細川 藤孝。 「麒麟がくる」に登場する細川藤孝(幽斎)は天皇陛下のご先祖です

本能寺の変の際 細川藤孝はなぜ明智光秀の味方をしなかった!?

『多聞院日記』同年月日条 永禄12年 1569 1 6 36 七条の合戦に参加する。 明智光秀との出会いとその関係性 藤孝の盟友といわれる明智光秀です。 12月24日 明智光秀 岡本主馬助殿 岡本新三郎殿 岡本甚介殿 岡本孫次郎殿 御宿人々 4行目の「 相立てらる」は、役に立つという意味。 Sponsored Links 織田家家臣となる しかし、段々と信長と義昭の対立が表面化してきます。 けれども、番の結束力や固さは幕府終末期まで続き、 その後も明智光秀の中心的な家臣として、 石谷氏( )、肥田氏、進士氏など 旧奉公衆が参加していました。

>

細川藤孝と明智光秀の関係は?手紙や本能寺の変に加担しなかった理由も考察

その後、細川家は「忠興」の代に「肥後熊本54万石」へと国替えをされて、【1868年】の「明治維新」まで存続しています。 嫁いでいた細川藤孝の娘・伊也 お菊の方 は救出され、のち、吉田兼治と再婚しているが、この時、寝ていた細川忠興の鼻の頭に短刀を充て、怪我をさせたとも言われる。 本能寺の変の後、光秀が藤孝に提案した計画とは さて、両者は天下統一事業を完成目前にした織田家において、後発の家臣ながら家内で力をもつようになりました。 諱,藤孝。 藤孝が生まれた細川家は室町幕府の重要ポストであり、管領NO. 足利義輝の側近として仕え、天文21年(1552年)に従五下・兵部大輔に叙任、21歳で細川家の家督を相続し、永禄5年(1562年)に 沼田光兼の娘・ 麝香(じゃこう)を正室に迎え、永禄6年(1563年)に嫡男・ 忠興(ただおき)が誕生している。

>

細川幽斎

基本的に頻出する漢字ほど崩され方が激しくなる傾向にある。 『兼見卿記』同年月日条 天正13年 1585 2 19 52 吉田兼見が幽斎の旅宿を訪れる。 大館氏とも表記し、 「おおだて」と読む場合もあるとのことです。 『言継卿記』『兼見卿記』同年月日条 元亀2年 1571 4 16 38 里村紹巴邸で行われた和漢会に参加する。 (2020年、NHK大河ドラマ)演:• これは「 可(べく)」のくずし字でよくあるパターンだ。

>

「麒麟がくる」に登場する細川藤孝(幽斎)は天皇陛下のご先祖です

つまり「細川藤孝」は、13代将軍「足利義輝」と、15代将軍「足利義昭」の異母兄にあたるのです。 『駒井日記』同年月日条 慶長2年 1597 8 28 64 旧主 が大坂にて死去する。 『兼見卿記』同年月日条 元亀3年 1572 3 27 39 の屋敷の築地普請につき、三淵藤英とともに奉行をつとめる。 やがて、足利義昭と織田信長が対立すると、兄・三淵藤英は足利義昭側についたが、細川藤孝は、1573年3月、上洛した織田信長に恭順した。 足利義昭は矢島村を脱出。 いよいよ別儀に於いては、 帰参の事、藤孝へ御断わり申したく候。

>

歴史の目的をめぐって 細川藤孝

この指摘が事実ならば、幽斎は実方においても和泉守護細川氏には繋がらない可能性がある。 【進士氏】 進士氏(しんじし、しんしし、にいがたし は、 日本の氏族のひとつ。 また歌人・三条西実枝(にしさねき)からは「古今伝授」を受けていました。 天正1 1573 年に義昭が信長に京都を追われたのちは信長の家臣となり,西岡 長岡 の地を得て長岡姓を称した。 通称・八郎。 この書状を受け取った藤孝でしたが、彼は明智家との絶縁を突きつけ秀吉方に参戦するための準備を進めていくのでした。

>

【明智光秀の盟友:細川藤孝(幽斎)】その生き様と残された逸話

幼名は 万吉(まんきち)。 文中に出てくる「 有吉平吉」という人物はどうやら細川家の家臣だったようで、何があったか知らないが主君・ 細川藤孝の不興を買い細川家を離れて岡本一族の世話になっていたようだ。 「細川幽斎・忠興と本能寺の変」(米原正義編『細川幽斎・忠興のすべて』新人物往来社、2000年、95頁)• 松田氏や伊勢氏ら創業時からの後北条氏家臣らは、 この時期の関係者・仲間と見なされているとの事です。 『兼見卿記』同年月日条 天正13年 1585 1 30 52 女婿の吉田兼和のもとを訪れる。 足利義昭が後に幕府を追われ、死去した後葬儀を執り行う者もいなかったため、見かねた幽斎が葬儀を主催した。 細川護貞『細川幽斎』,『綿考輯録』1巻 石田晴男 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について の解説 京都 室町時代末期~安土桃山時代の武将,歌人。

>

「麒麟がくる」の明智光秀が細川藤孝に宛てたあまり有名でない方の書状

和歌・茶道・蹴鞠・囲碁・料理など戦国時代最高の教養人でありながら、剣聖・(つかはらぼくでん)から剣術を学び、免許皆伝の「一の太刀」を授かった文武両道の武将でもある。 慶長 けいちょう 15年8月20日京都に没す。 後陽成天皇と細川幽斎、共通の子孫であるは、田辺城の戦いの200年後、西暦1800年に誕生しています。 それだけ、光秀から頼みにされていたにもかかわらず、藤孝は出家してしまい、光秀の前から姿を消す。 『兼見卿記』同年月日条 天正13年 1585 9 3 52 吉田牧庵の所にて茶会を催す。

>