角田 f2。 角田裕毅に朗報。スーパーライセンス獲得条件緩和で日本人F1ドライバー誕生の可能性広がる(オートスポーツweb)

角田裕毅

チームに本当にお礼を言いたい、自分をサポートしてくれる人に感謝を言いたい。 その後、2位にルノージュニアのガンユー・ジョー選手が上がってきて角田選手に追いついてくる。 2021年には鈴鹿で、日本のモータースポーツファンの皆さんの大歓声に包まれて走れることを願っています — Yuki Tsunoda yukitsunoda07 「F2最後のレースは2位、年間ランキング3位で閉幕となりました。 プロフィール [ ]• 新東京NTCカップシリーズ ヤマハカデットオープンクラス(シリーズチャンピオン)• 2020年を含む4年間のうち、いずれかの3年間に蓄積された最大ポイント数が対象となる」 「さらに、さまざまに理由により40ポイントを取得できなかったドライバーについてはFIAによってケースが検討される。 最後にいいかたちのレースができて、結果としてランキング3位となり、目標であるSLの条件をクリアできたことはとても嬉しいですし、これまでサポートしてくれたチームや関係者のみなさんには、とても感謝しています。 なお、このレースでミック・シューマッハが7位、ロバート・シュワルツマンが5位に入ったことで、2人が所属するプレマ・レーシングがチームチャンピオンを確定させている。

>

来季F1昇格が期待される角田裕毅、今季F2をシリーズ3位で終了

明日のレースも優勝できるようにかんばりたい」と述べ、優勝の興奮を隠しきれない様子だった。 学べることをすべて吸収し、確実に自身の成長につなげたいと考えています」とコメントしている。 6 16 佐藤万璃音 トライデント 26 17 ショーン・ゲラエル DAMS 26. ホンダのF1活動終了という残念なニュースもあるなか、日本のF1ファン、モータースポーツファンの期待は角田の走りにかかっている。 11位まで順位を下げるが、タイヤをいたわりながら順位を上げる スタートで11位に順位を落とした角田選手は、徐々に追い上げて6周目にはマゼピン選手を追い越し8位に上がる。 角田は11月上旬、レッドブル系列で同じくホンダ製パワーユニットを搭載してF1を戦っているチーム、「アルファタウリ」の2018年型マシン(トロロッソSTR13)でのテストも経験済み。 順位 ドライバー チーム 周回数(2位以下は1位とのタイム差) 1 角田裕毅 カーリン 48 2 ガンユー・ジョー ユニビルトーシ 5. FIA F2最終戦サヒール(バーレーン・インターナショナル・サーキット)レース2のスプリントレース(34周)で、ホンダとレッドブルの育成ドライバーの角田裕毅(Carlin)が8番グリッドからスタートし、オープニングラップで12番手まで落としたものの、力強い走りで着実に順位を上げていき2位表彰台を獲得した。

>

来季F1昇格が期待される角田裕毅、今季F2をシリーズ3位で終了

2015年以前、F1に参戦していたドライバーは低年齢化が進み、それと同時にレースで荒々しいドライビングや大クラッシュを喫するドライバーが増えていった。 トップグループでは3位を走っていたミック・シューマッハ選手が、チャンピオンを争うアイロット選手に抜かれてしまう。 スーパーライセンスポイントを取得するための条件には、年齢や運転免許証の保持、現行F1マシンでの走行経験が300km以上など細かな規定が定められているが、そのなかに『直近3年間で合計40ポイント以上のスーパーライセンスポイントを獲得すること』という事項が記載されている。 759 18 20 ミック・シューマッハ プレマ 34 28. JAFジュニアカート選手権 FP-Jrカデットクラス(シリーズ6位)• これで角田選手は優勝の25ポイントに、ポールポジションの4点と合わせて29点の荒稼ぎ、合計186点となりランキング3位に浮上した。 2013年• やはりF1への道はいつの時代も険しく、現に今季F2で最終大会のレース2まで王座獲得の可能性を残して戦い、シリーズ2位となったアイロットは来季のF1レースシート獲得がほぼ絶望とされる。

