Arta nsx。 Autobacs Racing Team Aguri

Autobacs Racing Team Aguri

In Q2, these German GT cars continued their dominance, as the No. In the GT500 class, the pole position was taken by Fukuzumi in the No. The team took 3 times, and was competitive all season. , a driver who received support from ARTA, won the in 2001. Aguri returned as team director, with Ito and as drivers. を3回獲得し、第7戦()ではで優勝を遂げ、最終戦までチャンピオン争いを繰り広げた。 However, the entry was no longer branded as an ARTA project. The following Q2 session was contested by the eight fastest cars from the two Q1 sessions, for a total of 16 cars. I somehow managed to pass the two GT-Rs in front of me in the early going, and I think that is what led to this win. さらに勢いは止まらず、ボーナスポイントの入る第6戦 ()で2位に入ると、最終戦を前にした第8戦(オートポリス)では優勝を飾り、ARTA NSXはHONDAにとって2度目となるシリーズタイトルを最終戦を待たずして獲得した。 The FUJI GT 300km RACE, Round 5 of the 2017 SUPER GT series, was held on August 5 at Fuji Speedway one lap 4,563m in Shizuoka Prefecture. When it came time for Q2, all five of the Honda NSX-GTs and in particular, the three Bridgestone-clad NSXes that lie first, second, and fourth in the championship, were expected to be the favourites to go to P1. In the 10-minute Q2 session to decide pole position, it was once again the last one or two minutes of the session that saw the real competition for pole position with the top position changing hands several times. Despite the partnership, Autobacs Racing Team Aguri didn't have de facto ownership stake with Fernandez Racing. But that time would not stand. Tsuchiya became team director this year, but various mechanical failures caused the team to win only 2 points in the entire competition. 翌2012年は武藤に代わってラルフ・ファーマンが復帰したが、チームランキング15位、ドライバーズランキング16位に終わる。 As of 2007, the team competed in, or offered support to other drivers who competed in the following categories:• Because the race did not reach the required minimum lap limit, only half the normal series points are awarded. So, I am grateful to Matsui-san and the entire team. 直後KeePer TOM'S SC430の伊藤大輔をオーバーテイクし、元ARTAの2人を抜き去り残り9周でトップに立つ。 さらに、それまでGT300クラスにはタイヤ供給を行っていなかったがガライヤのためだけにGT300用タイヤを開発・供給するという体制で挑んだが、結果はドライバーズランキング12位、チームランキング10位に終わる。 同じく前回のもてぎラウンドでポールポジションを獲得した 38 ZENT GR Supra 立川祐路選手と激しい6位争いを演じながら両車は徐々にポジションを上げていきます。 2004年はDTM帰りの金石勝智とがドライブした。

>

Autobacs Racing Team Aguri

55 ARTA NSX GT3 Toshiki Oyu. (FCJ)• club)の一貫としての主催する(現)に参戦し若手育成を行った。 2003年にマシンをオートバックスが独自開発したにスイッチする。 これによりARTAは、モータースポーツの底辺であるカートから頂点のF1までを網羅するレーシングプロジェクト体系を完成。 But soon, their times were eclipsed 8 ARTA NSX-GT driven by Tomoki Nojiri, winner of pole position for Round 4 at Sportsland SUGO. In the GT300 Class qualifying, the top time in the Q1 session was recorded by the No. ARTA is currently the largest racing team in. 23 MOTUL AUTECH GT-R Ronnie Quintarelli. この年はコーナリングはいいものの、から供給されたがパワー不足で、不本意な成績に終わる。 However, this 5th round was held with spectators, although in limited conditions. ARTA NSX-GT(2019年度SUPER GT参戦車両・SUPER GT x DTM 特別交流戦仕様) 国籍 日本 チーム代表 関係者 ほか 活動期間 1998年 - カテゴリ 、、 、 ドライバーズ タイトル SUPER GT GT500 1() 公式サイト GT500 エントリー名 ARTA レーサー マシン 8. 第7戦()と最終戦()で2勝を挙げ、ランキング2位でシーズンを終えている。 Just two weeks after the fourth round of the series was held at Sportsland SUGO in Miyagi Pref. After a chilly practice session in the morning, qualifying kicked off at 14:30 JST local time. 2008年は、メンテナンス体制が自社(スーパーアグリカンパニー)メンテ体制に回帰することになり、再びサテライトチームの位置づけに戻ることになった。

>

Autobacs Racing Team Aguri

2005年からはとして、同様ホンダとなり、総監督に鈴木亜久里、監督に童夢のを迎えた体制となった。 We have had difficult races in our last few rounds, so [tomorrow] I want us to get revenge with a good performance. するとトップを快走していた8号車野尻選手と4番手までポジションを落としていた64号車大津選手がピットインしルーティンピットを済ませます。 2002年までに優勝は3回のみで、いずれのシーズンもチーム・ドライバー共にチャンピオン争いに大きく絡むことはなかった。 31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT Yuhki Nakayama finished fastest, while the fastest in Group B was the No. Second and third places went to the No. 2009年は経済情勢の悪化からフォーミュラ・ニッポン参戦を断念するなど活動規模は縮小されたが、現在も日本有数のレーシングチームの1つである。 。

>

Arta NSX, Tamiya 24288 (2006)

