パッセンジャー 映画。 【ネタバレ感想】「パッセンジャー」あくびが止まらない宇宙観ゼロのSF映画|マイペースナイト

賛否両論の美しい映画『パッセンジャー』ネタバレ解説!目覚めた理由が大問題 ! ?

なんらかのトラブルで、ジムだけが90年も早く目覚めてしまったのです。 案の定、トラブったじゃないのさ。 豪華宇宙船は120年の間旅をするようにセッティングされ、 乗客5000人は120年後に目が覚める様にカプセルの中で眠っていた。 そして、彼女が目覚める前に、急に怖くなってその場から一旦逃げ出してしまった。 特にジェニファー・ローレンスが一人でプールに入ってるシーンは何回あるんだか(笑) また、二人のデートシーンも多めに取ってありましたね。 5000人以上が乗る100年間以上の巨大移住プロジェクトなのに、 冬眠ポッドの予備が1つしかなかったり、サポートクルーが全員寝ていたり、カスタマーサポートが事実上意味をなしていなかったり、トラブルへの備えが致命的なのではないかと思わされます。

>

パッセンジャーのレビュー・感想・評価

しかし決して壊れることのないはずのポッドが損傷し、エンジニアであるジムだけが90年も早く目覚めてしまう。 アメリカの大手ボックスメディア では「最低のエンディング」と辛辣に評されてしまったけど、オリジナル版では実は 全く違うラストシーンが存在する。 やっぱみなさんとほとんど一緒になってしまうのですが、 映像は本当によく出来ているな!と思います。 カッコつけてニヒルな笑顔でオーロラに別れを告げ、命をかけて宇宙船を修理していましたけど、 完全に冷めている自分がいて白目になりかけました。 「不気味の谷を超え、人間かアンドロイドかたまにわからなくなるくらい」のリアルさ でロボットらしさを再現した難しい役どころを見事に演じていました。 ジム・プレストン(クリス・プラット) 機械系エンジニア。 編集:• 機内のアンドロイド曰く、決してポッドが壊れることはないようなのですが、現にジムは目覚めており、そして冬眠へ戻る方法はわかりません。

>

賛否両論の美しい映画『パッセンジャー』ネタバレ解説!目覚めた理由が大問題 ! ?

なんか一気に年老いた感じですね。 スタイルも抜群で見とれちゃいました。 ジムは目覚めると、無人案内に連れられて早速冬眠酔いを覚まし、着陸に向けたオリエンテーションに誘導されるが、自分の他に誰も来ない。 人はやはり一人では生きてはいけないことを、男女の愛という形で限られた宇宙船という狭い中で描いている。 最も大きな転機となったのは、 ジェームズ・ガン監督作の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)、さらに翌年の 『ジュラシック・ワールド』(2015)の超大作2本で立て続けに主演を飾ったことでしょう。 ということで、女性が好きそうなラブストーリーを気楽に見たい、という方にはおすすめですが それ以上追求する人にはオススメはしませんね。 『パッセンジャー』元々の脚本との違い 出典: ブラックリストに載っていた期待の脚本だった 『パッセンジャー』の脚本は、アメリカの脚本家ジョン・スペイツによって執筆されました。

>

映画『パッセンジャー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

- (2017年6月28日閲覧)• なんて冒頭からアクションパートを全否定してしまうと身も蓋もないが、それこそがブロックバスター映画にありがちな 世間への忖度。 アヴァロン号が目的地である惑星に到着するまでは、まだ約90年かかります。 孤独であったジムは彼女へ興味から禁断の行為を犯しまったのです。 「109シアター木場」で見てきたのですが、最も混み合う日曜午後の小箱だからか、6割~7割くらい席が埋まり、よく入っています。 絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。

>

パッセンジャー : 作品情報

88年後。 彼の唯一の楽しみは人間のような質感のバーテンダーアンドロイド、アーサー(マイケル・シーン)と会話を楽しむことだけ…。 孤独から解放してくれる唯一の理解者が、その反面残酷な側面を持っている 、これがこの物語の面白いところではないでしょうか?しかし物語の後半では、このようなことにオーロラがどう向き合い納得したのかがしっかり描かれないまま、ピンチを二人で乗り越える締めくくりとなりました。 商品名 パッセンジャー 品番 BLU-81101 JAN 4547462115591 リリース日 2018年2月7日 価格 1,980円(税込) メディアタイプ• クリス・プラット同様、 不自然に何度もプールに入るシーンなど サービスカット満載な本作です(笑) アーサー(マイケル・シーン) 物語全般を通して、主人公の二人の関係に大きく関係してくるバーテンダーのアンドロイド役を務めました。 それでも、メインの2人に、アンドロイド役のマイケル・シーン、ちょこっと出てくるローレンス・フィッシュバーンだけで、ほぼ全編の緊張感を持続させる演技と演出はさすが。 🔵馬鹿馬鹿しい?まあ、ちょっとね。 クリスさんが主演をやるようになったのは最近ですね〜。

>

映画『パッセンジャー』は宇宙船での究極のサバイバル

キリスト教文化圏の映画スタッフが制作を手掛けた作品ですから、自ずとそのような傾向が見られるのは当たり前のことなのでしょうね。 スタッフ [ ]• 危機感やら悲壮感みたいなものがまったく伝わってこなくて、開始30分で睡魔が襲ってきました。 アーサー/マイケル・シーン 出典: アヴァロン号のバーのバーテンダー。 自己責任でお読みください。 基本的に同じような展開が続くし、しかもその展開もあっさり読めてしまう。 引用: キャスト・スタッフ紹介• そんなある日、兄妹の怪しい関係をスクープされたことを知った美奈と良介は、その噂を言いふらした八神信次と大喧嘩し、良介は怪我を負ってしまう。 当時アイドルとして人気絶頂だったにとって、生涯唯一出演した映画となった。

>

パッセンジャー

その直後、機関室でのトラブルに端を発する対規模な船内でのシステムトラブルが発生した。 一人の人生を奪う行為に共感できない声 『パッセンジャー』の公開後は、主人公 ジムの取った行動が許されるべきものではないという意見 が目立ちました。 2017年4月3日現在、 ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット出演作品は、全部で大量20作品がラインナップされており、8作品が見放題。 そして、ジムとオーロラは結ばれるのであった。 密閉空間で犯人と長時間の非日常的体験を共有したことで、犯人の心情や事情に深く共感し、信頼や愛情を感じてしまう心理的な動きは、まさに本作でオーロラがジムに再び強く惹かれ、彼を許し受け入れていく過程そのものでした。

>

【ネタバレ有】映画「パッセンジャー」感想・考察とあらすじ徹底解説/極限下での心理描写と恋愛模様を描いた佳作!

吉本育美:• そんなクリス・プラットが『パッセンジャー』で演じるのは、宇宙移民船アヴァロン号で人工冬眠中だったが、なぜか1人だけ目覚めてしまった男ジム・プレストン(職業:エンジニア)。 オーロラ・レーン - ( )• ラストの展開・結末 突如ジムとオーロラの前に現れた中年の黒人男性ガス。 まとめ、感想 この映画のテーマは孤独と愛。 SF経験はほぼないと思われますが、どの作品にも共通する圧倒的なまでの映像美を本作『パッセンジャー』でも存分に発揮してくれることは間違いないでしょう! 映画『パッセンジャー』のあらすじ 『パッセンジャー(Passengers)』 20XX年… 新たなる居住地を目指して、5000人の乗客と260人の乗組員を乗せた宇宙移民船アヴァロン号が地球を出発しました。 しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。

>