私 が 見 た 未来 漫画。 私が見た未来 たつき諒さんご本人からお褒めの言葉を頂きました! | 正しい霊的知識を学ぶブログ

1999年発売の漫画『私が見た未来』の予言が怖い…作者のたつき諒さんの現在は?

たつき諒の予知夢の法則 たつき諒さんの予知夢はどれも5年後、15日後、25年後、15年後というように、予知夢が当たる日が5の倍数で、予知夢を見てから当たるまでの年数が10年毎であるという特徴があります。 1989年8月27日に見た夢。 竹馬の友だけどそう接触が無かったせいか、初めて知り・・よもや冗談言うタイプでもない人です。 以下+15年。 たつき諒さんは富士山噴火の予知夢の日付けについて、+15年の法則により予知夢を見た1991年8月20日から+15年、更に+15年で 最短で2021年の8月20日に富士山が噴火するのではないか?という仮説を立てられています。 超高層のタワーマンションが立ち並び、自動車が空を飛ぶ、そんな科学の進歩は子供たちに素晴らしい未来を約束する代名詞だった。

>

たつき諒さん「私が見た未来」の予言・横浜大津波はいつ来るのか・たつきさん直々の指摘の上、記事を書いてます│麒麟Room

こんな不思議な夢を見た一年後、散歩に行った先の公園で大きなトンネルにたどり着く。 既にいい歳なので生活を考えると転職は難しいですし、仕事をしないと生きていけません。 幼心に、これ以上勉強してもあんまり意味ないのかなあ、人生は今を楽しまなくちゃ損なのかなあ、などと友達と真剣に話していた。 私の夫は横浜の沿岸部に勤めています。 1980年から予知夢見るようになるが、 本人曰く、霊感、山勘、第六感は全くないそうですw 予知夢を見ていた期間は、1980年~1999年の間で、基本人が死ぬ予知夢ばかり見て辛かったそうです。 「漢字は撤廃されて英語が第2の国語となる」「エスペラント語が小学校の必修科目に」といった現代にも通じる予想もあった。 しかし災害は避けたい!! ノストラダムスや占いなどは全然信じないのに、たつきさんの予言は気になって仕方ないのです。

>

1999年発売の漫画『私が見た未来』の予言が怖い…作者のたつき諒さんの現在は?

そして肝心のマンガの内容は、作者である たつき諒氏が実際に見た 予知夢だということです。 当たらないじゃないかと非難されることも多いようですが、研究し続けることで新たな技術が開発されて行くものですから、是非発信し続けていただきたいと思います。 人間にとって未来を予想するって、どんな意味があるんだろう? 戦後から高度成長期、さらにさかのぼって100年前の大正時代に、それぞれの時代を生き抜いていた日本人が思い描いた「未来予想図」をのぞいてみると、混沌とした現代を生きるヒントが見えてくる。 また、1995年には「疫病は予知夢を見てから+25年の法則。 うーん、どうやら未来の教育現場では「体罰」に厳しい目が向けられるようになるとは予想できなかったみたい……。 そのためスマホからのみしか、作品検索もヒットしませんのでご注意ください。 富士山の噴火は最短で2021年8月、横浜に大津波は最短で2026年6月〜9月とのこと 以後、15年ごとに警戒。

>

東日本大震災を予言した漫画「私が見た未来」の恐るべき内容や簡単に読む方法

富士山噴火は、8月20日。 (2020. たとえば、『事故0(ゼロ)のハイウェー』(1969年 小松崎茂氏)は、スケールの大きさに度肝を抜かれる。 「私が見た未来」が読めるのはコミックシーモア 「私が見た未来」はコミックシーモアで配信されていたのですが、 現在はサイトから消えており閲覧できない状況となっています。 神奈川県を含む関東の大地震は「大津波」のイメージが強いそうなので原発事故はないのかもしれないと言います。 『人間は、じぶんの子どももつくれない!! コンピューターが人間製造』(1969年、長岡秀三氏)=「昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀」より そんなオカルトブームの反動が80年代、未来予想図にいまいちど転換をもたらす。

>

「私が見た未来」(たつき諒)10年以上の漫画に地震予言

(予知夢から15日後) 1996年3月11日 最後の予知夢。 最近発言されたたつき諒さんの予言や、未だ起きていない 富士山噴火と関東の大地震と大津波の予言について、簡潔にまとめてみました。 ただ「とんでもない津波が来る夢を見た」ということだけを描いている。 たつき先生の 予知夢の記録を見ると 「5」、あるいは 「5の倍数」が鍵になっています。 gameclubproject この作品は、1999年7月1日に発売されているのですが、問題のシーンは表紙に描かれていました。

>

たつき諒さん「私が見た未来」の予言・横浜大津波はいつ来るのか・たつきさん直々の指摘の上、記事を書いてます│麒麟Room

しかも、たつき諒さんの公式Twitterのプロフィール欄に私のサイトのアドレスと「かなり正しい」と掲載して頂いて、本当にありがたいことです。 この間朝起きたら家の中にカナブンがいました。 あなたは「日本国尊厳維持局」という社団法人をご存じだろうか? 「日本国尊厳維持局」とは、日本が敵国からの攻撃. その後、なんとそのトンネルで 女性の殺人事件が発生する。 未来予想図も『反省モード』になっていき、『冷戦』で核戦争による終末のイメージも色濃く反映されるようになりました。 13 『事故0(ゼロ)のハイウェー』(1969年、小松崎茂氏)=「昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀」より 今年で48歳。 そんな時代背景を反映して、未来予想も『交通安全』が重要なファクターになっていたのです」 同じ頃の作品には、歩行者が立ち入る心配のないチューブ型道路や、人間による運転ミスが起こりえない自動制御の交通システムも登場する。

>

たつき諒さん「私が見た未来」の予言・横浜大津波はいつ来るのか・たつきさん直々の指摘の上、記事を書いてます│麒麟Room

フレディマーキュリーさんが亡くなる夢と人生が映画化される夢を、1986年11月28日に見る。 関暁夫さんが紹介したのは「私が見た未来」という作品でした。 と言うことです。 画像出典: 今から24年前の1996年にたつき諒さんは 「2011年3月に大災害が起こる」という予言をしていました。 「昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀」(青幻舎)の著者、初見健一さん=玉川透撮影 ところが、70年代に入ると、未来予想図はテイストががらりと変わる。

>