レストレポ 前哨 基地。 レストレポ前哨基地 PART.1 : 作品情報

レストレポ前哨基地 PART.1のレビュー・感想・評価

同月、マイヤーのワナトの戦闘における行動に対してが授与された。 もう1つは連合軍に対する攻撃の発射台になっているパキスタンの連邦直轄部族地域の過激派の安全地帯をもっと上手く撃滅しなければならない事である。 この小規模な監視所は基地から50〜70メートル外側の木の下の岩の間に寄り添うように置かれていた。 以前救命医療のドキュメンタリを観たときと似た感情にも度々重なるが、自分の命すら担保なく、彼らのドライブ感に酔いかける。 毎回、素材を持ち帰ってはコピーして、記録を付けました。 映像は、レストレポ基地周辺での実際の映像と、本国に帰還した兵士たちへのインタビューで構成されている。

>

アフガンの米軍兵に密着した記録映画、監督の1人は戦地で落命

2008年• ブロストロームの父親で、陸軍退役大佐のデイビッド・P・ブロストロームはウェブ議員の事務所に陸軍の歴史報告書への注意を喚起した。 The Life and Time of Tim Hetherington』を完成後、ユンガーは編集に着手した。 薬物を使えば近い感覚を得られるのかもしれないが、しかし彼らの感覚で重視されていたのが、「仲間のために」という感覚だ。 C GOLDCREST FILMS, OUTPOST FILMS. これを兵士たちは経験したのだし、彼らほどではないにしろ僕らも経験しました。 彼らのバックグラウンドはさまざまで、入隊理由もバラバラです。 テイラー・スタンフォード一等兵は機関銃の射撃位置から吹き飛ばされ、隣に居たマシュー・フィリップス特技兵は手榴弾を投げた後、致命傷を負った。 これが戦争の真実である。

>

映画『レストレポ前哨基地』Part.1&Part.2公式サイト

Part 1• 連合軍は他の危険の兆候に気づいていた。 同時に報告書は砲火の下で行われた部隊の素晴らしい任務遂行にも言及した。 ヘリコプターに乗り、その後徒歩2時間を要し、ようやくレストレポ前哨基地にたどり着ける。 「あの生死を共にするような戦場で一緒に戦った仲間のためなら」という感覚が、恍惚感の源泉なのだ。 しかし第173空挺旅団司令官のチャールズ・プレイスラー大佐は2008年7月20日のインタビューで、その結論に対して明確に反論した。 何故か、タリバン兵が撮影した映像も挿入される(拘束した人間から奪ったのだろうか?) しかし、そういう「戦争」を感じさせる場面だけではない。 兵士達は既存の地形に合わせて基地を建設し、砂袋や鉄条網を配置し、ショベルカーを使って(壁になるほどの大きさの砂袋)に砂を詰めた。

>

【映画】「レストレポ前哨基地 PART.2」|長江貴士|note

兵士たちの派遣期間中、二人で(時に別々に、時に一緒に)延べ10回コレンガルに赴き、1度に最長1ヶ月滞在し撮影した。 ターリバーンはアメリカ軍の重火器を破壊し、アメリカ軍の戦線を突破し、大砲や航空機によって撃退される前に基地本体に突入した。 衝突した勢力 他 指揮官 マシュー・マイヤー大尉 シェイク・ドースト・ムハンマンド 戦力 米兵48人 アフガン兵24人 近接航空支援 兵士200 〜500人 被害者数 戦死9、負傷27(米) 戦死4(アフガン国軍) 戦死21—52、負傷45 (米国発表) ワナトの戦い(ワナトのたたかい)とは、2008年7月13日に東部のワーイガル郡クアム近郊で、などの数百人のゲリラ部隊がアメリカ軍部隊を襲撃した事件である。 当初、渓谷中腹の基地に駐留していた兵士たちは、1日数十回にものぼるタリバン側からの銃撃を避けるため、敵が攻撃拠点にしていた尾根に、新たな「レストレポ前哨基地」を完成させる。 だから銃弾の中闘っている仲間を守る】 【撃たれた人間は、自分のことは気にしていなかった。 2010年12月31日閲覧。 そして、概ね日本の戦争の描かれ方は、「お国のため」という感じになる。

>

レストレポ 〜アフガニスタンで戦う兵士たちの記録〜

別の100人の民兵は東の農場から監視所を攻撃した。 郡の長官の報道担当者によると、両人は24時間以内に釈放されたと言う。 Martinez, Luis 2008年7月14日. 「記憶を封印する」ようなことはしたくない。 プレイスラー大佐曰く、メディア報道は戦闘を説明する際に、小隊防御展開レベルを間違って説明をした。 そう感じる理由は、彼らが、質問に答える形とは言え「好きな武器」について答えたり、「戦闘中はアドレナリンが出る」「何にも代えがたい気分だ」というような発言をするからだ。 American Forces Press Service 2008年7月16日. JSalazar• 戦争は無くなった方がいいし、無意味で無益だと思っているが、同時に、戦争が無くなることはないだろうという気持ちもある。 兵士達は屈せずにやり通した。

>

これがアメリカによる“治安維持”という名の戦争の現実──映画『レストレポ前哨基地』|緊急公開が決定した戦場ドキュメンタリーの監督インタビュー

ヘリコプターによる攻撃は、ピックアップトラックのの荷台から発射される迫撃砲の間接射撃に対する反撃だった。 1』 アフガニスタン北東部の激戦地コレンガル渓谷で任務に就くアメリカ陸軍に、2007年から2008年にわたって密着した戦場ドキュメンタリー。 ターリバーンはクアムや周囲の農地からこのアメリカ軍前哨陣地やその監視所を包囲して攻撃した。 時 2008年7月13日 場所 , 結果 未決着、タリバンの攻撃は撃退。 2010年度 サンダンス映画祭グランプリ受賞作!(アメリカンシネマ・ドキュメンタリー部門) 『レストレポ』はアフガニスタンのコレンガル渓谷で任務に就くアメリカ軍小隊に密着した長編ドキュメンタリーである。 2008年7月19日閲覧。

>

【映画】「レストレポ前哨基地 PART.2」|長江貴士|note

最初の20分で4人が死亡し、少なくとも3人が負傷し、他もその後に死んだ。 Statement by "LTC Colonel Chris Cavoli, battalion commander of 1-32 Infantry in the Kunar valley in 2005—2006. 2010年12月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 4時20分 - 襲撃が始まり、迫撃砲やTOWミサイルが破壊される• 迫撃砲陣地の爆発により対戦車ミサイルが指令所に命中した。 2008年7月17日閲覧。 7月8日、チョーゼン中隊の第2小隊は日没後に地上強襲護送船団に分乗してブレッシング駐屯地を出発し、90分の旅程を経てワナトに到着した。

>

映画『レストレポ前哨基地』Part.1&Part.2公式サイト

戦闘の間、兵士達はUH-60ブラックホーク・ヘリコプターによる補給を受け、AH-64アパッチヘリコプターが援護射撃をした。 2010年4月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 7月4日 - アメリカ陸軍のヘリコプターが民間人を誤爆し、地元の医師など民間人17人を殺害し、住民感情が悪化• 2008年7月19日閲覧。 2009年10月12日閲覧。 陸軍参謀総長の将軍は、更に賞賛した。 7月9日、6人の技術者分隊がチヌークヘリコプターに乗って到着した。 オックスフォード大学文学部を卒業後、ウェールズ・カーディフ大学院でフォトジャーナリズムを学ぶ。

>