公爵 さま は 女 が お 嫌い。 公爵さまは女がお嫌い! 合本版【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】【電子書籍なら、ドコモのdブック】秋桜ヒロロ, 涼河マコト|ジュリアンパブリッシング

公爵さまは女がお嫌い! フローライトさんの感想

そして、先ほどとは打って変わった声色でティアナ達に恭しくお辞儀をしてみせる。 そうして、ヴァレッドとレオポールの関係に想いを馳せた。 「俺は別に寝相が悪いからこういうことを言っているんじゃない!」 「あら? じゃぁ、どうしてですか?」 本当にわからないと首を傾げるティアナに、ヴァレッドは小さく唸り声を上げた。 フェアリーキス『公爵さまは女がお嫌い!【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】』が絵ノベルで登場!. そんな彼女が嫁ぐことになったのは、なんと女嫌いと有名な公爵さま! 夫婦と呼ぶにはかなり難ありな二人なので、続編で続きがみられると嬉しいです。 私は大丈夫ですわ。 緊急用なのか木の箱には干し肉も入っており、夜を明かすだけなら十分に可能だった。

>

公爵さまは女がお嫌い!(桜川ヒロ / 秋桜ヒロロ)

それは、まるで頰にキスをする直前の格好だった。 そんな相手に一介の侍女であるカロルが声を荒らげるというのは本来ありえないし、そんなことをすれば、主人であるティアナに叱責が及ぶかもしれない。 「最初は俺がソファーで寝ようかとも考えたんだが、どうせ君のことだから『私もそちらで!』とか言い出しかねないだろう? だからこうしてみようと思うんだが……」 赤い顔で眉間に皺を寄せたまま、彼は言葉を続ける。 なので、まだ頭がぼーっとしていまして……」 ダメですね、と笑うティアナに、カロルは「咳止めを追加しておきますね」と優しく声をかける。 「もう、本当に、本当なんですっ! だからこれからは夫婦仲睦まじく、ヴァレッド様ときゃっきゃうふふ、してください! じゃないと本気で私の老後が……仕事漬けの毎日に……」 レオポールの目尻に涙が浮かぶ。 「ダメですわ、カロル。 (ヴァレッド様大丈夫です! 私、お二人の関係を応援いたしますわ! あんなに優しいヴァレッド様が、私が嫁いできたせいで不幸になるなんて、あってはならないことです! 大切な奴だ」 「まあぁ! 家族のようにですか! 」 ティアナはまるで弾かれたように顔を上げると、ヴァレッドの身体をぺたぺたと触り始める。

>

公爵さまは女がお嫌い!【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】【電子限定描き下ろしイラスト&著者直筆サイン入り】

・゜・。 妹の行為は最悪だけど、ヒロインの妹にいくら誘惑されたからといって、いわく付きの妹の誘惑に結婚式の翌日に乗るようなクズな幼馴染みの男性と結婚生活が続いてなくて良かった。 何の話だ?」 「恋愛の話ですわ! 私、お二人はとってもお似合いだと思っております!」 まるで慈しむような瞳をヴァレッドに向けて、ティアナは微笑む。 ティアナも後を追うようにその隣に身を寄せた。 お前もだ、女、臭いがうつっている。 カロルは何度も吐き出しそうになる怒りの声を、ぐっと押し込めた。 そんなヴァレッドとは対照的に、レオポールは焦りを露わにした。

>

公爵さまは女がお嫌い! 合本版【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】【電子書籍なら、ドコモのdブック】秋桜ヒロロ, 涼河マコト|ジュリアンパブリッシング

妹のせいで、ろくに外出も出来ず、やりたいこともさせて貰えず、その環境でいかに生き抜いていくかという精神崩壊の危機に、祖母の言葉が支えとなり、周りの人達からすれば、タメ息が出るレベルの前向きさで、生きていくしかなかったヒロインが哀れでした。 瞬間、彼の額に冷や汗が滲む。 そんな彼女が嫁ぐことになったのは、なんと女嫌いと有名な公爵さま!事実公爵ことヴァレッドは女であるティアナに嫌味や皮肉をぶつけるけれど、ティアナはこの結婚にとっても前向き。 ヒロインが突き抜けてポジティブ過ぎるのは、結局周りの人たちが誤解や思い込みだとわかっていても途中で理解させるのをあきらめてしまっている結果でしょう。 「君が目覚めたらここから出ようと思っていたが、この調子では無理そうだな。

>

公爵さまは女がお嫌い!

ティアナはそのことに思い当たり、窺うような声を出した。 レオポールはそんな狼狽える主人に大股で詰め寄った。 ティアナは頰を真っ赤に染めて、毛布で身体をくるりと覆った。 そして、おもむろにソファーの上にあったクッションや互いの枕などをベッドに並べ始めた。 」 「……それは嫌だ」 「なら大人しくなさっていてください。

>

公爵さまは女がお嫌い!【初回限定SS・電子限定SS付】【イラスト付】

「ヴァレッド様がティアナ様とご一緒に寝れば良いんじゃないでしょうか? もう結婚なさっておられるんですよね? お二人とも」 「なっ!」 先ほどの意趣返しのような発言に、ヴァレッドは頰を引きつらせる。 四人ならば何か口実をつけて逃げ出せるかもしれないが、二人ならばそうは行かない。 「私、服を着ていませんわ! 下着姿です! 色々な考えの方がいらっしゃるでしょうが、私は自分がどれだけの種類の本を読んだかではなく、読んだ量や、何回読んだかいつ読んだかまで把握しておきたいたちなのです。 「今日は一緒に寝てやれ。 定期的に読書しないと禁断症状が出る読書好き、フローライトと申します。 では、自己紹介はこのあたりで。

>