ホンダ ヴェゼル 新型。 ホンダ「ヴェゼル」の進化版!? 新型SUV「VE

ホンダ ヴェゼル|価格・新型情報・グレード諸元

全体的なボディスタイルを見ていくと、ホンダの新世代プラットフォームを採用することで現行ヴェゼルよりも重厚感があり、車格も大きく、そしてリヤハッチガラスもかなり寝かせているのでクーペSUV風に仕上げられています。 車高が高く視認性がよいことから運転もしやすく、さまざまな用途で活躍できる点も魅力です。 4WDシステム ガソリン・ハイブリッドともに4WDシステムはフィットと同等の機械式となり、SH-AWDなど新たなシステムの導入の可能性は低いです。 1Lターボエンジンは、シビックタイプRの2Lターボ、ステップワゴンなどに採用される1. 上級シフトする、次期ヴェゼル 約200万から300万円で売り出される新型SUVに対して、次期ヴェゼルの最高峰モデルは400万円に届きそうなプライスタグが与えられるようだ。 直線と曲面を融合させたクーペテイストのボディシェルデザインは引き継がれる見込み。 新型ヴェゼルの価格は高級車路線に? 最後は「価格や値段」の最新情報。

>

【次期ヴェゼルは2021年登場へ!!】新型フィット発売で動き出す派生車の今後

【燃費】 郊外の市街地走行中心で、リッター17. ハイブリッド:260万円~ ホンダ新型ヴェゼルの価格は、安全システム「ホンダセンシング」の全車標準装備や通信モジュールの採用により、10万ほどのスタート価格アップになるとみられています。 ガソリンエンジンは、1. ホンダは発売前にティザーサイトを公開するのが恒例であるため、新型発表は2020年10月頃にされる可能性がある。 ステアリングはフィットと同等の目新しい2本スポークのものになる可能性があります。 大型LEDの採用(「コ」の字型)• 海外の有力メディアによると、新型ヴェゼルの世界初公開は2020年後半と予想され、PHは2021年以降の登場となると伝えています。 また、現行モデルでボディ剛性アップや遮音材の最適化により高められていた静粛性も、新型ヴェゼルではさらに快適なものとされます。 電気モーター1個の日産e-POWERのスペックを上回る。

>

【次期新型ホンダ ヴェゼル】2021年3月フルモデルチェンジでe:HEVを搭載か!最新リーク情報まとめ

モデル末期ながら2019年は3万855台を販売するなど堅調な人気を誇る シャトルはフィットとの共通パーツが多く、前モデルでは「フィットシャトル」のネーミングでフィットシリーズの一員の時代もあった。 そこで新型ヴェゼルは「ハリアーのような高級車路線を歩む」とはマガジンXの最新情報。 ホンダ現行ヴェゼルは2013年12月に発売してるので、モデル周期は約7年ちょいになりそう。 フィットが今年2月に新型へモデルチェンジしたことで、その動向に注目が集まっていたヴェゼルだが、2021年初には新型がデビューする、との情報が出てきている。 新型フィットの人気は高いが、ライバルの「トヨタ ヤリス」も強力で今後登録車の車名別ランキングでトップ奪還が難しくなる可能性もある。 2013年12月19日正式発表がおこなわれ販売が開始した。

>

【ホンダ新型ZR

展示車・試乗車が放出 新車を扱っているディーラーでは展示用や試乗に用いるための車が準備されています。 そのため、現行ヴェゼルの1. ライバルになるであろう、トヨタ ヤリスクロスとぶつかるゾーンでもある。 高級路線へのシフトが検討されていてハリアー購買層も射程距離に見据えているとの情報も。 でも、さすがにヴェゼルがハリアーに様々な面で対抗できるのかは疑問。 3インチTFTコンビネーションメーター、プッシュボタン式電子シフト、開閉可能なパノラマサンルーフ、大容量のラッゲージスペースなどを採用。

