年金 手帳 持っ て ない。 年金手帳とは?重要だけど、実は今後は必要ではなくなるかも!?

年金手帳の役割は? 無くしてしまったらどうなる??

傾向としては、大企業ほど年金の手続きを行う頻度が高いため、紛失しないよう会社で保管することが多いようです。 記録を残すことを心がけております。 「会社に預けたままだったっけ?それとも自分が持ってたんだっけ?」 と思ったことがある人も多いのではないのでしょうか? また私自身、転職前の会社では年金手帳を預かってもらっていたのに、転職後の会社ではすぐに返却されて不思議に思ったこともあります。 年金手帳は1961年以来、2度の変革が行われた• 記載されている基礎年金番号は年金の受け取り時に必要となるので、紛失している場合や受け取っていない場合には 年金事務所に問い合わせましょう。 その点、会社が年金手帳を保管していれば、 ただ従業員から変更後の住所や氏名を伝えてもらうだけで良いので、上記のような手間や時間のロスなしに手続きを進めることができます。 第1号被保険者:住所地の市区町村役場、または最寄りの年金事務所• 再発行の際は「年金手帳再発行申請書」を、会社員なら会社へ届出・自営業者は年金事務所などで手続きをする。

>

年金手帳は会社から返してもらった方が良い?手元で保管するメリットとデメリット

現在の年金制度が導入される前には、年金手帳を複数所有しているケースもあったのです。 ・厚生年金の方 「厚生年金被保険者証」(1954年5月~1974年10月に厚生年金の被保険者資格を取得) ・国民年金の方 「国民年金手帳」(1960年10月~1974年10月に国民年金の被保険者資格を取得) しかし、加入する年金によってバラバラだった被保険者証が「年金手帳」によって一元化されたのです。 しかし、悲観してばかりでは何も始まりません。 資格取得手続きを行ってから2カ月近く経っていましたが 本人に渡した覚えもなく、保管場所にも無かったので日本年金機構へ連絡しました。 例えばでも、年金手帳を身分証明書として使えるようになっています。 他のページを見ることも、何かを記入することもありませんでした。 基礎年金番号がわからないと手続きができません。

>

年金手帳を持っていない!入社前にできる年金手帳の確認方法と再発行

年金手帳は、普段使うことはほとんどありませんが、 就職や転職をする時には必要になります。 その理由は、そういった人たちはすでに基礎年金番号を付番されているため年金手帳は届かないので慌てないようにしましょう。 第2号被保険者と第3号被保険者の手続き 第2号被保険者と第3号被保険者(会社員とその被扶養配偶者)は、会社が手続きをするので会社に届出しましょう。 実は紛失や年金未加入の理由で、年金手帳を持っていないというケースはたくさんあります。 国内で国民年金制度が導入された1961年から、国民年金手帳と厚生年金手帳がが統一される1974年11月まで支給されていました。

>

高卒で就職した人の年金手帳

国民年金に加入するため 60歳未満で退職し、次の就職先が決まっていない場合は国民年金に加入する必要があります。 約60年にわたり年金制度のシンボルとされてきた年金手帳は、法改正などを経て、役目を終えることになりそうだ。 手元で保管するデメリット 一方、従業員の手元で年金手帳を管理する場合のデメリットも押さえておきましょう。 つまり、個人番号(マイナンバー)もしくは基礎年金番号を記入した年金手帳再交付申請書の提出が必要となりますが、年金手帳紛失時の手続き先は下記の通りです。 この記事は約7分で読めます。

>

年金手帳とは?重要だけど、実は今後は必要ではなくなるかも!?

基礎年金番号の重複は年金記録の重複であり、保険料を二重あるいはそれ以上納めることになるだけでなく、納めた保険料に応じた適切な年金サービスが受けられない、など本人にデメリットが生じるのです。 この場合は「 資格取得届」を提出して厚生年金に新たに加入してもらうことで、基礎年金番号が割り振られます。 入社時に会社への提出が間に合わない 従業員を採用すると、会社は5日以内に厚生年金の加入手続きをするよう義務づけられています。 政治的な動きとして社会保障カードというものが実現化するかもしれません。 これは、新入社員の社会保険加入手続きに 基礎年金番号が必要となるためです。 具体的には20歳になると 「国民年金被保険者資格取得届書」という書類が20歳の誕生月の前月または当月上旬に送られてくるので必要事項を明記の上、お住まいの市(区)役所または町村役場、もしくはお近くの年金事務所に提出します。

>

年金手帳とは?重要だけど、実は今後は必要ではなくなるかも!?

年金手帳の色は、加入時期によって違う (写真=PIXTA) 年金手帳が交付されるようになったのは、1974年10月以降のことです。 そんなときは、保険料の免除制度や猶予制度を利用しましょう。 普段使うものではないので「どこにしまったっけ…」という人もいるかもしれません。 年金手帳を2冊以上持っている また、年金手帳を2冊以上持っている場合も手続きが必要になることがあります。 また、年金手帳に記載された年金番号で、本人も気づかなかった年金記録の漏れが発見されることもあります。

>