デュエマ スレイヤー。 逆スレイヤー

逆スレイヤー

スレイヤーブロッカーが出ていると、どれだけ高いパワーを持ったクリーチャーでもブロックされると昇天させられますので、相手は呪文などで除去する手段を用意しなければなりません。 パワーは大事じゃないよね。 スレイヤーは当初2分のと計算されていた。 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」新規:エルドリッチ 「なんか完全に邪心像みたいなモチーフがいるんだけど」 「あっ。 ゴッドスレイヤー(このクリーチャーがゴッドとバトルする時、バトルの後、そのゴッドを破壊する) T・ブレイカー このクリーチャーが破壊された時、相手は自身のパワーが一番小さいクリーチャーを1体選んで破壊する。 幸いな事にニビルが岩石族なので自発的に特殊召喚する手段も手に入れてる 実際ダメなんだけど 、面白いテーマだとは思いました」 「でも岩石族テーマかぁ・・・なんか最近新規テーマのラッシュよね。

>

スレイヤー

「笑いで死ぬほどに圧倒する」というのは「死ぬほど笑わせる」ということですね。 その後、自分の手札を1枚、相手に見ないで選ばせ、それを見せる。 「エリカたん・・・じゃなかった。 そのカードを破壊する。 DBSS-JP037 《怒気土器》 DBSS-JP038 《ブロックドラゴン》• このカードは罠カードとしても扱う。 どんなブロッカーがいるの? ブロッカーにはコスト1の小型のものからコスト10を超える大型のものまで様々で、擁する文明は主に水・闇・光となっています。

>

【デュエマ】《「是空」の鬼 ゲドウ権現》で攻めも守りも完璧だオニ!【2マナSAスレイヤーダブブレって何w】

デッキから「エルドリッチ」モンスター1体または「黄金郷」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 スレイヤーはあなたのカードが負けた場合、相手を道ずれにするって感じなんでその場合は両方とも墓地行きですね。 被害の大きさとその拡がり、あわせて相手の継続手を想定しよう• 「の後」というは、に関連するをするよりも後であるため、よりも前に発生した待機中のが存在する場合は スレイヤーによるよりも前にしなければならない。 さらに展開してスレイヤー要員にさせる。 DBSS-JP018 《六花精エリカ》• が、カードパワーのを受け、1分のとして計算されているも出てきた。 DBSS-JP012 《魔救の救砕》• その宣言の後、その攻撃を止めたい場合は自分のブロッカー能力を持つクリーチャーをタップして「ブロック」と宣言します。 その後、自分のパワーが一番小さいクリーチャーを1体破壊する。

>

相打ちでアドバンテージを稼ぐ!「スレイヤー型・コントロール」

森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• もっと強くするなら このデッキに入っているドラゴンは、場に出たときか攻撃するときに 能力を発動するので、「DX ブリキング」を1枚入れておいても良さそうです。 DBSS-JP030 《白き宿命のエルドリクシル》• さらにドラゴン持ってくる。 その効果を無効にする。 自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。

>

【デュエマ】《サツイ 丙-一式》でスレイヤーをGR展開だ!【スレイヤーの解説付き】

同様に「ジャイアント・スレイヤー」は「巨人を殺すもの」という意味です。 植物族モンスターのみ蘇生なので魔法罠が置いてあっても展開できる事から帝とかでも頑張れば運用できそうです。 この能力を持ったブロッカーはブロックして破壊されても手札に戻りまた次のターンに再度繰り出すことができ、粘り強いディフェンスを実現します。 から存在する能力だが、やのようにスレイヤーをサポートするカードは未だに存在していない。 DBSS-JP027 《黄金卿エルドリッチ》 Ultra,Secret• DBSS-JP035 《永久に輝けし黄金郷》 Super• 「 スノーちゃん・・・!?」 「あ!このカードが起点っぽいわよ!リリースして植物族を特殊召喚するって書いてあるし!」 「植物族かぁ・・・wしかも手札から2体特殊召喚してレベル等を調整していくって感じなんでしょうね。

>

【第13回】『デュエル・マスターズ 謎のブラック・ボックス・パック』の「黒ひげ危機一発」コラボカードをチラ見せ!!

古いが書かれているでも、新しいルールが適用されるため、古いを使用する場合は気を付けたい。 限界ロングインタビュー• ある程度マナが溜まったらパワーが比較的高いブロッカーを出して相手を牽制しよう• 水文明:ドローなもやしっこ 水文明はドロー(カードを引くこと)能力に優れた文明なので、ブロッカーにもバトルゾーンに出た時やブロックをした際などにカードを引く能力を持っているものがいます。 また水文明限定というわけではないのですが、通称「モヤシ」という能力を持っているクリーチャーがおり、これは「破壊された時に墓地に行くかわりに手札に戻る」という大変優れた能力です。 デッキから「エルドリクシル」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。 したがって、「バトルには勝つけど、バトルはする」という意味です。

>