢、永戸聖、リチャード・キムニャン(監督:北口学) 5年連続57回目 8位 7位 青木優、代田修平、矢野圭吾、文元慧、田中孝貴、木津晶夫、平和真、鈴木祐希、物江雄利、中島公平、前田恋弥、マサイ・サムウェル(監督:高岡寿成) 20年連続20回目 10位 8位 阿久津圭司、牧良輔、小林光二、小山司、レダマ・ウェズレイ、口町亮、高本真樹、藤原滋記、梶谷瑠哉、清水歓太、住吉秀昭、中村拳梧(監督:奥谷亘) 2年連続36回目 12位 9位 的場亮太、橋本隆光、大須田優二、西澤佳洋、金森寛人、柴田拓真、坂本佳太、西智也、森田佳祐、小笹椋、馬場祐輔、キプロノ・シトニック(監督:本川一美) 2年ぶり5回目 不出場 10位 佐藤達也、松田憲彦、柱欽也、小根山泰正、安島慎吾、宮川慎太郎、市田拓海、氏原健介、濱野優太、唐澤研太、佐藤諒太、紺野凌矢(監督:辻太樹) 11年連続11回目 28位 11位 今村俊、山田翔太、福島弘将、川村駿吾、三宅雅大、佐々木寛文、池田紀保、稲毛悠太、大川一成、滋野聖也、藤江千紘、赤平大輔(監督:上岡宏次) 初出場 不出場 12位 ピーター・ムワンギ、松村陣之助、村上優輝、東瑞基、金子晃裕、黒田雄紀、木田貴大、中谷圭佑、五郎谷俊、黒河一輝、佐藤晃章、高橋光晃(監督:会沢陽之介) 中部 チーム 出場回数 前回成績 地区大会 31年連続41回目 3位 1位 大石港与、藤本拓、早川翼、田中秀幸、松本稜、宮脇千博、山本修平、服部勇馬、西山雄介、安井雄一、近藤聖志、ニコラス・コシンベイ(監督:佐藤敏信) 19年連続19回目 30位 2位 山口浩勢、松本伸之、石川裕之、淀川弦太、堀合修平、中西玄気、鈴木洋平、大野日暉、中舎優也、菅真大、小川絢也、ロジャースチュモ・ケモイ(監督:井幡政等) 23年連続23回目 21位 3位 大池達也、小島大明、西山凌平、聞谷賢人、蟹沢淳平、河村知樹、藤木悠太、小野田勇次、酒匂郁海、山田滉介、エバンス・ケイタニー(監督:白柳心哉) 8年連続10回目 17位 4位 河合代二、西川凌矢、小山裕太、服部弾馬、西澤卓弥、須崎大輝、中西亮貴、竹内大地、服部潤哉(監督:松浦忠明) 15年連続36回目 19位 5位 松宮隆行、安田昌倫、松村和樹、吉村直人、寺内將人、秋山清仁、高橋流星、佐藤淳、住田優範、角出龍哉、内藤圭太、マチャリア・ディラング(監督:児玉泰介) 15年連続56回目 29位 6位 押川裕貴、三輪晋大朗、小山陽平、齋田直輝、櫻岡駿、辻野恭哉、小早川健、横井裕仁、峐下拓斗、多喜端夕貴、外岡拓磨、エドワード・ワウエル(監督:真内明) 6年連続37回目 34位 7位 坂田昌駿、矢嶋謙悟、吉岡幸輝、小川和也、雨海智大、吉見新、サイモン・ムシオ、竹内颯(監督:亀鷹律良) 北陸 チーム 出場回数 前回成績 地区大会 28年連続30回目 27位 1位 山田直弘、及川佑太、後沢広大、鈴木大貴、細森大輔、海老澤剛、才記壮人、市谷龍太郎、ヴィンセント・キプケモイ、山口温大(監督:濱田征司) 4年連続5回目 35位 2位 松宮祐行、石田康雄、岩崎祐樹、高橋功気、小林巧、長谷川直輝、桜庭宏暢、細川翔太郎、狩野琢巳、足立直哉、フレデリック・ミンギワ(監督:若松佑太) 関西 チーム 出場回数 前回成績 地区大会 25年連続26回目 33位 1位 