生き馬 の 目 を 抜く 意味。 「生き馬の目を抜く」の意味とは?意味や使い方を解説!

生き馬の目を抜くの意味とは?その使い方や例文は?

生き馬の目を抜く作戦で見事に苦難を乗り切ったのは、さすがだ! 「苦難を乗り切った」ので「さすがだ!」と褒められていますが、これは珍しい例ですね。 従って、それ以前の平和な大学に育った老教授たちは、ゆったりと静かな思索を好んで、生き馬の目を抜くような昨今の論文製造競争には肌が合わないのである。 ついでに他の用事を済ませる「行き掛けの駄賃」 「行き掛けの駄賃」とは、「用事のついでに、他の用事も済ませてしまうこと」を意味することわざです。 したがって、馬をもらった時に馬の口を確認するということは贈り物の価値を確認しているのと同じことなのです。 あなたの会社は「生き馬の目を抜く」ような競争があって大変ですね! 2. He is very shrewd. 生き馬の目を抜くとは「 生きている馬の目を抜き取るほど、すばやく物事をする。 「目を抜く」とは「 人目をごまかす」を意味をします。

>

生き馬の目を抜く(いきうまのめをぬく)

油断大敵 「油断ならない」という意味の「生き馬の目を抜く」の類語には「油断大敵」があります。 「良い人だけでなく悪い人もいるよ」と、注意する言い回しとして、「生き馬の目を抜く東京」が使われます。 人前では謙遜しているのですが、実は陰では努力をしたり、根回しをしているのでは、と思われる時の表現です。 。 えぐって中の物を出す」という意味で「抜く」と同義です。

>

「生き馬の目を抜く」の意味

他には「相手が大変ずる賢いため、油断できない、隙を見せることが出来ない様子」という意味があります。 特に生き馬の目を抜くというマスコミの世界で働く人において。 類似のことわざに『生き牛の目を抉る』もあり、古来から馬・牛が日本人の生活の身近にいた家畜である事が伺われる。 他人を出し抜いて利益を得るさま。 今回は「生き馬の目を抜く」は詳しい意味と使い方、類語、対義語、英語表現を解説していきます。

>

「生き馬の目を抜く」の意味と使い方、語源、類語、反対語、英語表現を解説

「油断ならない様子」という意味で使われる表現としては他に「猫に鰹節 ねこにかつおぶし」や「猫に魚の番 ねこにさかなのばん」がありますが、これらの表現は「問題が起きやすい状態にしてしまうこと」、という意味もあります。 … 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』 より引用• ということで「生き馬の目を抜くような世の中」といった場合、「目まぐるしく、油断のならない世の中」といった意味になることが分かるのではないでしょうか。 … 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』 より引用• お金によっては手に入れても無くなるよという話「ことわざ悪銭身に付かずの意味は?類語や英語表現についても」はです。 意味 動きが早くずるがしこいので、油断も隙もないこと。 そこから徐々に「馬の耳に風」と言われるようになっていき、いつしか「風」が「念仏」という言葉に変わりました。 「馬子」とは、「馬の子」ではなく「馬に人や物資を乗せて運ぶ役割」の人を指しています。

>

「生き馬の目を抜く」の意味とは?由来や類語を紹介(例文つき)

故事が由来してできたのではなく、「生きた馬の目をくり抜く様子」という比喩表現から出来上がりました。 わたしには上手くやっていく自信がない• 本当にたくさんあるので、ほんの一部しかご紹介できていません。 生き馬の目を抜く出版業界で、彼はトップの成績をたたき出した。 [類義のことわざ] 生き牛の目を抉る(いきうしのめをくじる), 生き馬の目を抉る(いきうまのめをくじる) [英語のことわざ] [用例] ITベンチャーのCEOである彼は今や『生き馬の目を抜く』勢いで、事業と個人資産の拡大を続けているようだ。 現代はたとえ戸締りをして家で過ごしているとしても、家の中の電話で騙されてしまうことにもなりかねないので、ある程度の用心が必要な生き馬の目を抜く時代なのかもしれません。 それらとは異なり「生きている馬の目を取ってしまうくらいに素早く行動すること」という早い行動を意味することもあるようです。 ビジネスでは人から妬まれている時に使われることもあるのです。

>

生き馬の目を抜く

どんな動物が出てくるのか調べてみる。 意味をご存じだった方は然程でもないかもしれませんが、初めて意味を知ったという方にとっては衝撃の意味ではないでしょうか。 語源は例えからきていますが、ちょっとグロテクスですよね。 日本語にすると「水は眠っても、敵は眠らない」という意味があり、「油断できない様子」を意味しています。 元々は「生き牛の目を抉る」ということわざがあり、牛よりも馬の方が素早いため、強調表現として「生き馬の目を抜く」が言われるようになりました。 「馬子」の職に就くのは身分の低い人達で、普段の身なりは働きやすく汚れきっている服装でした。

>

生き馬の目を抜くの意味!語源には意外な真実があった!

この点は「生き馬の目を抜く」とは異なります。 「生き馬の目を抜く東京」は「油断のならない街」という意味 「生き馬の目を抜く」は人だけではなく街や業界に対しても使います。 「生き馬の目を抜く」には「他人を出し抜く」といった意味もあるが、「目を抜く」から「抜け目ない」が連想されたものか定かでない。 たくさんの人がいれば、「他人を出し抜いて利益を得ようとする者」や「生じた隙に入り込もうとしてくる者」がいてもおかしくありません。 生き馬を出し抜くほどと言われる上司とは一緒に働きたくない。 現代からことわざや慣用句がうまれるとしたら、スマホやパソコン・車なんかが登場するんでしょうか 笑 生き馬の目を抜くの使い方・例文! では、使い方を学ぶために次は例文を作っていくことにしましょう。 catch a weasel asleep 「生き馬の目を抜く」を和英辞典で調べると「catch a weasel asleep」がよく出てきます。

>