パティスリー レザ ネ フォール。 【閉店】パティスリーレザネフォール HINKA RINKA銀座店 (Patisserie Les annees folles)

【閉店】パティスリーレザネフォール HINKA RINKA銀座店 (Patisserie Les annees folles)

焼き菓子やマカロンもオススメですがアートのような美しい ケーキは色も鮮やかで形も素敵で目でも舌でも楽しめます。 その後、「パークハイアット東京」で横田秀夫氏(現「菓子工房オークウッド」オーナーシェフ)と、日本を代表する重鎮パティシエの教えを受けた若手のお一人です。 2006年ジャパンケーキショー東京の大型工芸菓子部門で連合会会長賞受賞、2008年フランス・ガストロノミック・アルパジョン・コンクール優勝など、国内外のコンクールで数々の受賞歴もお持ちです。 2012年には再び渡仏して、パリで注目を集める「パティスリー セバスチャンゴダール」でも働いています。 では、から、そんな菊地シェフによるお薦めのお菓子をご紹介していきます。 「グランドハイアット・シンガポール」やフランスの「パークハイアット・パリ・ヴァンドーム」に勤務し、帰国して2009年「パティスリー ガトーナチュレール」のシェフパティシエに就任。

>

【閉店】パティスリーレザネフォール HINKA RINKA銀座店 (Patisserie Les annees folles)

焼き菓子はお取り寄せで購入可能な物もあるので 遠方にお住まいの方もぜひお楽しみ下さい。 今回は恵比寿と代官山の間にある私のお気に入りの洋菓子店 Patisserie Les annees folles をご紹介します。 。 パティシエの菊地賢一さんがこの時代をテーマにした レトロモダンな洋菓子が店内には勢揃いしています。 「パティスリー レザネフォール」の菊地賢一シェフ オーナーシェフの菊地賢一氏は、「パティスリー アルパジョン」「ヴォアラ」「季の葩」といった各店で棟田純一氏に師事。

>

エクセレントギフト

どれもアーティスティックで美味しいケーキですが 特にオススメはノワゼット・カフェ 490 円 税別 です。 Les annees folles (レザネフォール)とは、フランスの 1920 年代の時代を指す言葉で、この時代はクラシックから モダンスタイルへ変わる繁栄の時代だったそうです。 。 。 。

>

エクセレントギフト

。 。 。 。 。

>

パティスリー レザネフォール 中野店

。 。 。 。 。 。

>

口コミ一覧 : パティスリー レザネフォール 恵比寿本店 (Patisserie Les Annees Folles)

。 。 。 。 。 。 。

>

パティスリー レザネフォール 中野店

。 。 。 。 。 。

>