飯沼健太、橋爪孝安、柿原聖哉、石橋安孝、林竜之介、八巻雄飛、ピーター・ランガット、竹下凱、湯澤舜、鈴木勝彦、橋詰大慧、三上嵩斗(監督:中野剛) 3年連続6回目 14位 2位 藤村行央、伊藤和麻、熊谷拓馬、高田康暉、村本一樹、平賀翔太、遠藤日向、茂木亮太、田村和希、中村祐紀、坂口裕之、永山博基(監督:渡辺康幸) 4年ぶり8回目 不出場 3位 細川勇介、今崎俊樹、廣瀬大貴、辻横浩輝、中村涼、籔下響大、岩崎祐也、奥村杏平、野中優志、辻村公佑、坂東剛(監督:小坂田淳) 12年連続55回目 25位 4位 関戸雅輝、益田賢太朗、監物稔浩、渡邊力将、竹ノ内佳樹、馬場翔大、小松巧弥、城越勇星、山本翔馬、大塚倭、浦川大樹、パトリック・ワンブィ(監督:清水康次) 中国 チーム 出場回数 前回成績 地区大会 18年連続55回目 7位 1位 圓井彰彦、山本憲二、延藤潤、田中瑞穂、周防俊也、山本雄大、寺西雅俊、新井翔理、島田将志、向晃平、廣佳樹、ギデオン・キプゲティッチ(監督:増田陽一) 24年連続24回目 13位 2位 小山大介、相葉直紀、牧野俊紀、大崎翔也、松尾修治、鮫島紋二郎、西岡喬介、二岡康平、畑中大輝、村武慎平、東優汰、アモス・クルガト(監督:松長信也) 28年連続28回目 9位 3位 岡本直己、石川卓哉、森本卓司、清谷匠、山崎亮平、兼実省伍、北魁道、藤川拓也、松井智靖、渡邉心、秋山雄飛、キムタイ・ウェスリー(監督:田幸寛史) 3年ぶり43回目 不出場 4位 大谷健太、大谷康太、土久岡陽祐、斉藤翔太、堤悠生、伊原直斗、岩田拓海、風岡永吉、大森樹、川平浩之、上坂優太、ダン・キプランガット(監督:伊藤国光) 九州 チーム 出場回数 前回成績 地区大会 34年連続57回目 1位 1位 佐々木悟、鎧坂哲哉、市田孝、市田宏、有村優樹、大六野秀畝、村山謙太、茂木圭次郎、山本修二、齋藤椋、小野知大、K・アブラハム・キャプシス(監督:西政幸) 9年連続32回目 22位 2位 坪内淳一、園田隼、久井原歩、吉元真司、小西祐也、細谷恭平、土井大輔、川元涼央、田村友佑、小田部真也、中村優吾、ジョエル・ムァゥラ(監督:澁谷明憲) 45年連続51回目 15位 3位 久保田和真、宮上翔太、大塚祥平、吉田亮壱、有馬圭祐、福本真大、ベナード・コエチ、高井和治、中村信一郎、吉川修司、酒井将規、浜口隆幸(監督:片渕博文) 30年連続42回目 11位 4位 中本健太郎、北島寿典、黒木文太、久保田大貴、林慎吾、古賀淳紫、高橋尚弥、加藤風磨、野村峻哉、トゥル・メルガ、大畑和真、谷川貴俊(監督:山頭直樹) 11年連続24回目 2位 5位 松村康平、岩田勇治、佐藤歩、木滑良、定方俊樹、目良隼人、的野遼大、井上大仁、吉田裕晟、江島崚太、エノック・オムワンバ(監督:黒木純) 11年連続18回目 6位 6位 今井正人、大津顕杜、奥野翔弥、坂本大志、渡邊悠真、今井篤弥、中平大二朗、改木悠真、志水佑守、川添翔太、ジョン・ムリツ(監督:森下広一) 5年連続17回目 31位 7位 石田和也、後藤敬、鴛海辰矢、篠原義裕、野中久徳、福田穣、東森拓、古賀裕樹、甲斐翔太、和田照也、久保和馬、ダニエル・キプケモイ(監督:有隅剛志) 3年連続3回目 36位 8位 堤渉、川谷勇貴、梶原有高、田中飛鳥、森井勇磨、末次亮、吉岡紀元、石田政、藤田啓生、ワークナー・デレセ、立石悠、佐藤優吏(監督:中島泰伸). 3位はHondaの田口雅也選手です。

