うるう 農園。 福岡県久留米市の観光農園で味も安全性も追求したあまおう限定いちご狩りを楽しもう♪うるう農園

うるう農園

福岡県限定栽培のあまおうはとても稀少価値の高い苺です。 ハウス内の二酸化炭素濃度等をを変えた際の違いや 新しい生物農薬 化学農薬の使用を抑えるため害虫の天敵などを利用する等 の効果の出かたを 定点観察をやる必要があるのです。 人数:3人~5人• 早くまた来年にならないかなと 行ったばかりなのに思ってます。 いざ、開始! ワタシはひかりを抱っこしていたから、ツマがつむぎにお手本を見せた後、ここからは身をもって「見つける」・「とる」・「食べる」を体験させる『いちごのお勉強』 つむ、頑張れ! 良くできました!! 見つけて、とれたら、次は食べてみよう。 「私は、農業とは全く関係なく、以前は保険の営業をしていました。

>

【うるう農園】予約・アクセス・割引クーポン

時にはお腹を壊すまでいちごを試食してみるのだとか…! 栽培の一番の特徴は、いちごの観光農園では一般的な「高設栽培」ではなく、「地植え」なこと。 特別栽培 減農薬、有機農法 に取り組んでいる農園です。 そんな、、 その情報こそ企業秘密にするべきなんじゃ、、 と思いますよね。 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 滞在時間:1時間未満• ムスメたちよ、今夜はいちごの夢、見れたらいいね。 行った時期:2020年4月5日• この美味しいあまおう苺を 全国の皆さんに食べて頂きたい! そう思いました。

>

会社概要|うるう農園

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 私が小さい頃からアトピーやアレルギーがあり 子どもを産んでから、安心・安全な野菜を食べさせたい。 や農業IoT技術を使った機器の購入に使用します。 単棟ハウスという独立したハウスを建て、 気温、湿度、土壌水分等を、農業IoT機器を使い 記録、データ化するのです。 滞在時間:1時間未満• また栽培中には多くの人の手で 手入れをし、1株1株大事に見ていくことも 苺の病害虫を防ぐうえで重要です。

>

福岡県久留米市の観光農園で味も安全性も追求したあまおう限定いちご狩りを楽しもう♪うるう農園

だから、経営面も含めて新規就農者の夢や目標になれるような農家に成長したいです。 すごい…!同じく20代の記者、心より尊敬します。 当然目を輝かせていた。 混雑具合:やや空いていた• その一番の理由は味。 1年間苗から丹精込めて育てたあまおう苺をご賞味くださいませ。

>

【うるう農園】予約・アクセス・割引クーポン

FAQ Q. ここからは、ひかりも『いちごのお勉強』 とれたてのいちご、ご賞味あれ。 悩みました、 鈴なりしている苺たちを見つめながら。 だって、いちごがアマイモン~!笑 また、開園より2年目にして「今年も来たよ~」と古賀さんたちに声をかけるリピーターさんも多いのだとか。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 良い食べ物=いい土壌、いい肥料 有機質 、いい水 です。 うるう農園がやりたいこと いちごとは 本当に奥の深い植物です。 「高齢化が進んで農業をする人も少なくなっています。

>

究極のあまおう苺を届けたい!

笑 うるう農園|古賀さんご夫妻が目指す将来像 「お金持ちになるのが夢です」と、智樹さんは言います。 いたわる気持ち・想いがこもった贈り物 「お中元」 「お歳暮」• 大切な家族には自分で育てた、安心安全の作物を食べさせたい! 農家レストランや観光農園を作って地元を盛り上げたい!との思いもあり、以前から農業に興味があった農業を始めました。 栽培中にも使います。 投稿日:2020年4月7日. いちごに与える水や液肥の量、ハウス内の二酸化炭素量や光合成の具合など…様々な角度からいちごの美味しさを日々追求する研究者です。 こんにちは! うるう農園の古賀ももかです^^ プロジェクトをご覧頂きありがとうございます。 家族の内訳:お子様• 食べに食べに食べまくった。 何故ならご覧の通り、広々とした田園風景。

>

うるう農園の口コミ一覧

。 農家としてのミソである栽培情報を大公開することで より一層、今後の農業の発展を目指します!! 最後に 新型コロナウイルスの影響で休園した当園ですが 前を向き、これからもあまおう苺を作り続けます。 『食べ放題』この言葉は、食いしん坊を育てる我が家の強い味方。 2019年3月に開始した いちご狩りは開始から1年で 某観光予約サイトで1位 現在休園中 になりました。 苺も人間と同じで 食べ物が大事だと考えます。 行った時期:2020年3月29日• 密室でもなければ、人混みでもない。 地元の柳川で海苔を作っていました。

>