>

角田裕毅選手、F2最終戦を2位で年間ランキング3位 ミック・シューマッハ選手が年間チャンピオン獲得

最後のバーレーン2連戦は人生を左右する大一番になる。 Carlinチームで自身初のF2シーズンを戦った日本の20歳、角田裕毅(つのだゆうき)。 アルファタウリ・ホンダの来季レースドライバーにはピエール・ガスリー(今季イタリアGP優勝者)の残留が決まっているが、残り1シートの発表はまだない。 レースに優勝したのは角田選手のチームメイトのジェハン・ダルバラ選手。 2021年には鈴鹿で、日本のモータースポーツファンの皆さんの大歓声に包まれて走れることを願っています」 小林可夢偉以来となる日本人F1ドライバー角田裕毅の誕生はまもなく発表されることだろう。

>

角田裕毅に朗報。スーパーライセンス獲得条件緩和で日本人F1ドライバー誕生の可能性広がる(オートスポーツweb)

ハルナカップシリーズ ヤマハカデットオープンクラス(シリーズ2位)• 太字は、 斜字は。 615 5 21 ロバート・シュワルツマン プレマ 34 7. 角田は「(11月のテストと違い)他のチームと一緒に走る公式テストで2020年型マシンに乗ることになるので、本当に待ち遠しく感じています。 11月上旬のテスト時に陣営首脳がテスト後のコメントで明言していたことが正式アナウンスを迎えたかたち。 2020年のFIA-F2選手権が、F1サクヒールGPと併催の第12大会(12月4~6日)にて終幕。 関連項目 [ ]• 新東京NTCカップシリーズ ヤマハカデットオープンクラス(シリーズチャンピオン)• 角田選手はタイヤの使い方に定評があるだけに、この調子でタイヤをセーブしながら前を追いかけて行くことが期待された。 2005年 - 4歳にてカートを始める• ファステストラップは角田選手がマークしているため、アイロット選手としては優勝を目指すしかない(その後ファステストラップはミック・シューマッハ選手がマークしたが、入賞しない限り、ポイントは与えられない)。

>

角田裕毅に朗報。スーパーライセンス獲得条件緩和で日本人F1ドライバー誕生の可能性広がる(オートスポーツweb)

これで4点を加算し、この段階でランキングを4位に上げた。 身長: 161cm• でも、F1に参戦するためにはストーブリーグでの最終的な勝利が必要だ。 051 13 11 ルイ・デレトラズ チャロウズ 34 20. Merci Anthoine — Yuki Tsunoda yukitsunoda07 F2最終戦を終えたばかりの角田は、SNSで次のように述べた。 585 6 14 ジュリアーノ・アレジ MPモータースポーツ 34 9. 今シーズンのFIA-F2選手権は10大会20レースが終了しており、残すレースは11月27~29日と12月4~6日にバーレーンで行われる2大会4レースとなった。 トップグループはタイムが上がらず、8位の角田選手はトップグループに追いついていく。

>

【F2ランキング】角田裕毅、今季3勝目でランキング5位確定!F1への昇格ほぼ確定

今シーズンもたくさんの応援、ありがとうございました。 TOP FOUR WITHIN JUST OVER A SECOND. チャンピオン争いはシューマッハ選手、アイロット選手のどちらもノーポイントに終わり、レース前のランキングどおりでミック・シューマッハ選手がチャンピオンとなり、来年のハースからのF1デビューに向けて華を添えることになった。 レース終了現時点で角田はランキング3位に浮上。 JAF全日本カート選手権 KFクラス(シリーズ4位)• ただ、3位とは5点差、4位とは2点差の大接戦状態で、3位は充分に射程圏内である(F2は1大会最大48点獲得可能)。 角田選手はファステストラップポイントも獲得し(ファステストラップはシューマッハ選手がマークしていたが、入賞した選手の中では角田選手が最速)、ポイントを200点に伸ばし、アイロット選手に後1点と迫る価値のある3位となった。

>