Z900rs ハンドル。 Z900RSのハンドル変更ならアクティブの「コンバーチブルステムキット」「トップブリッジキット」がオススメ!

Z900RSのハンドル変更ならアクティブの「コンバーチブルステムキット」「トップブリッジキット」がオススメ!

構造変更申請を行い車検証の記載事項を変更しない場合公道使用不可となります。 走行時のハンドルに伝わる細かい振動を少しでも軽減するために ハンドルバーの中にはウエイトを入れたり、グリップエンドは 重い物をおすすめいたします。 6 バーハンドル用」は5万8,000円。 今回使用するハンドルと純正の比較。 あなたの好みはあなたにしか分かりません。 左右ミラーボルト等と共締めして取付。

>

Z900RSのハンドルバー交換 ハリケーン コンチⅡ型 コンチハン

何かの仕様変更か何かで、取り付けが出来ない状況になっているようです。 ハンドルとトップブリッジは単体でも販売する。 写真は試作段階のG-STRIKERセパレートハンドルキット。 場所がバッチシきまったので、元に戻していきます。 こちらのハリケーン製のコンチハン2型にしました。 これがスペーサー。 カラーズインターナショナルの代表であり、開発チーフも務める新さん自身が走ってパーツをテスト。

>

Z900RSのハンドルバー交換 ハリケーン コンチⅡ型 コンチハン

ハンドルバーを高い物を選んでしまうと、ケーブルやホース類が 届かなくなり、長いケーブルやホースの交換が必要になるので、 費用がかさむために、あまりおすすめしていません。 ゼファーなどでも定番だったゴールドのセパハンがハリケーンから出ていて、すぐにでもセパハンカスタムを楽しむ事が出来ますよ。 Z伝説の再来という事で、カワサキの名車 『Z1、Z2』が現代に蘇ったとされてカワサキファンは大興奮ですね。 こんにちは、プレジャーの店長でございます。 排気音が変わって迫力があがったり、心地の良いサウンドに変わるのはもちろん、純正には無いカッコ良さをカスタムマフラーは備えています。

>

Z900RSのハンドル変更ならアクティブの「コンバーチブルステムキット」「トップブリッジキット」がオススメ!

ノーマルケーブル類のままで取付出来るが、長さが気になる場合は発売中の5cmショートのスロットルケーブル、クラッチケーブルも使用可能。 これがコンチ2型ハンドル。 ステーの高さは22mm(従来タイプは52mm)とコンパクト設定。 ハンドルバーを低い物に交換してしまうと、ハンドルを左右に 操作した時に、ハンドルスイッチなどがタンクに当たるので、 ハンドルチョイスは重要です。 2mmのハンドルで、スイッチ穴加工済み。 アルミ異形目の字断面のG-ストライカー・スイングアームを装着。

>

Z900RSのハンドル交換

1A 防水キャップ付 接続機器を自動で認識し、最適な充電方式を選択。 ちなみに私はバイクが被るのを嫌う方ですw 人気車種となってくるバイクに乗っていると、自分と同じバイクに会う機会も増えてきます。 」というコンセプトでステップキットやエキゾーストなどを開発している。 ブラウンとブラックの2色から選べるアルミビレットのフェンダーレスキット。 Z900RSの純正より細くなり、クランプのとこのパイプに隙間ができてしまうので、こちらのセットはクランプに噛ませる スペーサーが付属しています。

>

【新製品】ハリケーン、Z900RS用「コンチ2型ハンドルキット」とクランプバーなどの汎用製品を新発売

これで完成! 完成しました!分かりづらい比較画像ですが、純正はこちら。 なお、両製品共にバーハンドルは別売りとなるので注意しよう(価格は全て税抜き)。 車幅が変わりますので、記載変更は必要になりますが、 乗りやすいライディングポジションになり、たくさんのライダーから ご好評いただいておりますよ。 そして1人1人が思う事は様々で… 同じバイクだ テンションあがるー! 同じバイクだ 人とバイクがかぶるのってやだなぁ… という様に人によって、自分と同じバイクを見た時の感想は違います。 (ポジションによりケーブルガイドステーの加工が必要です。

>

Z900RSのハンドル変更ならアクティブの「コンバーチブルステムキット」「トップブリッジキット」がオススメ!

4つのポジションから好みの位置を選択でき、逆シフトにも対応する。 各ディテール紹介 カスタムを楽しむ一般ユーザーのことを第一に考え、リリースするパーツはボルトオン装着が可能で、各種法規をクリアすることを基本に開発を進めている。 デイトナはかなりたくさんのバイクパーツを展開しており、安くて信頼性もあるのでユーザーもかなり多い会社なので 「安いから不安」 なんてことはありません。 マットブラックカラーが かなりいい感じでかっこいいね! そうだね、ヨシムラの マットブラックは結構定番で人気も高いんだよ。 タンクに干渉するギリくらい。 という事で、今回はフルノーマルでもかなりカッコイイ「Z900RS」をもっとかっこよくできるカスタムパーツが続々と登場しているので紹介していきます。

>