>

次期ヴェゼル フルモデルチェンジ予想|2021年日本発売とPHV追加の可能性

ホンダセンシングは第3世代に進化! 続いては「予防安全技術」に関する最新情報。 ベストカーの最新情報では「基本的にはクーペフォルム」が引き続き継承されそう。 また、プラグインハイブリッドも準備されているが、デビュー時には間に合わず1年ほど遅れて登場しそうだ。 ホンダは、人気コンパクトカーのフィットをモデルチェンジして2020年2月14日に発売。 5Lガソリンモデル) ・G Honda SENSING FF:2,075,000円、4WD:2,291,000円 ・X Honda SENSING FF:2,165,000円、4WD:2,381,000円 ・RS Honda SENSING FF:2,475,000円• それゆえ、今後はハイブリッドだけでなく PHV(プラグインハイブリッド)やEV(電気自動車)に力を入れていくことになるが次期ヴェゼルにもPHVモデルが追加される可能性が有力となっている。 モーター走行領域の広さが訴求ポイントに掲げられ、高速域ではエンジン直結に切り替わる効率の良さも魅力となるだろう。

>

【ホンダ・ヴェゼル】新型や旧型でどう違う?年式で説明します!|Car Rhythm(カーリズム)

現在、コネクティッドカーと言えば、 スマホとの連携や、AIの音声認識等を活用したオペレートシステム等々の機能が主流。 新型はハイブリッドの刷新を始め大幅に進化し、2008年以来となる販売台数No. 広い水平画角のフロントワイドビューカメラと前後の8つのソナーセンサーをHonda車初搭載。 スペック 新型ヴェゼル 全長 4,350mm 全幅 1,770mm 全高 1,600mm ホイールベース 2,650mm エンジン 1. こちらは全高を1700mm近辺に引き上げ、室内の居住空間を広くとり、オーソドックスなエクステリアデザインだが、よりレジャービークル志向を強めた仕立てとする。 ホンダ新型ヴェゼルは フルモデルチェンジから一年後の2022年に「プラグインハイブリッド車(PHEV)」も設定される予定。 次期ヴェゼル 最新のプラットフォーム「ホンダアーキテクチャー」採用 ホンダは、2020年に市場投入するグローバルモデルに「ホンダアーキテクチャー」と呼ばれる手法を活用した技術を導入させることを2019年5月の事業方針説明会にて発表している。 こんもりとした印象は払拭される。 急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用が可能。

>

【2021年3月】ホンダ新型ヴェゼル フルモデルチェンジ最新情報まとめ!価格は400万円超え?発売時期、次期デザインは?プラグインハイブリッド車も投入?

コンパクトSUVとしてはリアシートやラゲッジルームが広く、家族で買いものやレジャーに出かける際にも優れた利便性を発揮するでしょう。 まず、プラットフォームであるが、新型フィットが先代フィットのプラットフォームを流用したことから、ヴェゼルも現行ヴェゼルの流用となると考えられる。 こうなるとシャトルはまたフィットシリーズに復帰して戦略アップを目指すことも考えられる。 フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。 静粛性は良好でクラシック音楽など楽しむことも出来る。 筆者は2020〜2021年に従来のハイブリッドに代わり、がラインナップされると予想します。

>

次期ヴェゼル フルモデルチェンジ予想|2021年日本発売とPHV追加の可能性

シートスライド機能はサイズが同等であれば採用されない可能性が高いです。 【2022年】新型モデルスケジュール S660 TYPE R|新型 フリード|新型 ステップワゴン|新型 シビックタイプR|新型 【2023年】新型モデルスケジュール レジェンド|新型 【2024年】新型モデルスケジュール CR-V|新型 ミッドシップスポーツTYPE R|新型 シャトル?|新型?• 2017年7月7日のマイナーチェンジではHonda SENSING標準装備グレードを設定。 ハイブリッド仕様にはフィットやインサイトと同様、1. 新型SUVは、200万から300万円のゾーンに投入される見通しでこれは現行ヴェゼルがカバーしている価格帯そのもの。 は、ベースモデルに1. 2020年2月発売のでは現行シャシーを流用してましたが、第一弾として次期ヴェゼルに投入されます。 ハイブリッド仕様にはフィットやインサイトと同様、1. 新型でフィットシャトルの車名復活も! 今年2月に登場した新型フィットは、登録車販売ランキングにて、3月は1位(1万4845台)、4月は2位(8977台)と、売れ行きは好調だ。 ホンダのコンパクトSUV おすすめ中古車を公開! ホンダからは魅力的なコンパクトSUVが多数販売されています。 3kgm)のe:HEVが用意されるのは間違いない。

>