シャネル ルブラン ロージー ドロップス。 (メイク画像あり)『シャネル』ル ブラン ロージー ドロップス

ル ブラン ロージー ドロップス フェイスカラー

高い水分含有率と複数のエモリエント成分を配合。 ) みずみずしく、軽やかなリキッドテクスチャー。 限定アイテムかと思いきや、通常アイテムのようなのでまだチェックしてない方はぜひチェックしてみてください! satsuki. 店舗へお問い合わせがございます場合は、【問い合わせフォーム】よりメッセージをお願いいたします。 お顔全体に 少量をとり、ファンデーションの上からお顔全体にうすくのばします。 日焼け止めのあとに重ねることで保湿もできるし リキッドファンデーションにも混ぜれるのでその日の肌のコンディションやファッションに合わせて変えられるはず。 シャネルのハイライトカラーと言えば…昨年人気だった「ボーム エサンシエル スカルプティング」。 メークアップ ベースとして使えば、輝きを与えながら色ムラを払拭して素肌をブラッシュアップ。

>

ル ブラン ロージー ドロップス フェイスカラー

とても繊細で品のある輝き! ピンクのヴェールが内側から発光するような輝きと透明感をつくりだしてくれます。 ル ブランシリーズのキー成分である「ウメ フラワー オイル」も入っているので、肌は乾燥知らずです。 (写真左)シャネル「ル ブラン コンパクト ラディアンス」(色は20を使ってます。 ブライトニング効果のある成分を配合し、色ムラやくすみのない均一な肌へ整えます。 グロウ過ぎると思いましたが自分はやや皮膚が薄いこともあり、とても理想的に仕上がりました。 お客様からい ただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。

>

肌をピンクの輝きで包むシャネルのル ブラン ベース メークアップの限定品&新製品

セカンドスキンのように肌の上に薄い膜を張ることで、水分の蒸発を防ぎます。 フレッシュで軽やかなジェル状のテクスチャーで、リクィッド ファンデーションはもちろん、パウダリー ファンデーションの上からもお使いいただけます。 時間が経ってもみずみずしさをキープ。 ファンデーションの上から重ねれば、やわらかいサテンのような仕上がりを演出。 カウンターBAさんからは(私の肌色的にも)顔全体には塗らないほうが…と仰られ(確かに顔全体はちょっと…白くなり過ぎテカテカになりそう…)、私としては顔全体ではなく部分使い、ハイライター専用で使っています。

>

ル ブラン ロージー ドロップス|シャネル|美容メディアVOCE(ヴォーチェ)

基本的な使い方は、光のあたるお顔の高い部分(頬の高い位置、鼻筋、あご)にのせるのですが、何度か使ってみて、うまく使うコツをつかんだので、みなさんにもシェアしたいと思います。 ほんのりピンクのオーラを放つ幸福感溢れる肌に。 輝きに満ち溢れ、ほんのりとピンクに色づいたロージー グロウが手に入ります。 グロウさを強く出してカジュアル肌に、 抑えめにして上からのパウダーで調節し、ハーフマットっぽくも。 使い方 フレッシュでみずみずしいテクスチャーで、スッと広がります。

>

ル ブラン ロージー ドロップス フェイスカラー

お急ぎの場合には当店まで必ずご連絡ください。 その日の肌の明るさ暗さに対応し質感を少しづつ変えて演出できそう。 ピンクのヴェールが内側から発光するような輝きと透明感をつくりだします。 どこに付けているか分かりますか? ここの頬の高い位置につけています。 まずは、画像くらいの少量を手の甲に出します。 お顔全体に 少量をとり、ファンデーションの上からお顔全体にうすくのばします。 OR ライティングカラーとして、ファンデの上から顔全体に薄くのばします。

>

ル ブラン ロージー ドロップス フェイスカラー

使い方は、 ハイライターとして、頬の高い位置や鼻筋、あごなど、光のあたる顔の高い部分にオン。 3色のピグメントが一体となったパールの光沢で肌色を明るく内側から輝かせ、メーク映えのする肌へ。 保湿効果の高い成分をたっぷり含んでいるので、肌がふっくらとなめらかに。 極めて軽い感触のテクスチャーがなめらかに肌に伸び、柔らかくサテンのような仕上がりに。 「ル ブラン トーン-アップ ロージー タッチ」は、マルチな使い方ができるトーンアップ クッションで、ロングラスティングな心地の良いうるおいと、インスタントに手に入るバラ色の 輝きを兼ね備えています。

>

ル ブラン ロージー ドロップス|シャネル|美容メディアVOCE(ヴォーチェ)

ただパウダリーファンデなら、間違いなくロージードロップスのほう。 メークアップ ベースとして使えば色ムラを払拭して素肌に輝きを もたらし、あるいはロージー グロウな肌に仕上げるファンデーションとして使えば、そのまま 日中も完璧なお化粧直しが可能なコンパクトです。 実は購入する際、同時発売の「ル ブラン トーン-アップ ロージー タッチ」(特別限定品、クッションコンパクト)とどちらにしようか迷ったのですが…私としてはクッションよりリキッド状のこちらの形状のほうが手持ちのベースメイクアイテムと組み合わせて使いやすく、取り入れやすいかな…と思い、こちらを選びました。 ピンクのヴェールが内側から発光するような輝きと透明感をつくりだします。 実際に顔にのせたらこんな感じになります。

>