ミッシング ポイント。 ミッシング・ポイント : 作品情報

ミッシング・ポイント あらすじ

クリエイターの彼女は個展でチャンゲスとの恋愛を作品として展示したのだが、その作品で「私の彼はパキスタン人なの」的なアピールをして、パキスタン人であることを気にしているチャンゲスの逆鱗に触れてしまう。 CIAは教授の同僚であるパキスタン人の反米活動家チャンゲスの関与を疑い、現地工作員ボビーを彼の元へ送り込む。 アメリカという国と、世界の歪みを巧みに描く、衝撃の問題作!!舞台はパキスタン。 感想(以降、ネタバレ) チャンゲスはアメリカ側なのかパキスタン側なのか?レニア教授の拉致に関わっているのか?いないのか? CIA職員のボビーのインタビューでこれまでのチャンゲスの人生を追っていくことになるのだが、最後の最後までどちらかがわからない。 CIA工作員のボビーが乗り込んだ敵地のリーダーの男の過去。 だが、無視できぬほどに育ってしまった心のトゲを抜き去ることが出来ず、故郷パキスタンへの帰郷を決める。 「太陽を求めるのではなく、自らが輝くのだ」と。

>

ミッシング・ポイントとは

チャンゲスは、パキスタン人に対する偏見をなくしたい、もっとパキスタン人のことを理解して欲しい、そういう気持ちでボビーのインタビューに応じたんだろうなあ。 2015年9月12日 に投稿された• この映画の面白いところは、パキスタン人の目から見たアメリカの伺えるところだ。 チャンゲスは、もみ合いの際にボビーの拳銃から誤って発射された銃弾に当たって亡くなった助手サミアの葬儀の場で、遺族からのメッセージとして「報復をしてはならない」と参列者に説く。 ボビー・リンカーン: () - 工作員。 そして大学で若者達に教える事を選んだのだ。 出典 [ ]. ジム・クロス: () - チャンゲスのニューヨーク時代の上司。

>

ミッシング・ポイント

だが、その苦しみを味わったアメリカ人が無関係なイスラム系の人々を苦しめた現実をどれだけの人が知っているのだろう? 次々に降りかかるパキスタン人という立場であるがための差別や迫害によって、チャンゲスの心に憤りの感情が見栄え始める。 チャンゲス・カーン: () - パキスタンの大学教授。 そういう不都合そうなことを隠蔽しないところは「自由の国」らしさかなと思うけども。 2015年9月7日 に投稿された• 今までの経験から判断して、きっとこの人はこんな人なんだろうなとある程度カテゴリー付けをしておいた方が接する時に気持ちが楽だ。 アーブ: - チャンゲスの父。 マイク・リッツォ: - チャンゲスのニューヨーク時代の同僚。

>

【映画の感想】『ミッシング・ポイント』原題 [ The Reluctant Fundamentalist ](2013年、アメリカ)

10点となっている。 学生たちと地元警察がもめ始め、CIAの突入が避けられない状況の中、学生たちの身を案じたチャンゲスは監禁場所をボビーに教える。 家柄は良いが裕福ではない家庭に生まれ育ったチャンゲスは、18歳の時にアメリカに留学し、優秀な成績で大学を卒業した後に、ニューヨークでエリートとして働いていた。 チャンゲスは故郷で若者達に教えた。 パキスタン人のチャンゲスは18歳でアメリカに渡り、一流コンサルタント会社への就職を果たす。 年会費の3900円を12ヵ月で割ったら月額325円。 その直前に、チャンゲスがメールを送っている姿を目撃していたボビーは、チャンゲスの指示でレニアが殺されたと思い、チャンゲスを銃で威嚇して連行しようとする。

>

ミッシング・ポイントとは

ラストのボビーによって殺されてしまった友人の埋葬のシーンで、家族からのメッセージを伝えるチャンゲスの姿に希望を与えられた。 一方、CIAは正体を知られたボビーを救出するための突入準備を既に進めていた。 2017年5月21日 に投稿された• 「魔女がいっぱい」 C 2020 Warner Bros. エリカ: () - 写真家。 ここまでのチャンゲスの半生を観てきて、チャンゲスの心はアメリカとパキスタンのいったいどっちにあるんだろう? もしかしたら、散々差別は偏見を受けたアメリカのことを憎むようになってしまったのではないだろうか? どんどんチャンゲスが怪しく見えてきてしまう。 ボビーの上司。 その直前に、チャンゲスがメールを送っている姿を目撃していたボビーは、チャンゲスの指示でレニアが殺されたと思い、チャンゲスを銃で威嚇して連行しようとする。 CIA突入までの限られた時間の中で繰り広げられる、息をのむ男たちの心理戦。

>

ミッシング・ポイントとは

のオープニング作品として初上映された後、などの映画祭で上映された。 によれば、28件の評論のうち、高評価は12件、賛否混在は13件、低評価は3件で、平均点は100点満点中54点となっている。 平和ボケしてるのか全く思いもよらなかったことなので、この作品で知ることができたのはよかったと思う。 Amazonで買い物する人ならむしろ入ってないと損です。 アメリカ人の大半は、おそらくパキスタン人のことを何も知らない。 だって銃握らない役だったし。 主席で卒業した彼は大手企業アナリスト会社に就職。

>

『ミッシング・ポイント』(2012)

まー私はライトなコメディに出てる彼が見たいのだけど、出てくれたところでまず入ってはこないだろうし重いのばっかりなイメージになってしまうのは致し方ないんだろうな。 この拉致事件の容疑者である主人公のチャンゲス(リズ・アーメッド)にCIAの工作員ボビー(リーヴ・シュレイバー)が接触、現地ジャーナリストを装いインタビューを申し込む。 しかし、チャンゲスはボビーの正体に気付いていると告げ、その上でボビーに自分の話を「全て」聞くように言う。 全てのカテゴリー• 世界のリーダー的な先進国といえど捜査に用いられるものがどれだけ進化しようと、根底にある発想や思い込みがアナクロなままではどうしようもないんだなー。 チャンゲスは「これから話すことの全てを記事にしてくれ」と話し始めるが、ボビーの正体がチャンゲスにバレたことを知ったCIAはボビーを救うべく2人のいる場所へと突入してこようとする。 ボビーは愕然とする。 マイク・リッツォ: - チャンゲスのニューヨーク時代の同僚。

>

『ミッシング・ポイント』(2012)

入国管理官: 作品の評価 [編集 ] によれば、批評家の一致した見解は「『ミッシング・ポイント』は技術的に熟練しており、演技も撮影も堅実だが、メッセージがあまりに野心的で強引なため、その力の一部が奪われている。 リーヴは特筆するようなものがあった記憶は特にないけど見応えあったし、彼出演作でなければ観なかったと思うので、ありがとう。 パキスタンでアメリカ人教授が誘拐される事件が発生した。 そんな時に彼の暮らすニューヨークで起きたのが9. 上司クロスの覚えもめでたく、また勤め先の会長の姪で写真家のエリカとの恋愛も順調で、チャンゲスは「」を体現する存在となっていた。 人気記事ランキング• 傷付いた彼の心はそのままアメリカに沈むことはなかったのだ。 中東系ということだけで、空港で呼び止められ人権を無視したような尋問、検査が行われる。 ところがが起きると、チャンゲスは米国内の他のイスラム教徒同様に不当な差別や迫害を受けるようになり、エリカとの関係もぎくしゃくする。

>