一 兆 ドル コーチ。 【書評】シリコンバレーの成功者に絶大な影響を与えた伝説のリーダーの教え「1兆ドルコーチ」が凄すぎた!(ビル・キャンベル)|りょうかん — Ryōkan Blog —

感想・要約【1兆ドルコーチ】4つの資質が30代リーダーに必要な理由は?|HassyBlog

どういうことかというと、勇気を与えているのに口が悪い。 ビルにしか成せない業だなと。 返報性とは、他人に借りがある状態は好ましくないので、何かお返しをしなければという性質の事です。 「自分を知ってもらっている」と感じる事は、安心と信頼を気付くことが出来るのですね。 もちろん同様に、自分の仮説を確かめるために本質的な問いかけを相手にぶつけてみて、その意見交換の中で新たな見方を発見し、より最適解に近づいていくことも。 エリック・シュミットが、「こんなことは、 歴史上誰もしたことがない」と称賛した伝説 のリーダー。 おそらく、こんなわたしだからこそ、 「人の記憶に残るリーダー」になりたい欲求が誰よりも強いのかもしれません。

>

1兆ドルコーチ

チームメンバー同士がお互いを興味深い人間として知ること• 「信頼関係を構築することに長けている人はビルの右にいない。 相手にとてつもない信頼を寄せ、高い目標を設け、勇気の伝道師になる。 単に意見を主張するだけでなく、質問を通じて思考を深めていくアプローチは立場が違うステークホルダーと議論する上でお互いに納得感を醸成していくために有効な手段だと思います。 「関係の質」を考える ビルと、この本の著者でもあるエリックは、ミーティングを旅の報告から始める、ということをしていたそうです。 隣の席の真面目なあの人が15時に突然立ち上がって歌いだして、そしたら課長がそれに合わせてハモリだして、どんどん歌う人が増えだして、サビに入る頃には職場が「ミージックマン」のステージみたいになってる状態を! で、終わったらまた仕事に戻る。 1兆ドルコーチから学んだこと まとめ 書籍「1兆ドルコーチ」には、他にもビル沢山のエピソードが書かれています。

>

1兆ドルコーチ

ジョブズと共にアップル帝国を築き、グーグルを巨大企業に導き、アマゾンの苦境を救ったビルだが、2016年に逝去。 換言すれば、「パンツを脱ぐ勇気」が肝心なんだと思います。 このミクロとマクロの視点を持ってこの章を読んでみると、 ・チームとしてどういう理想を掲げたいか? ・そのために個々人にはどう落とし込んでいけば良いか? など、チームで何かをする人の解決の糸口が見つかると考えております。 ウソつきは、コーチャブルではない。 グーグル元会長兼CEOのエリック・シュミットらが書いた世界的ベストセラー『』は、スティーブ・ジョブズからグーグル創業者のラリー&セルゲイ、またヤフーCEOやユーチューブのCEOまでが師事していた伝説的人物、ビル・キャンベルのリーダーシップの秘訣を紹介した1冊だ。

>

書評「1兆ドルコーチ」Google創業者の師匠のコーチングを学ぶ

笑) けれど、それを受け取った人は罵られている以上に愛を受けていたんです。 それは、 「 自分が死んだときに、1000人もの人が自分を唯一無二の親友だと思ってもらえるか?」ということ。 事実の解釈を変えるほうが得意である。 厳しい。 シリコンバレーにおいて、 〇Apple 〇Google 〇Amazon 〇Twitter 〇Youtube などドル箱企業のCEOや経営陣の支えとなってきたビル・キャンベル氏の「人」へのアプローチや考え方、価値観には学ぶところがたくさんあります。 旅行の話とか週末なにしたか何か苦手かとか、そういうのって「ムダ話」「仕事してない」として排除されがちだし、実際、忙しいとそういう時間にイライラしたりしてしまうこともあるんだと思うんです。 ビル・キャンベルが「コーチ相手」に求めた資質は何より、正直さと謙虚さだったという。

>

世界一のコーチですら「素直じゃない人は放っておけばいい」と思っていた。

この本に付けられている、一部のAmazonのレビューを見ても、「コーチャブルではない人」がどのような存在かはよく分かる。 そのような人たちをチームに固める。 「どこへ行く?」 「仕置き小屋だ」とビルは答えた。 「自分を知ってもらっている」と感じる事は、安心と信頼を気付くことが出来るのですね。 2019年11月14日に発売され、櫻井祐子さんが 訳を務めています。 努力し、学ぶ意欲がなければ、コーチングを受けても実行しないでしょう。 だがビル・キャンベルは、その一言でさっさと席を立った。

>

世界一のコーチですら「素直じゃない人は放っておけばいい」と思っていた。

ビル・キャンベルは1兆ドルにも値するコーチだった。 本書『1兆ドルコーチ』は、職場の同僚たち と上手く付き合う方法が知れたので、読んで 良かったです。 それでも、眠くなったのも事実です。 本音が「自分最優先」というわたしから脱皮ができない限り、わたしは、リーダーにはなれない、絶対に。 スタッフミーティング:最も重要な問題と機会について話す場 1on1で解決できそうなことをスタッフミーティングで話せば協力しあいながら解決するチームにすることができる。 誰かの前で恥をかかされる=開示の恐怖に繋がるからです。

>