坂爪 圭吾。 自分は永遠に死ぬまで自分で生きようと決めた。

坂爪圭吾さんって誰?「SNS×音楽」の在り方を考える

自分の背中を押してくれるのは自分しかいない。 変に潔癖症だから多分ADHDとかHSPとかなのだと思う。 違うならいい。 自分の中にブロックを感じたら、やらない道を選ぶのではなく正面突破でぶつかる道を選ぶ。 (2)言葉を紡ぐ努力を放棄していないか? さきほどの質問で、ぼくがもう一つ気付いたことがあります。

>

坂爪圭吾さん 音楽武者修行×トークセッション

聴覚過敏。 あたしが音楽をはじめてから、フォロワーが激減したのよ。 太陽は希望の象徴として語られるけれど、私には眩しすぎる。 変な言い方になるのですが、決して同情や憐憫を求めている訳ではなくて、 感覚としては「自分が行きたいと思う未来に一緒に行く!」ひとを求めている、というような心境です。 虐待サバイバー。 ずっとやりたいと思っているけれどやれずにいることをずっと持っていられる人間をタフだと思う。

>

生まれてきたことを喜びたい。|坂爪圭吾|note

しかし、私を罵倒する人の表情をよくよく観察してみると、あまり幸せそうではないことに気がついた。 これまで、自分を出すことは恥ずかしいことだと思っていた。 村上龍が小説の中で「誤解されるのは嫌だけど理解されるのはもっと嫌だ」と言っていたあの感じだ。 あとは言葉遣いが悪い。 あんた、前も同じことを言っていたよね。 そのためこのブログにも本音を書いています。

>

生まれてきたことを喜びたい。|坂爪圭吾|note

自分に同情してしまうような夜は「私は不幸ではない」と実際に口にすることが有効だ。 ぼくはそれだけで涙が出てくる。 自分が自分であることによって起こる悲劇はたくさんある。 多くの人に価値を提供している価値ある人間だと思います。 大丈夫だよ。 敏感である自分や繊細である自分を「生きづらい」と感じることもあったが、それでは感情を鈍らせたかったのかと言えば答えはNOだった。

>

「坂爪圭吾」のやばいブログからやばい記事を厳選して5個紹介する

これは最大の資源の無駄遣いで、自分を否定しても誰も幸せにならない。 もちろん、私もこの音楽だけ ポンっと目の前に出されても 歌詞が面白いな~ 初めて作った曲にしちゃ~ まとまってるな~というふうにしか 聴けず何度も聴いてみようとは 思わなかったと思います。 店員さんが「ありがとうございました」と私に袋を渡す。 成功したから続けるとか、失敗したからやめるとか、そんなレベルの『好き』ではない。 自分の代わりは何処にもいない。

>

「死ねばいいのに」って思うよ。|坂爪圭吾|note

一番自分でいられる。 ブロックがあるならばブロックを壊すことだ。 名称が長過ぎるので「ナウシカの大丈夫だよ理論」と呼ぶ。 既に相当バグっていると思うが言語化できるのは本当にすごい。 すぐ影響されるので 私もバタコさんのように その方の印象について 紹介してみたいと思います! 音楽をする上でとても勉強になったので 気になる方は以下より参考に されてみてください! 目次• でも、そうなりたい。 油断をしていると誰かに認められたいだの誰かに見てもらいたいだの誰かに自分を見つけて欲しいだの、誰かに何かをしてもらうことばかりを期待する。 また、マリコさんも、上記記事にあるように、 お金持ちの人が、一軒家をくれたり、バイクをくれたり、旅費をすべて賄うから来てほしいと言ってくれたりして、坂爪さんを救ってる風潮が今まではあったけど、 大金を出せないファンも少額でも手助け出来る何かがあれば良いですよね。

>

坂爪圭吾さん 音楽武者修行×トークセッション

「迷ったらGO」 生きているという実感が欲しかったらバカになれ。 嫌いなこと…株式会社などの上下関係の強い組織の中で自分を押し殺すこと、お金の為に興味が持てない仕事をすること。 ご本人は不在だったけど・・・・。 ぼくはこのスタンスにとても惹かれていました。 ただ、言うは易しで、 ゲストハウス経営ってものすごく大変な気がします。 私は、そこに感動するし 勇気を貰えるし・・・。 その過程で、様々な人間から妨害を受ける。

>

生まれてきたことを喜びたい。|坂爪圭吾|note

別に「音楽を通じて行きたいと思う場所」なんてないのよ。 晴れていれば焚き火をして、チャイでも淹れようと思います。 ・生活費がなくなっても、生活費に不安があっても、親兄弟、友人、親戚、公的機関も含めて誰も助けてくれない。 それは今から10ヶ月ほど前の、今年の1月のことだ。 自分を殺して他人に好かれるよりも、自分を出して他人に嫌われる方がずっと良い。

>