8 ARTA NSX-GT Tomoki Nojiri and the No. We have had a hard time in the last few races, so for this round the team really came together to set up the car well, and that I believe is why we got this result. ARTA タイヤ GT300 エントリー名 ARTA レーサー マシン 55. 63周の決勝レースがスタート! 序盤ではポールポジションスタートの64号車NSX-GT大津弘樹選手が2番手以下を引き離しにかかりますが、8号車NSX-GT野尻智紀選手もタイヤにしっかり熱が入った5周目以降には4秒以上あったギャップを詰め、10周目の1コーナーで64号車をオーバーテイク!トップに立ちます。 17 bumped each other slightly and No. 一時はポイントランキングトップにつけるも後半戦で不運に次ぐ不運により後退。 IndyCar Series [ ] ARTA first entered the IndyCar Series in , backing a car driven by Japanese-American that was prepared by. As usual, it was in the last minute of the session that a fierce battle of final time attacks unfolded. 第5戦(富士)で優勝を飾り最終戦のタイトル争いに残ったが、ドライバーズランキング、チームランキングともに4位でシーズンを終えた。 130 on the last lap to grab the top spot. In addition to competing in racing competitions such as and , the team also holds its youth competition, the "ARTA Challenge," to find the next generation of competitive race drivers. 23 MOTUL AUTECH GT-R, while third position went to the No. But, once I was in the car, I was able to concentrate and get a good flying lap. In , Yasukawa was replaced by , who won rookie of the year honors for both the and the league, and finishing fourth at Kentucky. ARTA's which competed in the GT500 class of the series. フォーミュラ・ニッポン• 96 got into the lead, but car No. 64号車は12周目にも100号車NSX-GT牧野任祐選手にオーバーテイクを許してしまいます。 そしてこの2台がピット作業を終えたタイミングでセーフティカー(SC)が導入されます。

>

Autobacs Racing Team Aguri

104, this gave the team its second consecutive pole position. 2007年はTeam Honda Racingを解散し、再びARTAとして前年と同じ布陣で参戦する。 And, despite the difficult developments in Q1, Matsui-san helped a lot by getting us through Q1. 最終的に3度の表彰台を獲得したものの他6戦は全てノーポイントに終わりランキング7位となった。 23 MOTUL AUTECH GT-R and the No. 17 KEIHIN NSX-GT Koudai Tsukakoshi that won Round 2, carrying the heaviest load of handicap weights in the class was probably the reason that it could not qualify to Q2. 2008年シーズン途中でスーパーアグリF1チームは資金面の問題からF1から撤退、解散した。 Also in 2007, Aguri signed Japanese driver to run in the developmental league. This gave Takagi his 12th GT pole position, and a 1-2 qualifying result for the BMW camp. 第2戦・第5戦(ともに)で優勝し、タイトル争いをリードするも最終戦で65号車LEON CVSTOS AMGをドライブする・組に逆転を許し、ドライバーズランキング、チームランキング共に2位に終わった。 2018年は再び小林崇志に代わり国光から移籍の伊沢拓也が復帰した。 As a result, the GT500 class win went to the No. Matsuura continued with Aguri in 2005 and 2006, scoring several top 10s but no top 5s. しかし中盤はは不運に見舞われることが多くなかなか成果が残せなかったものの、第6戦と第7戦で連続表彰台で巻き返しを見せチャンピオン争いに残ったが、結局シリーズ4位という結果に終わりタイトル獲得には至らなかった。

>

ARTA

In 2005, the team was leading in points at the 7th race, but lost in the final race to place 3rd in the final standings. This car was called "Super Aguri Fernandez Racing" and Aguri Suzuki was listed as a team owner. 55 car the GT300 class car of the same team had just won it own pole position wry laugh. 17 KEIHIN NSX-GT Koudai Tsukakoshi moved up at a fast pace and passed the pole-starting No. ARTA NSX(2007年) GT300 [ ] 2001年にで参戦を開始。 In 2005, ARTA became a Honda team Team Honda Racing , along with. 全日本ラリーに参戦するARTAの 2000年代からフレッシュマン・ワンメイク・スピード行事(F. 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R Katsumasa Chiyo , giving the Nissan GT-R the 1st and 2nd qualifying spots. シーズンでは開幕直後こそトラブル等で芳しくない成績を残していたが、第3戦(富士)で優勝を果たしている。 475 was the car that scored the fastest time in Q1, the No. 第3戦(セパン)で優勝し、CR-Z GTの初勝利、GT300におけるブリヂストンの初勝利、16号車の無限CR-Z GTとともにワンツーフィニッシュを飾った。 The team's original name was "ARTA F1 Project," but due to trademark claims based on the usage of the word "F1", the name has since been shortened to "ARTA". 2018年も前年と同様、高木真一とショーン・ウォーキンショーのコンビで参戦。 しかし、これ以外は精彩を欠き、シリーズ11位でシーズンを終えた。 423 that would be the fastest of the Q1 session. ドライバーにはを起用。

>

Fuji : Second straight pole for Nojiri and the ARTA NSX

I want to thank the engineer who worked hard to set up the machine so well and also Ryohei [Sakagichi]-san. ARTA was the 2007 GT500 series champion in both the drivers' and team championship. The Q2 session that would decide the fastest car over one lap began at 15:40. But when I was able to get into the lead after [Shinichi] Takagi-san in car No. の大会「ARTAチャレンジ」 を主催し若年層の才能発掘と育成を目指す他、下位カテゴリーに参戦する若い才能へのサポートを行い、レーシングチームとしてはや(JGTC、現 )に参戦。 2001年には同プロジェクトの支援を受けたが、ドイツのシリーズチャンピオンに輝いているほか、2003年にはをに送り込むなど、ドライバー支援のかたちでのスポンサードも積極的に行っている。 In 2000, the team joined up with , and began using the. それに伴い2019年からエントラント名も「 AUTOBACS RACING TEAM AGURI」から「 ARTA」に変更した。 Pole Winner Comments GT500 No. 2005年も第7戦(オートポリス)までポイントランキングトップだったが、最終戦で敗れてシリーズ総合3位に終わっている。 正式名称は「 AUTOBACS RACING TEAM AGURI(オートバックスレーシングチーム・アグリ)」。

>