川辺 ダム。 熊本豪雨・川氾濫、川辺川ダム建設中止した民主党政権と“煽った”マスコミの責任を問う

熊本豪雨・川氾濫、川辺川ダム建設中止した民主党政権と“煽った”マスコミの責任を問う

またアメリカのダム撤去についてはその多くが日本ではと呼ばれる高さ5メートル未満のダム であり、しかも民間所有であると主張。 一方、気候変動の影響や相次ぐ豪雨を念頭に「永遠に私が予測できるわけではない。 有識者会議は8回の会議を経て「 川辺川ダムに関する有識者会議報告書」 がとりまとめられたが、報告書では川辺川ダムによる治水対策について「 地球温暖化を踏まえ、抜本的にはダムによる治水対策が有力な選択肢」 としつつも、現行の計画の見直しの必要性に言及している。 彼らダム反対派は川辺川ダムの目的について逐一検証し、「川辺川ダムは無用の長物」として建設中止を強固に求めた。 赤羽国土交通相も検討する考えを示した。 また、もにおいて「川辺川ダム計画中止」を公約に掲げるなど、川辺川ダムに否定的な見解を取っていた。 国営川辺川総合土地改良事業は川辺川ダムを水源として農地増産を行う事業であったが、既にこの頃はによって農地自体の減少と農家の減少が顕在化していた。

>

復活・川辺川ダム:復活・川辺川ダム/下 大規模流水型、前例なく 環境への影響、払拭されず

また、河川行政問題に取り組んできた弁護士の西島和は「川辺川ダムの中止により被害が拡大したとの意見もあるが、実際には想定された雨量や流量を越えた豪雨であり、検証もまだ不十分であることから、ダムがあれば氾濫は防げたかどうかを判断することはできない」とコメントしている。 これによって既設の市房ダムと幸野ダムを水源とする幸野溝や百太郎溝に加えて水源を確保し、農業生産力の向上を図るとしている。 雨がだんだん薄くなっていたのでもう少し待った方がいいと午前9時半まで待ったところ、雨が弱くなった。 10月中旬から住民らへの意見聴取会を計30回開催。 この発表は、直後の世論調査で県民の85%が支持した [ ]。 これは水没戸数200戸以上または水没農地面積200ヘクタール以上のダムを対象に、前述の補助をさらに厚くするという施策であった。

>

【流域治水を考える】川辺川ダムと立野ダムは何が違ったのか?(後):【公式】データ・マックス NETIB

( 1 )大きな被害をもたらした球磨川決壊 梅雨前線の日本列島での停滞による「令和2年7月豪雨」は、全国に様々な被害をもたらしています。 球磨川豪雨検証委員会 [ ] 国土交通省九州地方整備局と熊本県は、2020年8月に「令和2年7月球磨川豪雨検証委員会」を設置し、球磨川豪雨の被害、洪水流量の推定、検討してきた治水対策などとともに、川辺川ダムが存在した場合の効果について検証することとなった。 相良村は「要望している河川の掘削が十分ではない。 ダム建設は中止されたが、ダムを前提に国交省が07年に策定した球磨川の河川整備基本方針は存続している。 五木ダムは川辺川ダムと連携して事業を行うという建前から川辺川ダムとは異なり、事業が一切進捗していない。 その際には、50年、100年先の温暖化の影響も予測し、浸水が想定される区域から街の中心を移していくことも考えるべきだ。 7月の豪雨で熊本県南部の球磨川が氾濫し、甚大な被害が出たことで建設の是非が再燃した。

>

川辺川ダム

民主党政権は12年、ダム計画中止と併せて水没予定地の地域振興を支援するための特別措置法案を閣議決定。 翌年、「コンクリートから人へ」のスローガンの下、公共事業の見直しが行われた。 この水没世帯数はの()の945世帯、の(和賀川)の622世帯、奈良県の()の529戸、の()の466戸に次ぐ日本では5番目の大規模な水没対象となる。 また参加する農家も川辺川ダム事業費の増大によって負担額が増大、これに疑問を呈する農家も次第に現れてきた。 これらの目的は現在においても基本的には変わっていない。 2005年農林水産省は水源を求める案として従来の「川辺川ダム案」と相良村にを建設してこれを水源とする「 相良穴藤堰案」を呈示。 以下はこれらについて詳述する。

>

川辺川ダム建設「住民投票しない」 熊本県知事が明言|【西日本新聞ニュース】

球磨川には、市房ダムというものが既にありますが、その容量は川辺川ダムの1割程度しかありません。 賛否を巡って依然として意見が大きく割れている中で、ダム建設推進にかじを切ったことに疑問を呈している。 蒲島熊本県知事は圧倒的なダム反対の世論を受けて、これまで川辺川ダムには後ろ向きでしたが、反対運動のあった県営・路木ダムの建設を強行するなど、ダムをめぐる姿勢が一貫しているわけではありません。 この状況は、の外郭団体である JST のまとめた「失敗百選」において「 (住民と行政の)合意形成の軽視による失敗例」として、等と共に選出されている。 建設省はこの計画に沿った代替地整備を進めた。 熊本でここまで被害が拡大したのは、 球磨川で多数の氾濫と2カ所の決壊があったからです。

>

「流水型」環境に優しい? 川辺川ダム、計画変更求める声 専門家、効果疑問視も

「ダムによらない治水を検討する場」(09年1月~15年2月)に続き、仕切り直して15年3月に国交省、県、流域12市町村で設けた「球磨川治水対策協議会」。 平常時は水がたまっておらず、整備されたグラウンドゴルフ場は地元の人らでにぎわう。 川辺川ダムは当時のによって20ダムの一つに指定されたが、水没世帯数403戸であったことから「 水特法第9条等指定ダム」の対象になった。 国内では、益田川ダム(島根県)、西之谷ダム(鹿児島県)などで採用実績があるが、国直轄ダムでは、初の採用だった。 民意は動いている」と自信を深めた。 当時、流域で圧倒的なシェアを誇る地元紙『』の論調は、ダムに対する否定的な記事は一切見られず、むしろ川辺川ダムのPRを大々的に行う全面広告企画特集を組むなど「ダム肯定」とも取れる風潮にあった。 川辺川ダムは、相次ぐ水害を受け、1966年に建設計画が発表された。

>