相模原 殺傷 公判。 社説[相模原事件公判]ゆがんだ動機の解明を

【相模原45人殺傷初公判・詳報(3)】中学で酒・タバコ、大学は脱法ハーブ、就職後は大麻 知人「ヤバい」 弁護側は精神障害主張(1/3ページ)

不幸を減らすためにやった」と自らの「正義」を語り、波紋を呼んだが、本サイトでは当時、『障害者殺しの思想』(1979年刊行。 言動が異常さを増した背景には何があったのか。 本書は、78年2月9日に起こった母親による脳性マヒを患った障害児殺しの記述から始まる。 多くの裁判を取材してきた私たちにとっても「かつて見たことがない法廷」になります。 殺される前…• 【長くなる公判前整理手続き】 ところが、今回この手続きが2年間を超えました。 開始が極端に遅れても本当の「迅速化」と言えるのでしょうか。

>

相模原事件「植松被告の論理」を、私たちは完全否定できるか(御田寺 圭)

その横…• 目標だった先生になれなかったことが大きかったと思う」 被告が語り続ける一方で、命を奪われた19人は、いまも匿名のままとなっています。 逮捕された元職員の男は採用直後から障害者を軽んじ、今年に入ってから言動が急に攻撃的になった…• この日、献花台を訪れた人の多くが「2度と事件を繰り返してほしくない」と語っていました。 なぜ施設で働いていた若者がこのような事件を起こしたのか。 この裁判が、今後に向けた糸口を見出す、きっかけにしてほしい、そう強く願います。 脳性まひで車いす生活を送る小児科医で東京大学准教授の熊谷晋一郎さん(42)に聞きました。 今回のように被害者の数が多く複雑な事件になるほど、長期化する傾向があります。

>

相模原殺傷事件公判開始、「考え続ける会」がシンポ | 週刊金曜日オンライン

今回の公判では、障害者に対する差別を心配するなどした被害者や家族の大半が、匿名での審理を希望。 〈相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年、入所者19人が刺殺され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の初公判が8日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。 「障害者を大量に殺害する」 計画を総理大臣に伝えてほしいという内容でした。 これは遺族などが差別を心配し要望したためとみられます。 2015年に現代書館から復刊)をもとに、植松被告が語る「正義」と日本における障害者差別の歴史をひも解いた。

>

「相模原殺傷事件 異例の初公判」(時論公論)

「勤君は、母親によって殺されたのではない。 検察側と弁護側に対し、「依然として氏名(実名)ではなく呼称であり、被害者が特定されないよう注意されたい」と求めた。 そして、みずから法廷に立ち、被告に思いを伝えようという方もいます。 植松被告の起訴内容は、2016年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、職員を縛ったうえで重度障害者の首を刺すなどして利用者19人を殺害し、職員を含む26人に重軽傷を負わせたなどというもの。 約200人が参加し、会場の県民センターホールは満席となった。 この仕事は1年半ほどで辞め、平成24年12月からは事件現場となった「津久井やまゆり園」で非常勤職員として働き始め、その後、職員として正式に採用されました。 シンポジウムはNPO法人共同連顧問の堀利和さんの進行で行なわれた。

>

「相模原殺傷事件 異例の初公判」(時論公論)

逮捕直後、植松被告は「重複障害者が生きていくのは不幸だ。 証しを残したい」と名前を公表した。 逮捕後、検察側の精神鑑定では「自己愛性パーソナリティ障害」など複数の人格障害があったと指摘されましたが、検察は刑事責任能力はあったとして被告を起訴しました。 裁判所は申し立てをただ受け入れるのではなく、例外が歯止めなく広がることのないよう、裁判の公開と制限のバランスを慎重に検討し、十分議論することも必要になると思います。 私もこの日、訪れた人に現場で話を聞きました。 「障害者施設で起きた事件でプライバシー保護の必要性が高く、遺族が匿名を強く希望している」という理由だった…• 今後の審理でこうした点をできるだけ明らかにしてほしいと思います。 弁護側は、精神障害が影響し、被告は事件時心神喪失状態だったとして無罪、心神喪失まで至らない場合でも心神耗弱状態だったとして刑の減軽を求めた。

>

「相模原殺傷事件 異例の初公判」(時論公論)

その一人、大関望さん(49)が声をかけ…• 小学校時代は、勉強は苦手ですが、明るく人懐こい性格で、クラスに知的障害を抱えた同級生がいても、優しく接していました」 弁護人「中学校に進学しても、明るい性格は変わりませんでした。 事件や裁判の取材をしてきた。 甲さんと呼ばれることは納得いきません」と訴えていた。 30年以上勤務していた元職員の一人、太田顕さんもかつて自分が担当していた人が、今回の事件で犠牲になったということです。 やまゆり園の処遇実態が犯行を可能にした。

>