薬効 分類 番号。 KEGG BRITE: 医療用医薬品の薬効分類

ハイリスク薬一覧

大分類0-• 625抗ウイルス剤• 326臓器製剤• 222鎮咳剤• 520漢方製剤 その他の生薬及び漢方処方に基づく医薬品 [ ]• 医薬品コードの現状と今後 ここで紹介した他にも、医薬品の承認時や市販後の調査、副作用の報告など様々な分野で体系の異なる医薬品コードが用いられていますが、それぞれの分野の中で標準化されてきたことから、異なる種類のコードとはスムーズな紐付けができず、連携が難しいという問題があります。 中分類48-• 430 アレルギー用薬 [ ]• 265寄生性皮膚疾患用剤• 数字とアルファベットにより以下のような構成となっています。 「抗悪性腫瘍剤」には、薬効分類上の腫瘍用薬のほか、インターフェロン、酢酸リュープロレリン等の悪性腫瘍に対する効能を有する薬剤が含まれる。 中分類54-• 239その他の消化器官用薬 ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む) [ ]• 395酵素製剤• 273歯科用鎮痛鎮静剤(根管及び齲窩消毒剤を含む)• 薬剤分類情報閲覧システム 薬剤分類情報閲覧システム このページでは「分類名」と「品目名」から、 薬剤分類情報について検索することができます。 317混合ビタミン剤(ビタミンA・D混合製剤を除く)• WHOのATC分類は、欧州医薬品市場調査協会(EphMRA)の分類法をベースとして新たに作成されたものです。

>

ハイリスク薬

124鎮けい剤• 412色素製剤• 276歯科用抗生物質製剤• 対象は官報で薬価基準に収載された品目に限られています。 「免疫抑制剤」には、抗リウマチ薬のうち、メトトレキサート、ミゾリビン及びレフルノミドは含まれるが、金チオリンゴ酸ナトリウム、オーラノフィン、D-ペニシラミン、サラゾスルファピリジン、ブシラミン、ロベンザリット二ナトリウム及びアクタリットは含まれない。 中分類59-• 394治療剤• しかし、よくよく見てみると、「」なるものが存在する。 中分類56-• 623抗剤• 中分類70-• 中分類20-• 614主としてグラム陽性菌、に作用するもの• 617主としてに作用するもの• 中分類19-• 268浴剤• 中分類13-• 274歯髄乾屍剤(根管充填剤を含む)• 745細菌学的検査用薬• 743生化学的検査用試薬• エクセル形式のものはないのかと探してみた が、ない。 中分類83-• 397総合代謝性製剤• 中分類96-• GTINのバーコードでの使用例とJANコードとの関係を、ロサルタンカリウム錠25mg「アメル」を例に下図で説明します。 1日1回という用法が多いですが、添付文書上1日1回の用法は睡眠障害の適応になるので、算定できないだろう。

>

ハイリスク薬

264鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤• 719その他の調剤用薬 診断用薬(体外診断用医薬品を除く) [編集 ]• 729その他の診断用薬(体外診断用医薬品を除く) 公衆衛生用薬 [編集 ]• 323糖類剤• 免疫抑制剤 245副腎ホルモン剤 薬効分類245「副腎ホルモン剤」に属する副腎皮質ステロイドの内服薬、注射薬及び外用薬は含まれるが、副腎皮質ステロイドの外用薬のうち、その他の薬効分類(131「眼科用剤」、132「耳鼻科用剤」、225「気管支拡張剤」、264「鎮痛、鎮痒、収斂、消炎剤」等)に属するものについては含まれない。 中分類75-• 薬価収載品目毎に付与されて折り、このコードは、統一名収載コードにも、その中の YJコードにも別々に付番され、また、薬価削除した品目について、経過措置期間が終了すれば、 その品目のレセプトコードが記載されていれば、コンピュータ処理上で撥ねられることとなります。 中分類36-• この中のので、データベース自体は存在するようだ。 113抗薬• 267毛髪用剤(発毛剤、脱毛剤、染毛剤、養毛剤)• 中分類90-• 311及び剤• 医療用医薬品には、関連する複数のコードが存在しています。 316剤• 214降下剤• 中分類32-• 中分類25-• 325タンパクアミノ酸製剤• ・品目名情報を令和2年9月16日に掲載いたしました。

