キット チャンネル 逮捕。 キットチャンネルは解散?えいとがDV逮捕でYouTubeアカウントも削除で今後の活動は?

「キットチャンネル」原英翔、DV発覚で逮捕報道…「暴力の連鎖を感じる」と同情の声も

「きゃな(奏太氏の愛称)は『ラブライブ!』の大ファンで、その日も『超感動!』『泣きそう』『すごく良かった』と言ってはしゃいでいました。 僕が弱いだけかもしれませんが、話すときは震えてしまって抑えるのに必死です」という内容が記されていた。 しかしここで原英翔容疑者がさらにとんでもないことをして炎上騒動になりました。 奏太氏が事務所の机の上に英翔氏に宛てた長文の置き手紙を残し、姿をくらましたのだ。 2018年10月に1本の動画がバズったことにより一躍人気ユーチューバーに• なんてかっこ良すぎますよね。 性転換手術を考えていた木本さんは、相談依頼が可能なアテンドサービスを申し込み、その担当者が原さんだったといいます。 原英翔のプロフィール 名前 原英翔(はらえいと) 生年月日 1991年8月27日 年齢 28歳(逮捕時) 出身地 中国黒竜江省生まれ、長野県育ち 女性だったころの名前は『英子』というようです。

>

「キットチャンネル」は傷害罪で逮捕

引用: 2人の出会いは、 木本奏太さんが性転換手術を考えている時に、原英翔容疑者に相談したのがきっかけだったみたいです。 電気ガスも止められていた。 以前にラーメン屋でバイトをしていたそうですが、YouTubeが忙しくなると同時に退職し、 YouTube一本で生きていくことを決めました。 その一方で、「暴力はダメだけど、性転換をされた方はホルモンの状態が不安定になって情緒不安定になりやすいと聞くから、エイトもそうなのかもしれない」「エイトは子どもの頃に父親から虐待を受けていたらしいから、暴力の連鎖を感じる」と同情する声も少なくない。 」という動画で木本奏太さんがいなくなったことを話しています。 この事件が発生する前から常習化DVも過酷だった様で、編集した動画に対して毎回罵声を浴びせる等のモラハラ、動画収益の管理を原英翔さんが管理し大元奏太さんには小遣い程度しか渡さない等と相当だった様です。 最初は2人とも仕事を続けながら動画を撮影、公開していた。

>

キットチャンネル原英翔はDVや監禁で逮捕!奏太はどのように洗脳された?|まるっとログ

) こちらの動画の中で自己紹介をしています。 それにしても「かなたいむめんばー。 また、木本奏太さん自体の活動は 上記動画を発信したチャンネルとで行っていくとの事ですので、事件が落ち着いたら何らかの活動再開がありそうですね。 LGBT YouTuberとして活動していた英翔氏(えいと・29)と奏太氏(かなた・28)によって運営され、総再生回数は2億回を超える人気チャンネルだった。 さらに、電話越しでは、奏太氏だけではなく数人の声も聞こえていた。 こうした一連の行動について、関係者らは不可解な点が多すぎると指摘している。 奏太氏はファンの間で「優しく純朴なイメージ」で親しまれ、動画の高い編集技術を持つことで知られているが、A氏によれば、奏太氏のYouTubeに対する仕事ぶりは、イメージとはかけ離れた面があると指摘する。

>

キットチャンネル原英翔の現在!木本奏太に暴行で逮捕・炎上騒動・最新情報も総まとめ【動画多数】

逮捕から1週間後の3月23日、奏太氏は動画投稿を開始。 しかしさすがの木本奏太さんも限界を迎え、ついに原英翔容疑者に言い返しました。 その時の担当が原英翔さんでした。 音信不通になった木本氏の安否よりも、チャンネル継続を心配していること、共演者を気遣う内容でありながら、動画には広告が設定され、収益化を計っていたことなどを視聴者が問題視し、批判を行ったのが炎上の原因だ。 準レギュラーくらいの頻度で動画に出演していて距離感も近く仲が良かった。 解散した方が良い! 共演者のびっくえんじぇるの2人は暴行容疑について知らなかったようだが、スタッフの人たちは知っていた結果なのではないだろうか。 英翔氏本人が当時をこう振り返る。

>

「キットチャンネル」原英翔、DV発覚で逮捕報道…「暴力の連鎖を感じる」と同情の声も (2020年3月17日)

お金は人を変える 原英翔容疑者はまさにこの典型だったみたいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 仕事人間の僕と一緒にいたら、奏太のオンオフがつかないと思ったからです。 自宅の編集室には 監視カメラを設置し作業を見張られる• 」を開設。 これは驚愕…。

>

「キットチャンネル」は傷害罪で逮捕

立ち上げ時の記事についてはこちら かなたいむめんばー。 激昂した原容疑者に胸ぐらを掴まれ、木本氏は首元に全治2週間の怪我を負った。 そんな中、二人を知る複数の知人からは「英翔氏はハメられたのでは?」という声も上がる。 奏太さんの人柄もそうですが、2人の人柄が奏太さんを助けているのでしょう。 逮捕から1週間後の3月23日、奏太氏は動画投稿を開始。

>