燕雀 いずくんぞ 鴻鵠 の 志 を 知ら ん や。 燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや 十八史略 漢文 i think; therefore i am!

燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんやとは

漁陽郡は、対匈奴戦線の前線であった。 傭者笑ひて曰はく、 「若傭畊を為す、何ぞ富貴とならんや。 耕を輟(や)めて隴上(らうじやう)に之(ゆ)き、悵然(ちやうぜん)之を久しくして曰はく、 「苟(いや)しくも富貴となるも、相ひ忘るること無からん。 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味 意味は「小人物に大人物の志は理解できない」 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」には、「志を高くもつ者の考えは、そうでない者には理解できない」という意味があります。 趣味は相撲(観戦)、ゴルフ、好きなものはケーキ、アイス、甘いもの。 始皇帝が修築した万里の長城は、現在残る明の万里の長城に比べると城壁の高さは低いもので、騎乗したまま越えられない程度の高さのものでした。

>

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

」 陳勝はため息をついて嘆きながら、こう言った、 「ああ、ツバメやスズメのような小鳥に、どうして大鳥の志がわかろうか 、いやわからない。 また「小鳥のような狭い視野を持つのではなく、大鳥のように広い視野を持つことの大切さ」を説く言葉としても使われています。 今こそは我々がそうなれるチャンスだ。 中国の歴史書「史記」が出典の慣用句で、燕や雀などの小さな鳥には、 鴻 おおとりや 鵠 くぐいのような大きな鳥の志すことは理解できないと鳥に例えられた言葉です。 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の例文• 『史記』に「磋呼、燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」とあるのに基づく。 「種」は血統の意。 出 典: 『史記』• 先ほども説明させて頂いた通り、「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」とは「小さな鳥(燕雀)には、大きな鳥(鴻鵠)の考えがわからない」という言葉から転じて「志を高く持つ者の考えは、そうでない者には到底把握することができない」という意味を持った言葉として使われます。

>

「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味と使い方・由来や例文

すなはち、いつはりてこうしふそ・こうえんとしょうし、たいそとしょうす。 周りを見渡せば、世の中の変化をはっきりと認識できます。 また「いずくんぞ」とは漢文用語で「なぜ」や「どうして」といった疑問や反語をあらわす際に使われる言葉であり、推量系の助動詞を後に伴って使われます。 この場合は「人の夢を笑うような小人物になり下がるな」という消極的なメッセージではなく、農民の身分から伸し上がった陳渉にあやかって「志を高く持って我が道を往け」「世界は広く可能性は無限」などのエールが込められていると考えることができます。 貧しい農民の身分で、大きな志を語るものですからバカにされたのです。 すなはちとぞくをめしていはく、 「会」は"たまたま"。 この記事を読んで、陳勝呉広の乱の原因、リーダーになった陳勝が残した名言、陳勝呉広の乱の結果、秦王朝の滅亡とその後に起きた項羽と劉邦の争いなどについて「そうだったのか」と思っていただける時間を提供できたら幸いです。

>

「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味と使い方・由来や例文

輟畊之隴上、悵然久之曰、 「苟富貴、無相忘。 以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。 少(わか)くして人の与(ため)に傭耕(ようかう)す。 そうししせずんばすなはちやむ、しせばすなはちたいめいをあげんのみ。 彼らは直接神を倒すことは来ませんでしたが、その後に登場する項羽や劉邦が秦を倒す基本的条件を整えたといってよいでしょう。

>

故事成語「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味と使い方:例文付き

「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」とは、元は前漢時代の中国について編纂された歴史書である正史「二十四史」の中の「史記」に記された言葉です。 「畊」は「耕」と同じ。 おまけに、みんな同じようなテレビ番組を見て、同じような音楽を聞いて、同じような物を買っていたわけです。 」 傭者笑曰、 「若為傭畊、何富貴也。 所得格差、貧富の差は拡大を続けています。 燕雀とは燕やスズメといった小鳥のこと、鴻鵠(こうこく)とは大きな鳥のことです。

>

十八史略 「燕雀安知鴻鵠之志哉」 現代語訳

そのころには、彼らの兵力は数万の大軍に膨れ上がっていました。 輟 レ耕之 二壟上 一、悵恨久 レ之曰、苟富貴無 二相忘 一。 「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味 「 燕雀安 えんじゃくいずくんぞ 鴻鵠 こうこくの 志 こころざしを知らんや」という言葉には、 小人物には大人物の偉大な志を理解することができないという意味があります。 「挙 あグ 」は"成し遂げる・達成する"の意。 さらに、土木工事などの労役を課します。

>

「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」の意味は?使い方・類語を解説 | 言葉手帳

まず、陳勝は陽城県(現在の河南省南陽市)に生まれました。 視野が狭ければ、貧しい雇われ農民のままで変わリません。 「王」は王、「侯」は諸侯、「将」は将軍、「相」は宰相のこと。 「久之」の「之」は、俄然・唖然・敢然などの「然」と同じような感じで状態を表す語を作る。 それを見た陳渉は溜め息をつきながら、『燕雀(つばめ・すずめ)のような小鳥には、鴻鵠(おおとり・くぐい)のような大きな鳥が志す内容は理解することができない。

>