由比 缶詰 所。 口コミ一覧 : 由比缶詰所直売所

社員たちの誇りが生んだ「ツナ缶詰」 : SHUN GATE

個体差があるため機械化ができないというこの工程は、よりおいしいツナ缶を作るために無くてはならないのだといいます。 田中さんは、サバ、イワシ、サンマなど油分の多い青魚は「温めて軟らかくして味わってほしい」と勧める。 ある市民は「由比缶のツナ缶食べたら他の食べられない」と話す。 缶詰はすべて加熱調理済み。 静岡県。 実はもう一つ、必要不可欠な要素があると川島さんはいう。 そう教えてくれたのは由比缶詰所の川島大典さん。

>

口コミ一覧 : 由比缶詰所直売所

値段は一缶300円超え。 この直売所があるってのも大手の会社とは違う良さなのかもしれません。 どこで買えるの? 静岡県はまぐろとかつおの缶詰の生産量が20年以上全国1位。 袋入りのセットは1000円以下であり、ちょっとしたお土産にぴったりです。 このホワイトシップの缶詰、会社名が示すとおりに清水区の由比にあります。 川島さんは、その美味しさの秘密を教えてくれた。

>

由比缶詰所 直売所@静岡市清水区│静岡道楽日記

静岡県で別所哲也がおすすめする「特撰まぐろ油漬」を調査。 そんな中、特設コーナーに「特撰まぐろ油漬」が大量に並んでいた。 まぐろ日本一の漁港焼津港をひかえ、新鮮なびん長まぐろを厳選しています。 アクセス 由比缶詰所 直売所 : 静岡県静岡市清水区由比429-1• すると由比缶詰所が作るツナの缶詰だという。 高級版の明太子の粒が入ったものでないと駄目なのかもしれません。

>

お土産・手土産×由比缶詰所のセレクト

「本当に魚を食べている感覚に近い」と話した。 原料は質にこだわり、鮮度の良い「夏びん長まぐろ」を使用。 ツナ缶は今やどこの家のキッチンにも何個かあるといっても過言ではない一般的な缶詰です。 販売員の三瓶祐希さんは「県民は新鮮なマグロやカツオを食べる機会が多い。 一応アミノ酸系の調味料は少量使用されていますが、それ以外は合成保存料等添加物を使用していない表記となっております。

>

社員たちの誇りが生んだ「ツナ缶詰」 : SHUN GATE

できるだけお客さんと近い関係で販売したいという思いから、店頭販売は本社併設の直売所のみに限定。 スーパーなどで大手メーカーのまぐろ角煮なんか購入したらいっぱい添加物入ってますよね~ このまぐろ角煮は合成添加物を極力含まないで製造する企業努力をしているようです。 静岡市の一家を訪ねると、「特撰まぐろ油漬」が食卓に並んだ。 一般的なツナ缶はフレークタイプだが、安価なキハダマグロやカツオを使用したもの。 さらに油は高級サラダ油「綿実油」を使用している。

>

由比缶詰所 ホワイトシップ印 炙りビン..

リンクフリーで、非営利・個人的な使用に関して何ら制限しませんが、当ブログ名とURLを併記いただけると嬉しいです。 ツナ缶の油で野菜を炒め、水を加える。 ありがたいことにいまでは、全国からご注文をいただいております」と、川島さんは話す。 ある市民は「由比缶のツナ缶食べたら他の食べられない」と話す。 由比缶詰所がある由比という町は、静岡県の中部に位置し、山と海に囲まれ、駿河湾越しに富士山を望む港町。 静岡市の一家を訪ねると、「特撰まぐろ油漬」が食卓に並んだ。 ・ 静岡県で別所哲也がおすすめする「特撰まぐろ油漬」を調査。

>

社員たちの誇りが生んだ「ツナ缶詰」 : SHUN GATE

でも、「静岡は遠くて……」という人もご安心を。 酒のつまみ等、手をかけずにそのまま食べても凄まじい勢いで酒が進むこと請け合い。 それが工場に併設されている直売所です。 「はじめは社員自らが買っていたのですが、そこから親戚や友人へと広まり、地元では贈り物の定番になっていきました。 県商工会連合会のアンテナショップ店長木戸口哲也さんによると、「缶詰の油には素材のうま味が染みこんでいる。 OEM専門の缶詰メーカーだった由比缶詰所がこの『ホワイトシップ』を立ち上げたのは、約30年前のこと。 「特撰まぐろオリーブ油漬」のラベルには、一隻の白い船が描かれている。

>