国民 年金 保険 料 前納。 国民年金の前納はお得?2年前納の年末調整はどうする?

国民年金保険料の前納は現金・クレジット・口座振替どれがお得?

クレジットカードで払う 年金の支払いは「現金」「口座」「クレジットカード」「電子納付」の4つの方法が使えます。 将来いくらもらえるかは、加入期間に応じて決まります。 前納割引制度 保険料の納付期限は納付対象月の翌月末日ですが、まとめて前払い(前納)することにより割引を受けることができます。 その結果、重複する可能性が出てきます。 国民年金保険料をクレジットカードでお支払いできます。 前納によって保険料の割引を受けるためには、通常のものではなく 前納専用の納付書を使用する必要があります。 過誤納付または重複納付した場合 書類の行き違いや前納した月を含めて再就職をした場合など、過払い状態になることがあります。

>

国民年金の任意加入者は前納することができるのか?

前払いの方法はもちろん、現金納付以外の方法についても調べてみました。 年金を前払いし、それを返金してもらうためには、この点について注意しなければなりません。 ただし、以下の条件に当てはまらないと申請はできません。 付加保険料について 国民年金第1号被保険者・任意加入保険者 65歳以上の人を除く は、定額保険料に上乗せした金額を収めることで、年金額を増やすことができます。 保険料支払先の名称:日本年金機構• インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレフォンバンキングを利用する場合には、あらかじめ利用する金融機関と契約を結ぶ必要があります。 そのため一概にはいえず、前もっていくら、と決めるのは非常に難しいので、厚生年金は前納できない仕組みなのです。 しかし正社員などで厚生年金に加入するつもりのる人は、国民年金保険料を前納せず、月々支払っていく方法がおすすめです。

>

国民年金の前納はお得?2年前納の年末調整はどうする?

とはいえ、保険料の納付方法が少々制限されているぐらいで、前納することもできますし、付加保険料をつけることができるところは、一般の加入者となんら変わりはありません。 口座振替を希望する場合、「 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書」という書類を記入し、口座を持っている金融機関や年金事務所の窓口へ提出します。 (具体的な割引額は後述) 以前は「1年間分のみ前払い可」でしたが、平成26年4月より「2年分の年金前払い」ができるようになりました。 なお、年金の前払いが出来る期間は「6か月分」「1年分」「2年分」の3つです。 帰国し、日本国内に住所登録をした場合、国民年金は強制加入被保険者となり、手続きが必要になります。 この場合は、転職先で確定申告すれば、返金されますよ。

>

国民年金の前納はお得?2年前納の年末調整はどうする?

しかし年金の前払い・前納制度を利用すれば、年間の年金の支払額を節約が可能です。 しかし、月末以外の時期に退職した場合は、その月の国民年金保険料を払うことになるのです。 パターン1 未納になっていた平成28年分の保険料 未納になっていた平成28年分の保険料を、平成29年の間に納付した場合は原則として、平成29年分の所得から控除します。 2年前納・1年前納・6ヶ月前納前期の前納申し込みの締切日は2月末、6ヶ月前納後期の前納申し込みの締切日は8月末です。 保険料が割引される口座振替方法は下記をご覧ください。 クレジットカードで前納する場合 クレジットカードを利用して前納制度を使用する場合には、「 国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を記入し、最寄りの年金事務所の窓口に持ち込みまたは郵送で提出します。

>

国民年金の任意加入者は前納することができるのか?

前払いなら前納制度で割引される 国民年金を前払いすると、前納制度で割引されます。 そのため、所得に応じて保険料を全部または一部免除する制度があります。 しかし前払いをした後で年金の種類が変わった場合は、すでに納めた分を返金してもらう事はできるのでしょうか? いくつかのケースで見ていきましょう。 無職や所得が少ない人だと支払いが困難な場合もあるでしょう。 2年前納となると、金額が大きくなりますが、その分割引があり、メリットもあります。 「納付を待ってもらう」や「親に支払ってもらう」などの方法がありますが、どの方法を選ぶにせよ申請が必要です。 学生納付特例が認められても国民年金は払わないといけない 学生納付特例が認められると、国は国民年金の支払いを待ってくれます。

>

国民年金の前納制度とは? その内容のメリットとデメリットについて

(例)平成29年4月に2年分の国民年金の保険料を前納して、平成30年4月から厚生年金保険に加入する正社員になった場合 国民年金と厚生年金保険は重複して加入できないので、 1年分の国民年金の保険料は還付されます。 各年なら毎年1枚ずつです。 必要書類は年金事務所から取り寄せができます。 なお、口座振替の申し込みには、基礎年金番号の記入が必要なので、確認をしておきましょう。 2年ごとに前納していったとすると、国民保険料の控除も2年ごとになるというわけであり、翌年は国民年金保険料分の控除がなくなってしまいます。 ただし、証明書はまとめて初年度にきますので、失くさないようにしなければなりません。 いずれの方法を選択した場合であっても、年末調整において、所得者本人が納めた国民年金保険料について社会保険料控除を受けるためには、日本年金機構が発行した社会保険料控除証明書を給与所得者の保険料控除申告書に添付して、給与等の支払者へ提出又は提示することとなっています。

>