>

薬効分類番号一覧

616主として抗酸菌に作用するもの• 中分類40-• むろん、保険医療に使われる(使われていた)薬品は電子点数表に一覧で出ているので問題なし。 392解毒剤• 不整脈用剤 212不整脈用剤 「不整脈用剤」には、薬効分類上の「不整脈用剤」が該当するほか、それ以外の薬効分類に属する医薬品であって不整脈に対する効能を有するものについて、当該目的で処方された場合が含まれる。 中分類58-• この先頭の0はインジケータではなくリーディングゼロといいます。 中分類77-• 331血液代用剤• 223去たん剤• 中分類43-• タケプロンOD錠15mgの場合は、先発品で一般名収載品目でないため、薬価基準収載医薬品コードと同じ「2329023F1020」となります。 コードの各桁の意味を、ロサルタンK錠25mg「オーハラ」を例に下図で説明します。 233健胃消化剤• 321剤• 329その他の滋養強壮剤 血液・体液用薬 [編集 ]• 251泌尿器官用剤• 622抗剤• 中分類99-• 統一商品コード 医薬品のメーカー名、販売包装単位などを表すコードになります。

>

いろいろな医薬品コード|情報で医療をささえる データインデックス株式会社

246剤• 214降下剤• 133鎮暈剤• セルシンはハイリスク薬じゃない? (問) 薬剤管理指導料の「2」の対象となる「精神神経用剤」には薬効分類112に属する「催眠鎮静剤、抗不安剤」は含まれるか。 396用剤• 642駆虫剤• 日本ではJANコード、ヨーロッパではEANコード(イアンコード:European Article Number)と呼ばれており、米国やカナダでは基本的な仕組みが同じUPC(Universal Product Code)が使われています。 117精神神経用剤• 139その他の感覚器官用薬 個々の器官系用医薬品 [ ] 循環器官用剤 [ ]• なお、主な適応症については分類作業上のものであり、薬事法上承認されている効能・効果とは必ずしも一致しないのでご注意ください。 290その他の個々の器官系用医薬品 代謝性医薬品 [編集 ] ビタミン剤 [編集 ]• 629その他の化学療法剤 生物学的製剤 [編集 ]• 714矯味、矯臭、着色剤• 118総合感冒剤• 729その他の診断用薬(体外診断用医薬品を除く) 公衆衛生用薬 [ ]• 大分類6-• 232消化性潰瘍用剤• 一方で海外の動きとしては、医薬品規制調和国際会議(ICH:International Council for Harmonisation of Technical Requirements for Pharmaceuticals for Human Use)による検討の結果、国際的な標準規格であるISO-IDMPが策定され、実装に向けた取り組みが進められています。 744免疫血清学的検査用試薬• 215補強剤• 標榜薬効 [ ] 薬効は日本標準商品分類番号に従って分類されているものである。

>

医薬品の薬効分類

111全身剤• 421アルキル化剤• 中分類10-• 211強心剤• 234制酸剤• 271歯科用局所麻酔剤• 275歯髄覆罩剤• 中分類91-• 241ホルモン製剤•。 635生物学的試験用製剤類• 819その他のアルカロイド系麻薬(天然麻薬) 非アルカロイド系麻薬 [編集 ]• 274歯髄乾屍剤(根管充填剤を含む)• 233健胃消化剤• 332止血剤• ・薬剤分類表改訂追加第10版を令和2年9月16日に掲載いたしました。 ステロイド プレドニンやデカドロンなどのステロイドは免疫抑制剤としてハイリスク薬に並べられていますが、正直算定してよいのかどうか微妙なケースも多い。 216血管収縮剤• このときジェネリックは数品目存在しますが、ランソプラゾールOD錠15mg「サワイ」であってもランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」であっても同じ「2329023F1020」となります。 1日3回で1日3mgという用量であれば「うつ病」に使われている可能性も高いので、算定は可能とも読めるが、うつ病にデパスだけで対応するケースは無い。

>