>

ニューイヤー駅伝2021/区間エントリー選手一覧と歴代優勝チーム一覧

0km 龍神行政局~ 北野バス停折り返し ~たまや商店 第6区 11. 34:51 倉田翔平 GMOインターネット• 元旦最初の駅伝であり、駅伝最初の日本一が決定するニューイヤー駅伝だからこそ、人気の度合いもうかがう事ができますね。 キプランガット JFEスチール 23位 23:06 36位 1:00:19 W. このためエントリー番号は全てのエントリーチームが確定してから割り当てられる。 0 km 27 鐘紡 4時間58分42秒 旭化成 5時間02分05秒 神戸製鋼 5時間03分35秒 第22回 12月18日 伊勢 99. 4:51:32 愛三工業 中部• 日立物流 1区/栁利幸 早稲田大学 2区/リチャード・キムニャン キロボンボーイズ高 3区/浅岡満憲 東京農業大学 4区/設楽啓太 東洋大学 5区/竹内竜真 東京農業大学 6区/栃木渡 順天堂大学 7区/上田健太 山梨学院大学 補員/市川孝徳 東洋大学 日下佳祐 東洋大学 前田将太 大東文化大学 小町昌矢 日本体育大学 永戸聖 山梨学院大学 監督/北口学 17. ここでは、ニューイヤー駅伝 2020 の 結果速報・区間記録(リザルト)を掲載していきます。 陸上 [12月5日 8:05]• 絶対王者がさらなる高みを目指す! 逆に2011年は、最下位となったチームのゴールを待たずにスタッフロールに移行してしまった。 初田啓介(優勝インタビュー。 バレーボール [12月3日 10:24]• では開催当日の夜、もしくは後日中継録画をノーカット放送。

>

予選会

小笠原亘(高崎中継所・桐生中継所)• 群馬県での中継ということで特別協力している。 宇内梨沙(高崎中継所・太田中継所)• よって実際には1チーム少ない42チームで競われた。 0 km 28 旭化成 4時間59分18秒 鐘紡 5時間01分38秒 リッカー 5時間02分06秒 第27回 12月19日 伊勢 99. 林正浩• 2017年にTBS系としてテレビドラマ化され、2017年大会がシーンの一つに使われた。 35:23 梶谷瑠哉 SUBARU• 第2移動車…• ムァゥラ 黒崎播磨 18位 22:55 18位 0:58:00 P. 高畑百合子(伊勢崎中継所・西久保中継所)• バスケットボール [12月3日 10:30]• 増田明美(スポーツライター/ゲスト解説、放送センター)• 第2移動車…• 1回 - 日産自動車、クラレ 出場チーム [ ] 前年秋に、・、・、の4地区で予選が行われ、6地区の出場チームが決定する。 4:54:35 黒崎播磨• 各定点ポイントの実況も兼務) 2014年• 安藤あや菜(高崎中継所・太田中継所)• 0 km 37 4時間51分56秒 富士通 4時間51分57秒 日清食品グループ 4時間52分05秒 区間変更 第56回 1月1日 群馬 100. 現行区間(2001年第45回大会以降)記録10傑 位 タイム 氏名 所属 地区 年次・順位 1 44分57秒 東日本 2002年・区間賞 2 45分14秒 中国 2007年・区間賞 - 45分17秒 東日本 2003年・区間賞 3 45分44秒 村山謙太 東日本 2020年・区間賞 4 45分45秒 東日本 2002年・区間2位 5 45分46秒 中国 2006年・区間賞 6 45分47秒 中部 2019年・区間賞 6 45分47秒 山本浩之 東日本 2020年・区間2位 - 45分50秒 中国 2004年・区間賞 - 45分51秒 東日本 2020年・区間3位 8 45分54秒 東日本 2006年・区間2位 - 46分03秒 中国 2008年・区間賞 9 46分05秒 東日本 2014年・区間賞 10 46分08秒 東日本 2006年・区間3位 6区(12. 佐藤渚(群馬県庁)• 4:56:36 JFEスチール• 35:37 藤江千紘 プレス工業• 0 km 30 4時間48分32秒 旭化成 4時間54分46秒 4時間56分45秒 第30回 12月15日 伊勢 99. 金哲彦(ニッポンランナーズ理事長/第2移動車) 移動中継車 [ ] 特筆しない限り、TBSアナウンサー。

>