対々 和。 対々和(トイトイホー / トイトイ)とは? 面子を刻子のみで揃えると成立する2翻役

対々和(トイトイ) [ 2飜 ] [ 食いOK ] 麻雀役3分講座!

2飜役 対々和(トイトイホー) すべてのグループが刻子で構成されている 刻子を4面子揃えたときにつく役です。 略して「トイトイ」と呼ばれます。 一一三三三五五五八八八九九 ロン一 ・ツモれば役満ですが、、対々和、で倍満ですね。 自摸によって完成することも多く よく自模り三暗刻ともいう。 鳴いても鳴かなくても二 翻。

>

対々和(トイトイホー、トイトイ)を徹底解説

また、があれば満貫以上まで加速できるため、ある程度の手の変化は視野に入れつつ狙うと良いだろう。 カンツ3つの三槓子(サンカンツ)とは複合します。 ロン和了だった場合は最後の刻子が明刻扱いとなるため四暗刻は成立せず、和了役は対々和・三暗刻となる。 例えばアタマが4組でもこんな4組ならどうでしょう? ポンをするには相手が出してくれないとできません。 四暗刻は、麻雀の最高のあがりである役満の1つです。 なぜならポンをするとリーチが出来ないので 点数があがる要素が全く無いからです。

>

三暗刻や四暗刻と対々和の区別のカギは暗刻にあり!

そして、トイトイにしてみたものの 「やはり、チートイツの方が良かったかな?」 次は、チートイツを狙ってポンを見逃したものの 「ううう・・・、トイトイの方がよかったかな?」 とても悩ましいです。 なお「ポン」は、ぶつかる=二つのものが出会うという意味です。 では上級者はどうしてるのか? 実は、上級者はトイトイを狙うには基準を設けています。 。 概要 [ ] 4つの刻子がそれぞれ暗刻であるか明刻であるかを問わないため、2飜役の中でも作りやすい部類に属する。

>

対々和

面子がすべて刻子• 同じ種類の牌を3つ揃えることを刻子(コーツ)と言って、刻子も2つに分類されます。 (場風牌・門風牌・三元牌)やなどと複合しやすく、、と複合することもある。 しかし最高のあがりとなるために別格扱いです。 牌姿の例 [編集 ] (例)副露したケース 待ちはとのシャンポン。 萬子部分を下図のように分解してみると、 単純なシャンポン待ちではなくのにもなっていることが分かる。

>

対々和(トイトイホー / トイトイ)とは? 面子を刻子のみで揃えると成立する2翻役

手の内に3つ暗刻ができていてになっている場合、すればというになる。 上の例と同じ牌構成だが、門前でのテンパイであり、ツモ和了すればになる。 その場合は、必然的に三暗刻が複合するため、実質4飜役であるといえる。 ただし鳴きすぎには注意が必要です。 定義上系の役とは複合しないため、対々と複合する役は限られている。 逆に、稀にではあるがでに至ることもある。 ハン数アップのためならば、積極的に鳴いてゆきましょう。

>

対々和(トイトイホー、トイトイ)を徹底解説

例 333五五五九九東東ツモ九 チー456 これなら3と五と九が暗刻ですね! 三暗刻と対々和の最上級が【四暗刻】です。 大抵は1つ2つ手を作ることになるが、鳴き過ぎて手牌が短くなると防御が効きにくくなり、に追いつかれてするといった展開になることも少なくない。 対面(トイメン) 自分の向かい側に座っている人を対面といいます。 したがって上記の四暗刻は対々和の一種です。 もしも、この3つの区別がつきにくいのなら あなただけではありませんので ご安心ください。 でも、高校時代に友達とゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、賭けない楽しい麻雀の普及のために今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。 テンパイの待ち方 シャンポン待ち、単騎待ち。

>